2012昔風 ?? きりせんしょ

| コメント(1)

- きりせんしょ-


きりせんしょ・・・

新年の会合のときに・・
餅等を販売している菊水さんと・・

昔のきりせんしょの話から・・・
昔はいまのものより大きかった !!
そして「シナミ」(固さと歯ごたえ)でしょうか??
という事から、添加物・黒砂糖の話になって・・・

ブチュ~っ蜜のでるきりせんしょの話になった。
私の知っているレシピでは、生地に甘さとタレを混ぜ今でしまい、中にはその密を入れる形のものがなく・・・聞いていたら・・。

何回か作ってくれました。
本当に花まんじゅうもしかりですが・・・きりせんしょも作り方は千差万別 !! さまざまある。今回は昔の味という事で・・再現版!!
一回味をみて・・・「なるほど !!」

ところが菊水さん・・・昔の様な黒砂糖がない!!
という事で・・・
私の持っている約20種類の黒砂糖のサンプルをいろいろと食べ比べてみて・・・
様々と味を確認してみた・・・・。
似ているのはあるけど・・・同じのがない!!

比較敵似ているもので、作ってみて・・・

 どうしても量販店では、製造している方々に・・
価格、日持ち、柔らかさの持続、・・・を要求してしまう。
そうすれば、
添加物を加えたり、容器にお金をかけたり・・
大きさを値頃に合わせたり・・
原料を変えたりせざるを得ない部分があります。

 

お問い合わせが非常に多いので、
きりせんしょと花まんじゅうの実演会で
使うレシピをついでに掲示しておきます。

 

pdf 

ただこれはあくまでも昔の作り方のレシピです。
柔らかくする添加物や保存料を入れないので、
固くなるのが普通です。

このレシピはあくまでも、昔の普通の作り方を !!・・・
というテーマで実演をしたものです。

固くなったら、"チン"や蒸し直しをして食べる。
昔は、固くなったら、囲炉裏や火鉢で炙って食べたものです。
今は囲炉裏や火鉢、煮たり焼いたりできるストーブすら消えつつある。
合理性や安全を追いかけてきたわけですが・・・
なんか不合理な感じが時々します。


コメント(1)

初めまして  
   ず〜〜〜っと昔 岩手県民から東京人になりました。
自分が婆さんになって孫ができてから、子供の頃食った、米粉生地のきりせんしょを作って食わせたら、
「美味しい」といって食ってくれます。

お客さんの評判も好い事をいいことに何時かは、
       府中名物「ほまれ団子」として有名になることを夢見て、お店のメニューに乗せてます。

なでしこジャパン頑張ってほしいですよね
  優勝してほしいですよね
    


〜〜〜胡桃と黒砂糖の入った固くなる きりせんしょ 〜〜〜〜
        美味しいのに、府中のおばちゃんは、不味いと言います。


むかしのまんまの齧ると黒密が出る、胡桃と黒砂糖の入った、きりせんしょ 岩手から商品かして下さい。
府中のおばちゃんにきりせんしょの美味しさを分ってもらいたいです、
府中人に『美味しい』と言わせたいです。

コメントする

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

この記事について

このページは、motohiroが2012年3月 1日 08:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「味噌漬け大根」です。

次の記事は「キウイフルーツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1