青じそ -青いままで保存 ? -

青じそ -青いままで保存 ? -

先週の営業日に・・・
青い、青じそをもらった・・・。
変な表現ですが・・・
正式にいうと
青いままで保存された青じそ・・・という意味ですね。

その方法だと・・黒くならない!!??
ということで・・・

早速ためしてみました。

今日その結果がわかるので・・・

楽しみです。

ただ重ねた所は黒くなるので・・・
最初にちゃんと重ねないようにして・・広げて冷ます。
という所がポイントだと言うこと・・・
この方法で・・・

夏の暑い時に・・鮎釣りをされている方が
暑い中でも、「おにぎり」が悪くなりにくい!!
という事をお話されておりました。

紫蘇の防腐・殺菌効果でしょうか??・










夏の冷や汁 -備忘録-

| コメント(0)

夏の冷や汁 -備忘録-

あまりにも暑い夏なので・・・
上の娘が作ってくれた一品・・!!
美味しいメニューなので・・・
記録に残しておこうと・・。

昔は「アジのたたき」で 作ったりしていましたが、
現在は、アニサキスの問題などもあり・・
皆様へのお勧めは、魚の粉で作る作り方・・。

魚のダシをタップリにして、味噌と香味野菜で頂く・・
夏の食欲アップと共に、栄養も一緒にとれる逸品!!。

もともとは、仏教の布教と共に全国に広がった食べ物の様ですが・・
(その時代は野菜のダシで食べる食べ方・・)
今回は、"イヌマンマ" >>ご飯に味噌汁をかけて食べる食べ方・・との違いを
説明している説があったので、それをご紹介しながら・・・。
(もっとも、最近の犬はドッグフード・・犬も食わない"犬まんま"になった・・。)

さて、その違いは
①味噌煮焼き目を付ける。
②具材には、塩揉みきゅうりを入れる。
という説がありました。

すり鉢が無い場合は、フードプロセッサーと、オーブントースターで
代用ができます。

いずれ、暑い夏を元気に乗り越えられる様に・・・
ご飯?? 汁物?? 不思議な一品の
ご紹介です!!










白桃 -2018-

- 白桃 -2018 -

白桃・・・
桃が今年は早いかも!! って事で・・・
青果の忠さん・・が、「今年は奇怪しい!!」
って始まって・・・「こんな年見た事"ォァ(ミダゴドォァ)ねぇ~」という事で・・
本来はもう少し後から入荷するのが例年なはずなんですが・・・
今年は7月の最初から入荷してきて・・・
もうピークを過ぎつつある!!
という事です。

「白桃」は日本生まれ!!・・・
その「白桃」をかけ合わせて作り出したのが、「白鳳」
その「白桃」と「白鳳」をかけ合わせて作り出したのが・・
「あかつき」!!。
その位、昔の日本人が情熱を燃やして作り出されてきた一品!!。

急がないと・・今年はシーズン見逃すこともあり得ますので・・・
ぜひ、お遣い物としてご利用の方はお急ぎを!!

もう一つ・・皮の剥き方・・!!
まだ実験していないのですが・・
表面全体をスプーンの柄等で、擦ると
手で皮がペロリと剥ける!! っていうのをやっていました。
御興味のある方は試してみては・・。

温暖化の関係なのか・・猛暑・豪雨・突風等々・・
西日本の豪雨災害・・・(T_T)
「みかん」も「梨」も今年は厳しい年になりそうな感じ・・。
せっかくの努力が、一瞬で駄目になることも、天災の怖さです。
西日本の豪雨災害で被害に会われた皆様・・にはお見舞い申し上げます。
少しでもお手伝いになる様、出来ることをやって参りたいと存じます。

最後に「ちょさないで!!」は方言。「触り回さないで」・・の意味でしょうね。










パインアップル

- パイン パインアップル パイナップル -

 パインアップル・・・
なんかこの暑さで・・
急遽パインの試食即売会をする!!
という事で・・・
ご紹介ですね・・。

確かにこの暑い時に・・・
冷凍にしたパインを食べるのも・・
酸っぱさと甘さが程よくて・・・
体がシャキ!!とする感じがしますよね。

最近の食品各種は・・・
様々な甘味料・香料・酸味料・着色料・・などの添加物で、
味を作ったり・・
そして、商品の保存期間を長くするために、保存料などを使用しているので・・
正直な ところ、変な食品はお勧めしにくい・・。

というのが、本音です。

一回購入しておいて・・冷凍保存して・・
食べるときにサッパリ!!
そんな食べ方がお勧めですね。

暑い日々が続きますが・・・
サッパリといきましょう!!









暑中お見舞い2018

- 暑中お見舞い申し上げます・・-

 本来であれば・・・
ウナギなんですが・・・
量が少なく・・高め・・・
という事で・・・
「うなぎ」食べたい方は「鰻」を食べて・・ファイト!!

その他・・「う」の付くものを食べれば良い!! とか・・
梅ぼし・・牛・・まだまだいろいろありますよ!!

そんなこんなで、今日も暑い!! という事なので・・・
盛岡といえば!!
冷麺!! 冷風麺!! じゃじゃ麺!!
そんなこんなで・・・
今年は冷麺で暑中見舞いですね。

それから・・
そうそう!!
手作り味噌のお客さま・・・
そろそろ天地返ししてくださいね!!
そして・・
手作り梅干しのお客さま・・・
そろそろ「土用干し」ですよ~!!

という事で・・
今週は・・・ちょっと絵手紙風で・・・・
暑中お見舞い申し上げます。
暑いですので・・・
体調には十分に留意されますよう!!







20180706 片面紫蘇

- 片面しそ うらしそ??・・-

 ジャンボで使っている八助梅は、予定どおり、今週から入荷が始まってきたという事ですが・・・
実演体験会の打ち合わせをしていたら・・・
今度は「紫蘇が足りない!!」という事になってきちゃいました。

どういう事かというと・・シソがまだ小さくて・・
出荷できる物が少ない様子!! という事です。
確かに今年の赤シソの系統も・・まだ小さい・・。
春以降の天候の関係か気温の関係なのか??
確かに小さい!!
我が家の畑でも・・発芽して芽がでてくるのも・・
遅かったのが今年の特徴ですよね。
そのせいでしょうか・??

せっかく梅が今年は安心している訳ですが・・
この紫蘇に関しては・・ちょっと辛い時期でもあります。

それでも・・
手作りの梅を食べたい!!というお客さまが少しずつ・・
多くなって来たのも・・嬉しい事です。

最近は・・「食べてはいけない国産の食品!!」みたいな・・
変な話題が多くなってきておりますので・・
自分で全部確認をしながら・・自分でつくる!!

これが基本でしょうね・・。

さぁ~今週から二週間・・
ジャンボのヒミツの、手作り梅干しの一発漬け実演会
開催をいたします。







片面赤紫蘇の赤しそ

- 赤しその塩漬??・・-

 梅の時期になって・・
お客さまから、様々な質問が出て来るのがこの頃ですね。

 その中で・・既存の揉んだシソの製品を使って、塩分の調整をしたいのだけど・・・
その計算が難しい・・って声がありました。

 確かに様々なシソの製品がありますが・・
1.塩分濃度を記載していない、シソの製品は問題外!!
2.できれば・・変な添加物が入らないものを選びたい!!
  (アミノ酸・着色料・保存料が入っていない物・・)

そんな中で岩手県の宮古市川井(昔は川井村)の産業開発公社さんからでている一品!!
川井では、シソの種類の中でも、片面赤紫蘇(呼称・・片青葉)を使った製品があります。
 物語としては、川井で栽培されている紫蘇は片面紫蘇と言われ、表面が青色、裏面が赤色の珍しい品種です。高地の厳しい環境の中で育つために肉厚の紫蘇に仕上がります。という事。

色と香りが良い品種ということで、奨励して作付けが行われて来た品種です。
今のところは・・これもお勧めかなぁ~!!という事で・・
これをベースに塩分の計算をしてみました。・・

500gの製品で、塩分が22%という事ですので、110gが塩という計算をして・・390gが紫蘇と液(一部クエン酸・・酸味を加えているという事)。

塩分を抑えても、カビたり腐らない様にするには・・
 1.保存の問題で、塩の力が足りなくなるので・・酢の力を借りて保存させる。
 2.保存の方法を工夫する!!(通常の瓶や樽で仕込むとカビが発生する事もある)
ここら辺がポイントになりますね・・。

一応7月の、実演会で、ここら辺をご紹介しようとおもっています。
ただ今資料の準備中ですね・・。





梅の準備に濃縮五倍酢

| コメント(0)

- 梅の準備に濃縮五倍酢・・-

 梅の出荷が始まってきて・・・
そろそろお客さまから・・
梅の漬け方のご質問が多くなって来る時期でもあります。
この時期・・お客さまから依頼された・・・
 「せっかく手作りで梅干しを作るのだから
 添加物の入らない五倍酢が欲しい!!

って事で・・・昨年メーカーさんを探して
準備をしたのが・・ウヅラ酢です。

どうしても、最近は、減塩!!減塩!!って声が多いですが、昔の梅干しは塩が結晶化する位「しょっぱかった」ので、塩分は25%の飽和食塩の濃度になっていた・・。

つい最近では、低塩で、12~16%位・・
さらに低塩で、今は9~11%位という所でしょうね。
(最低10%以上にはしておきたいのが本音。)

常温で管理しながら・・
これ以下にする場合は・・
その中で梅を腐らせない様にするには!!
塩の力だけでは、不足する傾向があるので・・
安全の為にこの五倍酢を加えて・・
塩の代わりになって、酢の力で保存できる様にしておけばなんとか大丈夫かと・・。

その中でも、
合成保存料とか着色料、酢酸系などの科学物質が無添加となってくると・・
作っているメーカーさんが限られてきますね。
「凍結濃縮法」は「加熱濃縮法」に比べて風味味が損なわれにくいというのが特徴ですね。

いよいよ、梅のシーズンがはじまりました!!
アミノ酸などが沢山入り、合成保存料などの添加された、調味液の梅干しが多いですが・・
自分で作れば美味しい梅干しがつくれますね!!
ぜひ挑戦を!!

という私も・・
甘い梅干しが好きな、オフクロの為にこれから、甘い系の梅干しを手作りで、つくります!!





じゃがいもの花が・・

| コメント(0)

- じゃがいもの花が・・-

 ちょっと畑から目を離している内に・・
花が咲き始めましたね・・。

心なしか、例年よりも早く咲いているような気が・・
日々の仕事に追われているので、その分季節の動きが早く感じるのかもしれません。
 何をするにも"時がある・・"
"種を植えるにも時があり、収穫するにも時がある・・"
しみじみと感じる今日この頃です。

 花が咲いて・・一箇月ちょっとすると、もう収穫のタイミングになってしまいますね。
 時の流れに負けぬよう・・・頑張らなくちゃ!! って思います。

 さてこの「新じゃが」・・
●ビタミンはリンゴの8倍??
●皮が薄くてみずみしくて・・
●常温で保存がポイントです。

じゃがバターで皮まんずらガブッ!!と・・食べられるのが特徴ですね。
 間もなく地物が食べられる時期がきますね!!

二回採れるので二度芋とか、量がとれて二斗になるとか・・
普段の食の中に欠かせない・・一品!!





梅-2018-

| コメント(0)

- 梅 2018 -

 梅が先週あたりから・・
ポツポツと出始めてまいりました。

いよいよ、夏の始まりの目安ですね。
和歌山県南部(みなべ)町の南高梅が有名!!

和歌山の梅は・・作物が育たない痩せた土地を持つ、民衆が重税(年貢)を減らせるようにという・・苦労の末に生まれた・・??

その後明治の時代に、上南部村の高田さんが、実の大きい品種(高田梅)を育てながら、37種の候補の中から、高田梅が最優良品種と認定された。
その時に、尽力された、先生のいた学校、南部高校の名前の一文字と、高田さんの名前一文字を取って「南高梅」という名前が付いた・・とか。

一つの品種に注目して・・長い目でその品種を大切に育て続ける・・。今ではなかなか出来ない状況になりつつあります。

 この大切な一品・・後世に残していきたいものです。

 私たちの地区にも様々な梅があり、豊後だったり、白加賀だったり、品種もわからない雑梅だったり、そして杏の種類の、三戸の八助だったり・・皆様・・そろそろ始まりましたよ~!!
 ぜひ、今年のシーズンお見逃しなく!!

 ジャンボでも実演体験会開催する予定です。
どうぞお楽しみに~!!





2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1