節句の最近の記事

そろそろ小正月で・・卵が・・・

そろそろ小正月

いろいろ今年の暦を調べていて・・
売り場の準備をしていたら・・・
「社長!! 卵が・・!!」
「え"ぇ"~?? !! 何?? この相場!!」
という事で・・・
急遽小正月に卵を足して・・・・
「寒卵」の時期なので・・・すが・・・。
無病息災・健康祈願・そして金運!!
二十四節気をさらに3つに分けた・・72候というのでは
この大寒~立春の間の最終の72候・・・
「鶏始乳」という候がありますね。
これは、とり初めてとやにつく・・の意味の様で
この時期に卵を抱き始める・・という意味です。
私は鶏を飼っていたんですが・・
寒の時期に・・それも卵すらも凍る時期に抱き始める・・。
不思議だなぁ~??って思っていたら・・
この72候を知って・・へぇ~!!って思ったわけです。
寒くて卵をあまり生まない時期だから・・
栄養が凝縮されている!!
多分こんなイメージでしょうね。

そして・・鶏は太陽をみて動いている動物なんだなぁ~と実感した時でもあるます。
動植物はそれぞれの天体をみて動いている・・・
最近の流行りでは、人間の五臓六腑もそれぞれ天体を見ている・・という話もありますね。
自分には全く関係ない!! って思っている所が・・天の動き・・・

便利で豊富な日本ですが・・・天災も含め・・・
よく見ておかないと・・と「想定外ではすまされない」所だと思います。

天を味方に付けるには・・天の動きに逆らわず・・天の動きにあわせる。

こんな事を考えるのが・・新年一月でしょうね・・。

まぁまた、今年も変なことをいろいろとやって参ります。





喰えないカボチャ??
ハロウィーンカボチャ!!

10月も初旬過ぎたので・・
そろそろ季節の商品をご紹介しておかなければ・・・と
何かを探していて・・
カボチャかなぁ~という事で・・
今まで書いたこと無いの・・って探して・・
今週はこれ・・かなぁ~・・という事で・・
以前はあまり気にしていなかったので、
ハロウィーン行事は西洋の
「収穫祭」とか「新嘗祭」の意味位だろうな・・
という気持ちで絵を描いて・・
描いている途中で・・
来年の暦を確認していて・・
・・・・・
「あれ??・・なぜハロウィーンは10月の31日なんだろう??」
って事になっちゃって・・・
前に調べていた暦の中で・・
「古代ローマの暦は、10カ月と冬休みがあった・・」
というのを思い出し、調べてみたら・・。

ハローウィンは大晦日だった~!!
詳しくは続きで・・

そして・・
ハロウィーンカボチャは喰えないのではなく・・
あまり美味しくない!!
だから、パイとかスープとかで増量して食べた・・(早い話がカテ飯)
という事が判明・・。

昔の「ベゴ(牛)かぼちゃ」が「ハロウィーンカボチャ」という認識でしたが
ベゴ(牛)は喰うけど・人間が喰うと旨くないという事の様です。
もちろん、最近通販とか健食の、流行りの言葉で、「ペポカボチャ系」なんでしょうね。種が利尿と過活動膀胱のなんとかかんとか・・ってくどいくらい宣伝している内容でしたね。
今は「ベゴ(牛)かぼちゃ」が「ペポカボチャ」という認識に変わってきました。





ひなまつり

そろそろ・ひなまつり・なので・・・


そろそろ、雛祭りという事で・・・
毎年・・お客様に言われるのが・・・
順番や位置の関係ですね。

毎年
「わすれたぁ~!!」
「どうだっけ??」
の繰り返しですが・・・
今年はお雛さまとお内裏さま描いて・・・みて・・・

問題は・・・
ここ数年・・お雛様の行事がだんだん「しぼんで」きている・・・
という事ですね。
節句・・盆・暮れ・・正月・・

三月三日の願いは、女の人の健康・良縁・そして子孫繁栄ですが・・

節に関連する商品が・・だんだん売れなくなって来ている・・。
こういう風になってきたから・・
少子化・・になってきているのかなぁ~と思ったりして・・。

「働き方改革」もいいですけど・・・
基本は、家庭、家族がベースだと思いますね・・。
崩壊しなければ・・いいなぁ~と心配したりして・・。

なんたって、女性はすごい!! 力を持っているので・・

謹賀新年

| コメント(0)

謹賀新年


新年明けましておめでとうございます。
年末は・・毎年の事ながら、
本業の方で、本当にさまざまとあり・・
なかなか、このブログにまで・・
手が回らなかった・・・(T_T)
というのが本音です・・・・・。

今年も、いろいろとご紹介をして行こうとは
思っております。(気持ちの上では)・・
そんなこんなでございますが・・・

犬は初めて描いてみたので・・
描き上がったら・・ちょっとメタボ気味ですね。
まぁ~お節料理を食べすぎた・・って事で・・
ご勘弁を・・m(_ _)m

大晦日の売り場の中で・・
とある方から・・
「社長!! 宮崎の方も見ているって!!頑張ってね!!」と・・伝言を頂戴いたしました。

ありがとうございます。
一応日本犬(柴)のつもりです。外来種もいいですが・・


食も含め、日本の残しておきたい、物・事・食・知恵・伝統・・・
新しく取り組んでいきたい事も・・いろいろ考えて行きたいと存じます。

どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。

いよいよ節分

| コメント(0)

いよいよ節分!!

という事で・・・!!
今週の1/28~29の営業が終わると・・・
2/3日が節分!! という事で・・
あ"ぁ"~柊採ってくるのを忘れていた~!!
という事ですが・・・
今年は、月曜日~木曜日まで・・
様々と外での行事や会合が多くて・・・
採りにいけない!!・・・・(T_T)

という事で・・・
今年は、駐車場や設備の管理などをお願いしているHさんと
お花屋さんのIさんにお願いして・・・
同じくお花屋さんをやっているHさん宅に行って
柊を採ってきてもらう事をお願いいたしました。

節が変わる!! という大切な時なので・・・
お客様の無病息災を願って・・・
お店でプレゼントを毎年行っているんです。

お客様が健康でありますように!!の願いは・・
私達にとってもとても大切な事です。

そういう意味で・・節分の行事!!
・豆まき・・・八百屋さんで豆のご準備を!!
・節分鰯(いわし)・・・魚屋さんや乾物屋さんで鰯や鰯の干物のご準備を!!
・柊(ひいらぎ)・・・・・ジャンボでプレゼントいたします!!
そして最近の大手流通業者さんが流行らせた・・
・恵方巻き・・・今年は土日に当たらず・・残念(T_T)
・・・じゃんまる津志田店で販売をしますのでご準備を!!

無病息災祈願!! 大切な太陽の年取り・・
そして、この日を境に前は去年の運勢・・後は今年の運勢となります。
前から不思議だと思っていたんですが・・
一白水星とかっていう生まれ年もこの日が境になりますね。
これも太陽の暦が境になっている!! という事でしょうね・・!!

大切な節分行事・・・お忘れなく!!


 

残暑見舞い??

残暑お見舞い??

暑中見舞いは???っていう話になって・・・・

夏の土用の間が基本でないの??って話から
梅雨明けからお盆までって話もあるんですが・・

という事から・・・
梅雨明けなければ、暑中見舞いは無い??
え"~そんな話があるんだぁ~っていう事で

ついでに残暑見舞いを描いてくれませんか?
って事で・・・
新たに描くのは時間がかかるから・・
今までに描いた絵をつかってなら、
すぐに書けると思います・・・って事で・・
カボチャは栗五郎で、ナスとキュウリの精霊馬はお盆の告知に使ったもので・・・
空いたところに・・残暑見舞いという事にして・・
何にするのか・・??と思いつつ・・・
という事で・・・
今年の暑中見舞いの期間は・・さまざまな説が・・
①小暑(7月7日)から立秋前日(2016年は8月6日)まで。
②夏の土用の約18日間(2016年は7月19日から8月6日まで)で、この期間を「暑中」。私はこの説派です。
③その年によりますが、梅雨明けからお盆まで。

残暑見舞いは・・・
①立秋(8月7日ごろ)から処暑8月23日頃まで
②お盆過ぎから8月末まで・・
いろんな説がります。
いずれ、季節をとらえて・・安否や気配りなんでしょうね。

 

お赤飯

お赤飯

お彼岸に入り・・・
先週にお客様からお尋ね頂いていた
モチコメと小豆の比率に着いても・・・
今回は・・小豆多めの内容にしてみましたが・・

最近、「炊き込み系」と「おこわ系」の区別が
段々無くなってきている様な気がします。

本来
焼く=焼き米
蒸す=「おこわ(強飯)」=お赤飯
炊く=固粥(ごはん)=「米:水の対比は1:1
その水の比率を変えていくと
重湯~固粥までと名前が変わる・・・
干す=干飯(ほしい)非常食や戦闘食・・
こんな形で作られていたものですね。

日本人とお米は切っても切れない関係・・
それがこの赤飯にルーツとして残っている物・・

お彼岸には「牡丹餅」「おはぎ」??
小豆とモチコメを使って作る赤いご飯・・
魔よけの意味もあり、供える地区も多い一品ですね。
盛岡地区では彼岸はササゲ、お盆は小豆という地区もあります。
また、天甲(テンコウ)アズキという黒い豆(ササゲ系)をあえて別に使って不祝儀と区別する地区もありますね。
地区地区によって作り方は様々・・・・
沿岸や県来では、甘納豆で赤飯を作るところも多いですね。
山梨の南部町で甘納豆で作る風習があるとか・・
南部の殿様が山梨から三戸に来た事で、青森県は甘納豆で作るという事がよく知られています。
これは、三戸南部や北海道の流れでそうなっているものと思われます。
いずれ、お彼岸・・それぞれの、ご先祖様のお墓参りをして祈る、偲ぶ・・その気持ちが一番大切ですよね。

きりせんしょ2016

きりせんしょ2016

今日は24四節気での
早くも・・・雨水

雪が雨に変わるといわれる時期になってきました。盛岡も異常な気象のせいか・・今年はまだ真冬日が無いままに春がくるのかもしれません。
こんな事はいままでに無い冬??春??ですよね。

暦がこうなってくると・・・そろそろ食べたくなってくるのが、これですよね。

作り方はいろいろありますが・・・
前回盛岡地区のきりせんしょという事でご紹介したら、中からプチュってでるの!!って声があったので・・
今回は・・中に黒蜜(黒砂糖)をいれる方法を。

盛岡地区では、花まんじゅうと共にーーお雛様に供える一品ですね。

子孫繁栄を祈って・・健やかに育ってほしいの願いと、そして子らの無病息災を祈っての節句です。

ボンボリとかひし餅とか不思議な暗示のあるお祭り・・。昔からこういう願いをちゃんと季節季節に行ってきたんですね。

少子高齢化という事が言われて久しいですが・・・
残念なことにこの言葉と共に段々行われなくなってきた行事の一つでもあります。

ぜひ子孫繁栄、無病息災を祈って・・・
「きりせんしょ」を作って召されます事を!!



今日は小正月

小正月


昨日は・・お店の「みずき団子」を作って・・・
今日は小正月の意味を確認して・・・

今年の暦から天候や季節の動きを確認して・・
という時期でもございます。

この小正月・・本当は旧暦(月の暦)の満月の日
今年は2月22日ではないかと・・・

立春が太陽の正月で・・その後にくる新月が月の正月・・。これで、2016年がスタートではないかと毎年思っています。

太陽を見ている動物は・・鶏なんかがそうだと、感じます。時告げる・・本当に不思議ですが、なぜか大寒の寒い時期になると、卵を抱き始める・・。等と太陽をみて生きている動物。
月を見て生きている動物系は・・海の生物なんかが特にそうでしょうね・・。有名なのははアカテガニが秋の満月の頃に着くように、山を下って、海で卵を生む・・。

こういう仕組みの中で自然が動いている。もちろん天候もこういう中から生まれてきているのだと思います。だから、太陽と月の動きをよ~く調べていると・・何かがわかる・・。こんな感じだと思いますねぇ~。

新暦との差がいつも気になっていて・・・
今朝、よくよく調べてみたら、天文とは全く関係がないということが判明・・。
古代ローマ時代からの歴史的・宗教的流れから今の1月1日がスタートしたということで・・・これが国際的に標準時間となっている。

みずき団子を作ったって、経済的にも何にもならない!!って声がありましたが・・・

目先の利益や経済の事ばかりでなく・・
今年の五穀豊穣を祈る・・
そして皆が幸せであって欲しいと祈る・・
大切なことだと思います。

この小正月の行事は・・施餓鬼の意味もあるんでしょうね・・雪が多くて野鳥の餌がなくなる時期・・夏の盛期に虫を食べてくれる野鳥にも、施しをという古来からのやさしさと豊かさを感じます。地球は人間だけのものではない!!
共に生きている!!という事で・・

そういう意味で・・・小正月・・大切に考えていきたいものだと思います。


柊・・鰯 2015

| コメント(0)

- ひいらぎ 柊 鰯 2015 


うひゃぁ~!!
仕事と作業が詰まってしまって・・
あっという間に・・
節分で・・・
今年は本当に気ぜわしい!!・・・・(T _ T)
申し訳ございません。

ちょっと手抜きをしてしまいました。

方位は西南西??

いえ違います  !!

(かのえ)の方・・・

西南西とり7.5度西の方向ですね・・。

四方位を二分割して八方位
それをまた二分割して六方位が
通常ですが・・・

庚の方は・・・
八方位を三分割した方位となるので・・
西南成とは「ズレ」が生じます。

北を0°として、16方位西南西は11番目
同じく            24方位で庚の方は17番目
西南西は(360÷16)×11=247.5°
庚の方は(360÷24)×17=255°

庚の方と西南西の差は255-247.5=7.5°

西南西プラス時計回りい7.5°北側ですね。

より幸せになりたい方は・・・(笑)

よい年でありますように・・!!

 

 

 

 

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち節句カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお楽しみ鍋です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1