里芋の最近の記事

里芋 2017

| コメント(0)

里芋 2017


今日の新聞・・岩手日報に・・二子の里芋が収穫始まった・・という記事が出ておりました。

という事で・・・今回は・・この里芋で・・
ちょっと違う角度から見てみて・・・

まず山芋に対して里芋・・古くは縄文の時代だったとか・・
そして、種類も沢山ある・・・

次に種類について、北上二子の芋だけは、県内で赤い茎柄が特徴で、黒軸系(アカガラ)
津志田の芋は、土垂芋系で、青茎柄なので、シロガラとかアオガラとかって区別をしているようですが・・・多分我々素人はわかりません。二子・津志田・野田ともに粘り食感がちがう!!

そして今回は、十五夜(芋名月)について・・・
収穫のお祝いのみならず、魔よけ、無病息災、健康や幸せを願う・・・という意味では・・まさに古く平安の時代からの「ハロウィン」ですよね。

日本では、お化けは出てこない・・けど、里芋料理のなかの、「衣かつぎ」・・・という言葉には、高貴な女性の事を比喩した名前が、料理の名前になっている・・。

日本のハローウィンは、ゆっくりと月を眺めて、お供えをして・・・風流というか、粋ですね・・。
別にケルト人のまねをして、ハローウィンするな!!とはいいません。
・・でも日本のよき風習を残していきたいものです。
今年の十五夜は10/4日で昨年よりもず~っと遅いです。
その意味で、秋が長いのかも・・・

里芋 -こづきいも??-

さといも 里芋 2015・・

岩手の名産の一つ・・
二子の里芋が
収穫されたとの情報が・・。
いよいよ待ちに待った里芋が出てきますね。
この時期に出てくる
里芋の株・・の説明を・・
土の付いたこの株が出てくると、毎年数人のお客さまから「これ何??」という質問があります。

普通、出荷するのは、子芋や孫芋が「里芋」という名前で出荷されて「親芋」は外されて、「頭芋」とかって名前で、生産地では販売されますが、流通にはほとんど乗りませんね。

物の本や情報では「食に適さない」という事を書いたりして、ひどいのもありますが・・・・。

皮を剥いて、食べやすい大きさに切って、下ゆでをしてから、鰹だしで醤油味で煮て食べると・・粘り、食感、美味しい部分です。

八頭は親芋を食べる里芋と言われます。土垂群、黒軸群、石川早生といわれる里芋も、それぞれに味があって美味しい。

料理や食の工夫は、その地にあるものを無駄なく使い、如何に上手に美味しく「いただく」ようにするのかが目的。植物のみならず、魚類、畜肉系もしかり。

「命あるもの」を「いただく」この天候の中、がんばって育ってくれた、里芋に感謝です。

それを含めて・・・いよいよ本格的な味覚の秋!!

さといも 2013

| コメント(0)

-  さといも 2013  -

 さといも・・

なんか今年は小さいのが多いような・・・
またはひとつだけ大きくあとは小さい

そんな感じですが・・
この里芋・・
岩手県では昔は、岩手町川口あたりが
北限とされていた・・一品。それより北はじゃがいも・・でしょうね・・。
 ただ、
その昔は・・芋系は何を食べていたか?
それは不明です。遠く縄文の時代にアジアからすでに日本に来ていた・・と言われる。
山芋に対して里芋・・と対になっている位
古くの時代からあった物と推察される。

こないだの中秋の名月・・
  別名芋名月と呼ばれ・・
 供えるのはこの里芋という話をききます。
 甘薯・ジャガイモはズーット後の時代に
日本に入ってきたものなので、こうなっているんでしょうね?

北上二子の芋だけは、県内で赤い茎柄が特徴で、黒軸系(アカガラ)
津志田の芋は、土垂芋系で、青茎柄なので、シロガラとかアオガラとかって区別をしているようですが・・・多分我々素人はわかりません。
二子・津志田・野田ともに粘り食感がちがう!!
というのが、岩手の地元の評価です。
あ"~芋の子が食べたいなぁ~
と思う今日この頃です。(笑)  ・・

 

 

 

サトイモ 2012

| コメント(0)

- さといも - 

 
本当に
今年の秋はキビシイ・・・・!!
ふ~!!
暑さの関係か、水不足の関係か・・・???

さといもが・・・今年は厳しい !!
家庭菜園のサトイモを春から見ていて・・・
春からの寒さが影響して・・春先は丈が伸びず・・
おかしいなぁ~って思っていたら・・急な猛暑に見舞われて・・
なぜか下の葉が枯れていく・・・
そんな感じの年。
自分の所だけかなぁ~って他の場所も比べて、見ていたら・・結構同じような感じ。
野田地区あたりでいつもは立派なサトイモになっている所も・・結構同じような感じに・・
産地の作柄が悪くなければいいのですが・・・と心配しています。
そんな中で、千葉などの関東ものがここ二三週前くらいから売場に入ってきています。
暑くて・・まだ芋の子汁・・食べる元気が無く・・お勧めできないでました。
お客様にも、「汁物まだ早いよね~」って問いかけたら「鍋を火にかける勇気が出ない!!」だって・・・。
昨日念願の雨が降って・・今日は連日の暑さも一段落・・。そろそろお勧めをスタートします。
(やっと久しぶりに、一息  "ふ~ぅ !! "  )です。




 

里芋

| コメント(0)

-里芋-

そろそろいいですかね~

間もなく岩手のものがでてきます。
有名な二子芋・・・
盛岡地区では
津志田芋とか野田芋とか・・
じゃんまる津志田店付近が
この産地ということで・・

最近は、この頭芋をつかった
津志田芋焼酎も
名産としてでてきました。

芋の子(子芋・孫芋)が
いいですね・・・

種類もさまざま・・
微妙に形が違うような・・
個人的な見解で・・
千葉産は丸い傾向
二子は楕円形
津志田は先がすこし尖っている
ような気がします。

芋一個一個みるとわからないけど・・
なんとなくそんなイメージが・・

おらが芋・・
昔から芋自慢に花が咲く時期・・

うちの畑も今年は場所を変えたら・・
大きくなった・・
連作に弱い品の一つですね・・

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち里芋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはさつまいもです。

次のカテゴリは芋類です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1