なめこの最近の記事

なめこ

| コメント(0)

- なめこ -


この時期にしか食べられないのが

この「天然なめこ」。

今は年中、菌床なめこがあり、その存在が本当に薄れてしまった一品ですが・・。

香り、味、だし、食感は菌床なめことは別のの品種とおもうくらい違います。

今は天然ものと同じ様なものに、原木天然栽培のなめこもあります。

天然というと、どうしても、枯葉やゴミがついていますので、丹念にゴミを取りながら、食べるとその手間以上に旨さを感じられる一品でもあります。この下処理、固い石突き、軸の部分をとって、水、もしくは薄い塩水に漬けておくとヌメリがでてきて、ゴミがとれやすくなります。あとは何度か水でゴミを流すと下処理は完了。

味噌汁は簡単なので、その他の特にお勧めは天然なめこを入れた鍋でしょうね。鶏肉と豆腐と薬味はセリ or 三つ葉
あっさりと醤油。ちょっと濃いめは味噌・・!

鶏肉ときのこから出しがでますが、昆布、かつお節、煮干しなどで出しをとっておいて・・たべます。

「なめこ」の、ぬめり成分はムチンとかって言うそうですが、これから、空気が乾燥し、風邪の時期にもなってきますので、粘膜にいいかも。

自然をうまく取り入れて、元気に冬を乗り越えたいものですよね。

 ちなみに、この「天然なめこ」倒木一品にスラーっと生えているのを見つけた時は・・本当に壮観です。カッターで根を残して、上の部分を採る様にと、私は教わりました。
 自然の恵みを頂くのだから・・「来年も採れます様に!!」・・ の願いを込めて・・。

 

 

 

 

原木なめこ

| コメント(0)

-原木なめこ-

 

 今日突然・・
じゃんまるの産直さんから・・
「社長原木ナメコやっから・・」
となり・・
「え~こんなに沢山 !!」
という事で・・

急遽日曜日のお楽しみ鍋で
ご紹介をする事にしました。

この間、食べたら・・
本当に美味しかった・・
この時期だけのものです。

「なめこ」にも
早生・中生・晩生があり
今中生-晩生の時期ですね。

袋に入って、安く売っている
菌床ナメコとは全く別物 !

食べたいものは、やっぱり
味噌汁ですね・。香りが・・いい。

1.出汁をちゃんと取って・・
2.ナメコをいれて・・
3.煮立つ前に味噌で味つけする
3.また煮立つ前に、
      サイの目にした豆腐をいれて・
4.味をみて微調整
5.一煮立したら
6.お椀に三つ葉かセリで
7.食べます。が普通。

 

 

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちなめこカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは香茸です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1