他の果物の最近の記事

イチヂク 正しくは→ イチジク

新しいページ 1

イチヂクの赤ワイン煮・・ 2016/09/10

食べたかったイチヂクのコンポート・・

本当は、イチヂクでは無くて、いちじく 無花果 イチジクなんですが・・・
今回はイチヂクで行きます・・。


「社長!! イチヂクこれ煮てケデェ~って・・
え"~また突然に・・・」

「このイチヂク・・完熟過ぎて、売り場に置いても、痛むだけだから・・」

って事で・・・

下二枚の画像は8/27の物で今回とは別の物ですが・・

実際には、箱でガバッと持って来られた・・・・・


水洗いをして、ヘタの固い所を取って・・・・
イチヂクの重量を計って、鍋に入れる


材料は以下のとおりで・・・
煮汁を濁らせないようにするには、変な添加物を使うのですが・・・
それはイヤなので・・・
甘さも透き通った甘さにしたいので、今回はグラニュー糖で・・・

***** 材料は ****
●イチヂク ・・・・・・ 5.6Kg
●砂糖(グラニュー糖)・・・・・1Kg
●チリの赤ワイン・・・・・・・・1本 750ml
●レモン・・・・・・・・・・3個
--- 総重量で7.35kg ---


--- この状態で糖分は 7.3% ----
- 70% まで煮詰めれば・・・5.14Kg
すると・・糖分は19.45% となるが 果たして??-
二昔前のジャムは70%位砂糖とかゲル化材とか増粘剤を使って
粘りを出して、いかにもフルールタップリっぽく作った物が多かったのですが・・・
一昔前は55%以下という事で、果肉分を多くした物が・・・
最近は25%以下のものが・・
高級と言われるジャム系・・・・20%以下だとさらに上のものですね・・・


- 落とし蓋をして 弱火で煮詰める事 4時間・・・・ -

試食をしてもらって・・・OKを頂戴しました・・・


やれやれ!! 無事に美味しいって言われて・・
ふぅ~・・・でした。

肝心な自分は一口も食べられなかった・・(T_T)

 

晩秋の香りは「ウンが付く??」

銀杏(イチョウ)も 銀杏(ギンナン)も
同じ漢字 だよね~

黄金色の紅葉??いや黄葉をみてて・・思わず写真を鶏ながら・・・
木の下から、遠くにのぞむ風景を撮ったり・・
黄色い木の葉をとったりしていて・・・あ"~ぁ"~って・・。

「ウンの香りが付いてしまった」(T_T)

という位・・いい香りがしますね・・・。こちらの地方では「カマリッコ」とでもいうんでしょうかね~!!

この匂いを思い切って2~3時間くらい、我慢して加工すると・・今はビニールがあるので、早くできますね。
昔は土に埋めたり、水に漬けたり、そして川で洗ったりで加工したものですが・・。
シーズンですね。
くれぐれも「ギンナン採り」は、木の持ち主に許可を頂いてからにしましょうね。
晩秋の香りは「ウンが付く!!」


 

萩ごはん(ぎんなんご飯)

| コメント(0)

- 萩ごはん -


晩生のぎんなんが入荷してきて・・・

どうしよう??って・・
そういう事で、萩ごはんを・・・
殻つきの状態で・・
変な調味料を使わずに・・
季節がわかる美味しいごはんができる。

最近の●×▲□ごはんの素というのもいいけど・・・
こういう季節のものをつかって・・・
そして食を豊かにしていただきたいものです。●×▲□ごはんの素を買う値段で、このぎんなんがご購入できますので・ぜひお試しを・・!!

最近の●×▲□の素はあまりお勧めしません。味がみんな同じになっちゃって・・
飽きちゃう傾向が、年のせいか感じます。

素直な味がより美味しくなってきますので・・。化学調味料より、基本は「出汁」ですね。

出汁のうま味、野菜のうま味、肉や魚の具材のうま味・・で食べる。
どうしても素材の状態でうま味がでる時と、でない時がありますので、どうしようもないときにだけ・・化学調味料をほんの少量だけ加える・・。最初から化学調味料を入れちゃうと素材の味やうま味が同じ味になっちゃって、飽きちゃいます。
そういう使い方を




 

 

 

 

びわ

| コメント(0)

-  びわ -


長崎にいったときに・・・
とくに感動したのが・・・これ !!
今から数十年も前だったので・・・
本当に感動した。
木の実で感動というと、研修でアメリカにいったときにレモンがなっているのも、
感動してしまい・・それも大きなレモンが・・
体操部だったので、木登りはお手の物・・
登って取ったら、銃をもったおじさんが出てきて怒鳴られて・・ホールドアップしながら・・
訳を話し、こんな大きなレモンみたことないので、食べてみたい !! ってお願いして・・。
許してもらって、ホテルでナイフ借りて、切った・・中身スカスカだったのをおもいだします。 
 ちょっと話し脱線しましたが・・・ビワの効用は昔から非常に大きなものがあるというのは、有名。ビワの葉エキス入りの入浴剤だったり、ビワ茶とかもいろいろあるくらい・・薬効があるといわれてきているものです。ただ医学的、科学的根拠はまだ解明されていないという事です。多分そのうち何かがでてくる事とおもいます。
 さて、このビワの実。正式な食べ方は??
というところですが・・多分ない。
 手で皮をむいて・・ガブっといくと、種にあたる。種をしごいて口からだし、また残りにかぶりつく・・。これが正式な食べ方??。
正直テーブルマナーの食事に出てこられると・・非常に困る一品。そろそろ時期です。
 

 

ぎんなん

| コメント(0)

- ぎんなん -

ぎんなん・・銀杏・・

今年も入荷してきましたが・・・
今年は小さいのが多いので、大きいのだけを入荷して販売しています。・・
このギンナン・・
週初めに商工会の研修で・・東京にいってきて・・晩の懇親会の場所(螢)で・・・
食べたんですが・・・いや~美味しかった !!
様々な、珍しい、ごちそうを沢山いただき、そして、作り方も勉強してきました。
その中のひとつで、このギンナンの塩漬けの事が今回感心したところで、その事を調べてみたら・・・やはりそうでした。

色だけではなく、栄養も・・いいということで・・
早速自分でも、ジャンボで販売している「ギンナン」を買って、ためして見ることに・・・。
 もう一つ、「ギンナンの電子レンジ封筒包み」
これは便利ですが、やはりこういう形で味を追求する場合は絶対に焼くですね・・。
ここのお店で、焼いたギンナン食べてみたら、やはり実の香りと甘さそして旨味がでてきます。
お皿の上に塩、その上に乗せてでてきました。スパー木の実ギンナン!! 今年は、粒の小さいのが多いけど、できるだけ大きいのだけ入荷をしているつもりです。すみません!!


 


 

いちじく

| コメント(0)

- いちじく - 

 いちじく・・イチジク・・無花果・・映日果
様々な書き方呼び名のある・・・
歴史のあるくだものです・・。

我が家にも昔あったのですが・・・
いつの間にか消えてしまった果物でもあります。
上の娘が木に登って、よく獲って、コンポートにしてくれた・・。
近所の方から苗木を貰って・・
よく実がなっていました。ジャムより美味しい~とおもっていたものですが・・皮の所から、虫がはいったのか・・何回か枯れて、生えていたのですが・・とうとう枯れてしまいました。
そのくらい、樹勢は強いです・・・。
 仙台にいた時、友達の家が広瀬川の畔にあり、そこの親父さん(武闘家で武具屋さん)が、この木は根を張るので、土手が崩れないように、この木を植えた・・って話を思い出します。
 同じ頃、アパートの大家さんの娘さんが、よくこの実のジャムをつくって、持ってきてくれた事を思い出します。「美味しいから喰ワイン」「ガイ~ン」って。
 という思い出の一品でもありますね。
単純にジャムにすると、ほこりッポイ、甘い味だけの、"ドヘ"っとした味になっちゃうので、酸味を足した方がベストの感じがします・・。食物繊維が豊富なので・・お腹(腸)の調子はよくなるので、イチジク浣腸は入らなくなる??・・。
 花が無くても、実がなる??のかなぁ~って思うこのイチジク。ボトボトと落ちるくらいなりますっけ・・。仙台にいた頃は、国道沿いの車のホコリにまみれていたのと、「ボットン」トイレの脇、さらに「ドブ」の側だったので、貰ったジャムは食べられず、「こいづぁ~旨ぇ~ぞ!!」って言って。友達にあげてた・・・・。友達は大層喜んで食べてた・・・。
今思うと、中村雅俊 俺たちの旅 坂口良子その時代、ゴメンナサイ !! ・・・・。ですね・・。
 







 

 

アボカド

| コメント(0)

- アボカド -

 
最近ぬか漬けにはまっていて・・・・

 何でも、ぬか漬けにして試している。
発酵食品の王様というぬか漬けをテストしながら・・「何が旨いか??」などと。いろいろ試してしていて・・・。

 「うん !! これはいい !! 」というのがこの一品でもあります。

 うちの娘たちは、よくサラダなんかにサイの目に切って乗せて出してくれますが・・・。
 正直トロ~リ感はいいのですが、ちょっと青臭いのが、あまり得意でなかったのですが・・・。
  ぬか漬けにしたものを食べると・・・「まるでチーズみたい !! 」って事になり、早速ワインを出して合わせてみたら・・「うんこれまた合う !! 」って事で、一・二週間に一回くらいのペースで、580円くらいのチリ産かアフリカ産の赤ワインと合わせて食べている。(最近は南半球のワインもすごく良くなってきています。)

 さてこのアボカドは、サイズは大きい方が可食の部分が多いので、小さいサイズをかうより、中身的にはオトクになります。大きくても小さくても、種のサイズは大体同じなので・・・。

  併せて、皮を剥く時は・・・完熟になったものを、ナイフと指で挟むようにして、引っ張るとキレイに剥ける・・。完熟の桃の皮の向き方と似ています。
 手でもって、少し柔らかくなったかな~ってところが頃合いではないでしょうか??。
「ぬか漬けと赤ワイン」変な組み合わせですが・・・美味しいのは美味しい。

 因みに私は、そんなにワインは飲まないのですが、年に一度位、メッチャ臭いブルーチーズとフルボディの赤ワインと併せて飲むのが楽しみの一つです。アボカドのぬか漬けは、お酒のおつまみとしての一品ではないでしょうか。

 ご家庭で自家製の「ぬか床」をおもちの方専用の楽しみです。アボカドは完熟の物をつかうので、流通・店頭販売は絶対に無理な一品です。


 

 

キウイフルーツ

| コメント(0)

- キウイ-


今週は出張が多くて・・・
記載が遅れていました・・・。
体力が戻ってきたようで、なんとか大丈夫でした・・・。

今は果物がイチゴと柑橘類以外あまりパットしない時期に貴重な果物の一品として・・・

キウイ・・・・

ジャガイモのような変な風貌で・・
その切り口は、想像もできないような
エメラルド色というか・・
とても大胆な緑と黒の切り口・・・。

この果物が紹介されて、初めて見て・・
その切り口を見た時の感動は今でも忘れない・・・。
「え"~なんでこんな綺麗な色が・・隠れてたなんて・・・・」おもう一品です。

国産品は12月ころから出始めてますが・・
輸入が切れる1月末~が売り場によくでる。

南半球と北半球で販売する時期がちょうど正反対なんでしょうね・・・。そういう意味で年中ある様にみえますが・・・・。今は国産品が多い筈です。

生薬にも使われていた・・というキウイ・・
ぜひ、ビタミン補給の他にも・・・クロロフィル葉緑素が多い珍しい果物、野菜の分を少しでも、という事で、旬のおすすめですね。

 

 

ヤマガとマッハ

| コメント(0)

 

創業祭なのに・・・再び高熱がでて・・・
なかなか、今年の熱は下がらない。
という事で、体調優先、創業祭優先という事で・・
しばらく休んでいて申し訳ございません。

次熱でたら、「即入院 !! 」なんて言われて・・・

休み休み、調子をみながら・・
そんな中売り場で・・・こんなものを見つけた!!

その名は
「ヤマガ」と「マッハ」

 ※珍しいものが入荷しておりました!!
赤は「ヤマガ」です。
緑は「マッハ」という事ですね・・。

「ヤマガ」は時々みますが・・・「マッハ」は初めて見ます。
「マッハ・・」名前は聞いた事がありますが・・
実物を見るのも食べるのも初めてという一品ですね。
雫石の方が持ってこられました。

「ヤマガ」は山法師(ヤマボウシ)の実ですね。

「マッハ」は以前新聞かなにかで、された一品。
「マッハほうずき」といういう事で・・非常に貴重な一品という事。
  実の付き方、成長の状態全くわかりません。
  来年は種を貰う事にしましたので・・
  一年待てばご紹介できるかも・・。
 味は、甘酸っぱい味、トマトの様な食感?いやホウズキですね。
 年配の方は御存知の方もいらっしゃった・・・・。
 売り場で「マッハ・・マッハッ」っておっしゃっていた・・・。

 「コガァ」とか「ハジェ」とか・・今は本当に少なくなった山の幸も
  時々売り場で見ることがありますが・・・
  山のものがだんだん少なくなってきている・・。
  そんな中での貴重な一品でもあります。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち他の果物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバナナです。

次のカテゴリはパインアップルです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1