なしの最近の記事

幸水から豊水へ

幸水から豊水へ

本来であれば・・・
この時期は・・「サンマ!!」と行きたいのですが・・・
残念ながら、サンマ漁獲量が今年も少なく・・
目黒のサンマまつり・・冷凍を供給という話が出ています。
前例主義というか・・なんともはや呆れる話です。
もともと、サンマまつりは特産品であったり、沢山採れたから、
それを「ぜひ食べて認知して貰いたい・・そして買ってもらいたい!!」
という主旨でスタートしたもの・・では・・。
 それが、捕れなくなっても、継続されるというのは、奇怪しい話です。
ましてや、市とか県?の予算(税金)とか組合とかの予算を使って、
民間企業に協賛してもらって、さらにボランティアを使って・・
そして無償で・・・というのは、いかがなものか??と正直思います。
あのサンマを缶詰にするとどの位の経済効果があるのか??
税金の無駄遣いをせず、生み出した雇用、売上、利益という事を考えると、
今は逆の使い方をされている感があります。

そんな訳で、サンマご紹介できず・・・。
今回は和梨、赤梨系ですね。

短い旬の幸水から、そろそろ、豊水へと移り変わって来る時期ですよ!!
この和梨系は、弥生の遺跡からも、食した痕跡が残っているという位、
古い歴史を持つ一品。
私の覚えている時代は、長十郎と二十世紀が最初・・
そのあと、幸水・豊水・新水の「三水」という和梨の時代。
現在は、幸水・豊水・新高というのが、大きなブランドですよね。

そして昔は山にいくと、山梨というのがあって、実は小さく、酸味が強く、
ちょっと渋みがある梨というイメージがあり、実が落ちていると、
群がっている蜂を除けながら拾った記憶があります。

そんな次代の梨とは現在の梨は全然別物!!
甘み、酸味、果汁の多さ等・・秀逸な品種が次々と世代を変えて登場してきていますね。
皆様、美味しい秋の味覚をお楽しみを~!!





バートレット

バートレット

本来であれば・・・
この時期は・・「サンマ!!」と行きたいのですが・・・
残念ながら、サンマ漁獲量が今年も少なく・・
今のところ、お店や店頭に出てくるかどうか??
また出てきても・・お値段が・・どうか??って事で・・・
今週は「洋梨」の中の比較的早い時期からでてくる・・
パートレット ・・・・バートレットですね。
香り高く、和梨とはまた別物の食感で
「ちょっと高級感がある一品でしょうね。」
キメの細かな肉質、そしてあの独特の香り!!・・
これからが、これらの時期になってまいります。

青いのも販売しておりますが、基本的に洋梨は追熟をして
軽く握って・・なんとなく「ジワァ~ッ」と中に食い込む
感じがする頃が食べごろかと・・思います。

あの果汁がジュワーァっとでて、ツルンと食べられる・・。

この洋梨系で
個人的に好きなのは、ちょっと酸味がある、「ジェネラル・レクラーク」
岩手では生産量が少ない品ですが・・それぞれに美味しさがあって・・
いろいろと楽しめる。

甘ければ美味しい、柔らかければいい!! ・・・となって
糖度の競争とかになってしまっている傾向がありますが・・・

酸味・甘み・渋み・香り・食感、それぞれを確認して、
そして違いを受け止め、楽しむところに、食の変化があって、食べ続けられますね。

人の社会も同じ、同じ人は一人もいない。
それぞれの違いを確認し、受け止め、認めあう、そして協力しあっていく・・
こんな社会であって欲しいなぁ~と最近の新聞をみて感じます。

さぁ~皆様いよいよ味覚の秋がスタート・様々とお楽しみを~!!





ゼネラル・レクラーク 2016

ゼネラル・レクラーク 2016

ゼネラル・レクラーク・・・・・
洋なしの中で・・この品・・・
ジャンボの八百屋さんから・・・
「絶対に美味しいから!!」って言われて・・・
数年前に「だまされたと思って」購入して
食べて見た一品!!

個人的には、酸味がある程度あった方が
美味しいと感じるのでーー
この「ゼネラル・レクラーク」食べてみると・・・
「旨ぁ~いぃ!!」・・独特の香りも非常に品があって・・・ただの甘い洋なしとは全然別物!!

鼻腔の中に、ピンとした香りが通り・・
甘さと共に酸味がでて、そして果汁がジュワーとでてきながら、ザラザラした食感ではなくて・・・なめらかな食感がとてもいい!!

八百屋さんがお勧めしていて、「だまされたかった」一品ですね。
多分近い品種に・・オーロラという種類もあるようです。糖と酸の比率が高く、味が濃く感じるので、個人的にはこの品種が美味しく感じます!!
糖酸比率は個人の好みがありますので、それぞれの好みの品種を探すのも一興ですね。

そして、品種改良も・・・
実生で偶然に生まれた!!
まさに、天からのさずかりものというべき
その一品だと思います。

見かけたらぜひお試しを!!

 

ゼネラルレクラーク

| コメント(0)

- ゼネラルレクラーク - 

 
今年の残暑の関係か・・

早生の林檎・・・味はどうも今ひとつ・・。
甘さは程々ですが・・酸味が少なく・・
比較的ボサボサになりやすい。
通称味がボケている・・・。
そんな感じの年のような・・・

そんな中で、この洋梨(ゼネラルレクラーク)がでてきました。
  私たちの役目は、あちこちの産地の中から
できるだけ美味しい産地を探してご紹介する・・。青森が有名な一品ですが、ここ数年前から、盛岡周辺産の品もでてきている。

青森産の粒が大きく、黄金色の一個一個包装された品は超高級品 !!。洋梨の中でも美味しい種類に選ばれる一品。
  このレクラークは、ただ甘ったるいだけでなく、洋梨の割には、酸味が入っているので、個人的には好きな品種。酸味が入ると味が濃く感じます。

 今年の、早生の林檎はこの糖と酸の割合と果肉の食感がいつもの年と違う年だったので、正直「美味しい!!」って、お勧めしにくい年。
  10月に入って温度が急速に下がってきて、これからでてくる中生~晩生の果物に期待したいものです。

フランスの郊外で発見された、変種の一品。今年の残暑は人にも辛かったですが、農産物に与える影響も大きい!!
果物隔週、量は少なく、粒も小粒とかっていう傾向が多い。被害は少なくあってほしいと思いながら、今年の暑さの中でよく頑張って実ってくれた・・。と今年は感謝の気持ちで、手を合わせて、いただきます。

 

| コメント(0)

今年の夏は暑い !!
本当にまいります!
この暑さの他に・・
夜の暑さ・・
これが一番こたえる!!

こんな時に夏野菜やスイカ

果物の中ではやはりこれ!!
アイスを食べると
喉が乾く・・
水を飲むと
お腹がチャプチャプ

不思議なことに・・
この梨というのは・・
食べると・・
喉の渇きが無くなり・・
体の火照りがサ~ととれ・・
る感じがするんですね・・。

利尿の効果もあるようですが・・


やはり時期のものですね・・
生産地は千葉県が一番だったような・・
岩手や北東北にはイワテヤマナシという
種類のヤマナシがある・・。

落ちて完熟したものを拾うときは・・
ハチに注意です!!
ブンブンしてますっけ !!




大別して・・和なし・洋なし・中国なしの三種類
和なしは、中国原産で朝鮮半島経由で自生しているという野生種ヤマナシ(ニホンヤマナシ)を基に品種改良をされたと言うのが従来の定説だった・・・
北部には野生種イワテヤマナシというのもある。

みったぐなし

| コメント(0)

-みったぐなし-

そろそろ出てくる~

味覚の秋ですね~

洋ナシの女王 !!

フレミッシュとか
パートレットとかの
早い季節種類の後・・

香り・食感・
そして甘さ・酸っぱさ・・

この味は熟成の結果・・
採りたてはおいしくない・・

寝せてこのおいしさをつくる・
以前生産農家の方と
話をしていて、
聞いた話です。

なんでも採りたてがおいしい
というのではないんですね・・

時間がおいしさをつくる一品!

ぜひ実りの秋を
お楽しみください。

冷蔵・熟成をして
食べられる時期が
長い品の一つです。

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちなしカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはパインアップルです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1