その他のキノコの最近の記事

台風のお見舞い-赤ボリ-

台風のお見舞い-赤ボリ-

台風の被害が次々と出てきている中・・・
まだ報道されていない内容が多いようにみえますが・・
台風のお見舞い申し上げます。
ジャンボの方も、看板2枚にテント数枚・・ネット1枚という
状況でしたが・・
それでも・・冠水などの被害に遭われた方々に比べれば
被害が無い状態。

そんな中でも・・お客さまが赤ボりをとって来られた・・
今年は不作という話をしながら・・なんか季節が奇怪しい面も
早い時期のはずのキノコが出てきたりもしております。
水が足りなかったのは8月初旬から9月にかけて・・
だから、キノコが不作??という事をお話されておりました。・・

この台風の中で、母親から・・
「あんたの予想が当たったね!!」・・とポツリ・・。
「あ"~確かに・・
今年の暦を見ていくと・・
今年は水に注意という話をしていたった~!!」

言われて思い出しました。農作業の関係ばかりを考えていて・
播種の時期とかそんな事を話したんですが・・
まさかこういう形になるとは・・・と

東日本大震災・・二年前の台風の被害・・そして今年の被害・・
ほんとうに自然を侮れば大変です。
昔の人は、自然を、崇敬し、畏れていた。
だから八百万の神を祀り、供え物をして、崇敬していた。

人間の勝手で祀り日を変えたり、
御神体のないお祭(イベント)を勝手に作ったりして・・
・・「いかがなものか??」と思っていましたが・・

ちゃんとお祭をする事は大切な事なんだな~・・
・・と思っちゃいます。





ヒラタケ ・ワゲェ ・ワカイ ・オワゲェ

-ヒラタケ-

とある理由から、書いている一品です。

ナメコ・ギンタケが終われば・・大体キノコは終了!!
となる時期からも生えるキノコの一つでもあります。
ユキノシタ(エノキタケ)と共に・・
これからの時期にも生える・・
キノコの一つですね・・・。

比較的寒さにも強く、雪が降っても、乾燥した状態で残っている事も・・
春のヤマメの解禁の時期にもあったりするキノコでもあります。

生える木の種類にもあまり好き嫌いがないので・・
ブナやナラの他様々な木に生える事が多いような・・。
我が家では、モクレンの木に生えたりした事があり、あわてて採って・・
モクレンが枯れないように対処した事もあったり・・。

そんなこんなで、栽培のしやすいキノコと言われますね。
菌床栽培だと、まるで、ボリとかシメジみたいになるので・・
昔は「シメジ」って名前で販売されていた事もありました。

今は、表記の法律の改正で、ヒラタケの名で販売するようになりましたが・・
逆に食感や味の部分で、ブナシメジに押され気味の一品でもあります。
最近大手のキノコメーカーさんが、外国のヒラタケとの交配で、新しい品種が出てきたりもしているようです。
シモフリヒタラケ・・だったような・・・
炒めもの、鍋、汁物、そして炊き込みご飯の具材として・・多くはいっている品種でもありますね。

バクロウ

| コメント(0)

- 香茸  -

 コウタケ・・イボタケ科。

 方言では・・シシダケ(獅子茸)・バクロウ(馬喰)・エノハナ・クロタケ(黒茸)・カワタケ(革茸)などと言うキノコ。シシダケの獅子は猪の方の意味で、表面がササクレている状態・・エノハナは猪の鼻・・の意味かなぁ~っておもっています。
 クロタケ・カワタケはちがうキノコもあるので、このあえて使わないようにしています。
  最近このシシダケとコウタケを明確に区別されるお客様も・・いらっしゃいます。大きさではなく、生える場所の違いですね。
 さらにトゲの少ないウシバクロウというキノコがあるという事で、持ち込まれるお客様もいらっしゃいます。知られているキノコは全キノコ類のうち1%位という話ですので、まだまだ知らないキノコが沢山あるんですね。さらに盛岡の一般家計消費支出調査では、その他のキノコの支出が多いところをみると、自然に恵まれており、豊富な食文化が残っているというそ事でもあります。
  いずれ、食べ方は様々・・。生を量多く食べると舌が切れると、私は、祖父さんから言われていたので、食べる時は、乾燥・・水で戻して・・が基本と思うキノコです。
  乾燥する時は、丸で乾燥、裂いた方が早く渇くかな~って事で、私は裂いて干します。
乾燥途中香りが強く虫が寄る事もあるので、ネットをしていた方がいいかも・・です。
 水で戻す・・その時の戻し汁は、黒い汁がでて「本当にこんなキノコ食べられるのかなぁ~??」って思う位、びっくりします。
 その香りはすばらしく強い、どちらかというと
ボルチーニ系統の香りですよね。トリュフともちょっと違う、独特の香りがあり、個性豊かなキノコ・・ぜひ一回は食していただきたい一品。
炊き込み御飯は・・
  酒・醤油・出汁位で・・具材は水で戻し小さく(または細い千切り)切った香茸・千切りの人参・油揚(または鶏肉)程度で・・。油炒めでつくる方もいらっしゃいます。ただ・・オリーブオイルは合わない(個人的感想)と思います。

 この画像は
チラシ天国さん
にのみ使用の承認をしておりますす

 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちその他のキノコカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは枝豆です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1