じゃがいもの最近の記事

じゃがいもの花が・・

| コメント(0)

- じゃがいもの花が・・-

 ちょっと畑から目を離している内に・・
花が咲き始めましたね・・。

心なしか、例年よりも早く咲いているような気が・・
日々の仕事に追われているので、その分季節の動きが早く感じるのかもしれません。
 何をするにも"時がある・・"
"種を植えるにも時があり、収穫するにも時がある・・"
しみじみと感じる今日この頃です。

 花が咲いて・・一箇月ちょっとすると、もう収穫のタイミングになってしまいますね。
 時の流れに負けぬよう・・・頑張らなくちゃ!! って思います。

 さてこの「新じゃが」・・
●ビタミンはリンゴの8倍??
●皮が薄くてみずみしくて・・
●常温で保存がポイントです。

じゃがバターで皮まんずらガブッ!!と・・食べられるのが特徴ですね。
 間もなく地物が食べられる時期がきますね!!

二回採れるので二度芋とか、量がとれて二斗になるとか・・
普段の食の中に欠かせない・・一品!!





ポトフ ??

| コメント(0)

- ポトフ-


Bonjour !!
別にフランス帰りの人の話ではなく・・・。
(無事に帰って来てくれて良かった・・・ !! )
我が家の定番料理の一つですね・・。
 フランス料理とは知らず、
 別に気取った話でなくんて・・
  肉の部門に携わったときに・・
  覚えたものの一つです。
  高い肉でなくて・・・
   商売になりませんが・・
   肩ロースとか、バラとかでなくて・・・
   やはり、豚のスネ肉とか、ハバキとか・・
   外ももの周りが旨いと感じます。
   若い年代には、バラ肉が旨かったですが・・
  年とともに嗜好がかわってきますっけ・・・
  塩味を薄めにしておいて・・・
  我が家は、醤油ポン酢、そしてニンニクで頂く・・・
  いいですね・・。
  
  高い価格の部位で作ったり、手軽にソーセージで作ったりする事も当然ありますが・・。
やはり「旨い!!」と感じるのは、豚のスネ肉の部分で作ったポトフが個人的には美味しいとかんじます。
 その最大のポイントは、「時間 !! 」ゆっくりと煮る・・。
忙しい時にはなかなかできませんが・・。
旨さは格別です。休日メニュー。
ただ、豚スネとか、牛スネとかの固い部位の時は、水から肉だけを、一回煮て、沸騰させて・・・。
 一回肉を常温に戻して、煮た茹で汁を捨てて、新たに水を入れて煮直しする。(通称下ゆで・・・)
そうすると、意外に繊維がキレイニほぐれます。肉からの余分な脂やアクが取れて、綺麗なスープになります。

スープと一緒に食べるのがごちそうのメニューなので・・、常夜鍋みたいに、味を最初から付けず、我が家では本当に薄味にして・・。
やはりポン酢醤油、ニンニクが美味しいと思います。
自分の好みで、スープがごちそうになる。

ただひたすら、じっくり煮る、当たり前のメニューなので、フランス料理とは知らなかった。

簡単に作る方法も数多くあるメニューでもありますが・・
折角作るのだったら・・じっくりと行きたいものです。

 

塩辛じゃがバター

| コメント(0)

- 塩辛じゃがバター -

 先週秋のイカでつくる塩辛の実演会をして・
お客様のみなさま本当に真剣に見ていた。
やっぱり、誰でもそうですが・・
イカを捌く時に・・
みなさん疑問があるように・・感じてい様子。
果たして、自分の作り方は正しいのか??って。
でも魚やさんが話をしていて・・
「いろんな作り方があります」・・で安心。
学校のテストでないので・・
答えはたくさんあって、正解ですよね !!

そのイカで作った塩辛と、新じゃがで食べる
塩辛じゃがバターですよね。

北海道では、十五年くらい前から、ビアレストランなどの定番メニューになっている位人気のあるメニューです。

夏のジャガイモも収穫して乾燥させながら、水分を飛ばして、やっとホコホコとなり始めるののこの時期頃から・・
どちらも旬 !! 「うま~い・早い・安い !!」です。
ぜひお試しを !!
いよいよこれが美味しくなると、秋の始まりですね !!
芋の子汁・ひっつみもスタートしますね !!

じゃがいも

| コメント(2)

 

ジャガイモ

 じゃがいも
常備野菜三品
・・・

今年の春先の
長期予報で・・

「今年は冷夏になるでしょう。」
の言葉から・・。

我が家の家庭菜園では
大豆(枝豆)と
じゃがいもの作付けの面積
大幅に増やした・・・。

で予想に反した・・猛暑の後・・・

じゃがいもは
作付け面積1.4倍にしたのに・・
収穫量は例年の半分・・。
粒が小さくて・・水分が多い。
そのため、痛みが早い・・。

こんな年ですね・・。

豆はもっとひどい。
早生はチョボチョボでしたが・・
晩生の美味しい系統は・・
ほぼ全滅・・。
サヤが曲がって・・
実が入っていない・・。
残念でした・・・。



ちなみに私は

男爵芋派・・・


新しい品種はキメが細かで
甘味がある・・・。
これがダメですね。
個人的には、多少荒目で、
甘味が少ない方が好きですね。

家族からの批判が多いんですが・・
やっぱり、じゃがいもは男爵だ !!
って勝手に思っています。
すみません。



2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちじゃがいもカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは香菜等です。

次のカテゴリはたまねぎです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1