缶詰の最近の記事

究極のサバ缶 ? -自分なりに・・-

| コメント(0)

 


2009/10/09 今日缶詰がとどいた。
・・・"自分なりの究極のサバ缶"・・・
昨年来の夢実現 !!
 メーカーさんありがとうございます。



 


 

2009/10/06 青森に行って缶詰工場を視察してきた・・・


目的はサバの缶詰・・
一度見てみたいと思っていたのですが・・。なかなか時期があわない。
秋のサバで本当に作っているという事で・・昨年秋からの夢実現ですね・・

これが工場の外観・・
着いたら最初に一言・・・
「本当に運がよかったですね・・今日は生のサバで缶詰を製造してますよ・・・!」
この工場では、秋のサバをいまの時期に一年間分調達して・・
それを冷凍にしたものを加工しているという事です。
漁は水物なので、天候にも恵まれ・・うまく生のサバが到着したという所でした・・。
明日は今日海が荒れているので、生のサバが入らないという事ですね・・


いよいよ、工場見学開始。
ISOをとっている工場なので・・
やはり出入りチェックをちゃんとおこなっています。

 


手前がゴマサバ・・後ろが真サバ・・
三陸の秋のゴマサバは脂が十分にのっているという事で・・
缶詰の原材料で申し分ないという事です。

 

頭を切り落とし、内蔵を取って・・
洗って・・・
もったいないことに、尻尾の方は使わないという事・・
だから、ここの缶詰はトロ~っとしていて美味しかったんだ・・
胴回りの部分と尻尾に行く前の太い所で4切とれます。
かなり贅沢に思いますね・・。

 

 

アラとして飼料とかに行く部分・・
ちょっともったいないけど・・
この工場の規格なんだそうです。

 


自分で切って、詰めた缶詰・・
身が二切しか入らない。



重量をチェックしている・・。
規格重量より少なくても・・多くてもハジカレルんだそうです。
 

 

 


これが普通のサバ缶で・・・
3切~5切れのメーカーさんもある。
これが当たり前です。
まぁ使い方次第ですね・・。

 


できあがった・・特別のな缶詰・・
工場見学にお邪魔した・・お土産という所でしょうか・・。
うれしいですね・・・。
自分だけの缶詰。7缶できました。

 


工場のみなさん、忙しい中本当にありがとうございました。

大切に商品を販売させていただきます。

という事で・・

予想以上にいい商品をつくる為に厳しくやっているのを勉強させていただきました。

また工場で働いているみなさんは・・動きが速く・・素敵だなぁ~と感じました。

 

サバの味噌煮は御家庭で作れるけど・・・サバの水煮は缶詰でないとできない!!
確かに・・
そして・・・従来から頭では覚えていた事ですが・・
缶詰は出来立てでは、美味しくない・・という事。
味がしみこむまで、最低でも二週間以上・・・という説明で・・
実際に本日製造のものと、二週間のものと食べ比べてみましたが・・・
確かにお話のとおり・・・

缶詰は、冷蔵庫を使わないで保存ができるもの・・
レトルトバックよりも日持ちがして・・
昔から非常食にもよく使われているもの・・
再確認いたしました。

一月毎に食べていくと味の変化がわかるかも・・・
でも勿体ないので、来年のお正月に1個食べてみます。

 

鯖缶そうめん

| コメント(0)

鯖缶そうめん


夏になるといつも話題になる

山形の鯖缶そうめん・・
美味しいのか?美味しくないのか?

いつも話題ですが・・・
一回この内容をしらべてみたら・・

生利節をつかっていたのが・・
こういう形になったとか・・

でも、生臭さに慣れると・・・
味の面では・・・
う・・ま・・い・・と思います。

ただ・・
めんつゆに・・鯖の身をいれたときに
細かくなる様に、かき混ぜる・・。

この部分は、慣れるまで、ちょっと抵抗が・・
慣れると・・
確かに、う・・ま・・い。

夏の麺が同じパターンになった時に
ちょっと面白い食べ方ですね・・

繰り返しますが・・・慣れると・・う・・ま・・い・・です。
話の種として、気になる方はぜひお試しを・・

ホタテ雑炊

| コメント(0)

ほたて雑炊

お正月料理や
新年会などで・・
胃が疲れている・・・
こんな時は・・
こういうやさしいのが
いいな~と思うことが・・
1食当たりで計算しても
100円未満・・・

へたなカップラーメンより
ず~とごちそう!!

これからインフルエンザや
風邪が到来しそう!!

備えておきたい
ホタテの缶詰です。
サラダに使うのは
正直もったいない!!
ダシを伸ばして・・・
美味しさ4~5倍に
ありがたい一品です。



特別の缶詰

| コメント(0)

先週にサンプルで
頂いていた缶詰・・
ある缶詰のメーカーさんが
大切そうにお持ちに
なってこられた・・

当然非売品 !!

通常のものと
食べ比べてみて・・・・??

という事でいただきました。

たかが缶詰・・
されど缶詰です・・。

一缶は皆で
たべてしまいました。
トロ~リとして、
生臭みがなく・・
ん~うまい !!
魚肉の
ボソボソした所がない。

あとで開缶の写真も続きにのせておきます。

-特別の缶詰-

中身はサバの缶詰です。
以前にご紹介したように・・・
サバの型・産地・種類・採れた時期
ん~、たしかに・・・ちがいました・・・。

特殊ルート抜ければいいとおもいますが、
欲しけりゃ工場で・・・という事で
来年の秋に工場にいって
自分で切って詰めて来ようと
今年決定しました。

また来年の秋の近海のサバが取れる頃
特別のサバ缶をつくってみます。

サンヨー白桃

| コメント(0)


 問屋さんと話をしていて
今日も冷凍のインゲンから
農薬の話がでていて・・
缶詰の産地を確認していた

サンヨーさんの缶詰は
産地表示がないのは
国産という事から、
昔の事を思い出してしまった。

サンヨー堂の白桃
あけぼのサケ
マルハの鯨・月花
メーカーさんの
特徴があった時代です。

今でも自社の商品に
こだわって
いいものを出している事
大切な事だと
感じる。
PBでは、
まだ歴史が足りないし
どうしても販売価格は安く
そしてコストという問題がでる。

「いいものはいい!!」という事が
ブランドですね。

 安さを追いかけるあまり、どうしても無理がでてきている商品が数多くあります。
商品を入荷するときには、さらに気をつけなくては・・。

いよいよサバ缶の原料が不足してきました。・・
昨年から、話がでていましたが、いよいよです。
安い缶詰ともともと規格がちがう品ですが・・価格差が少ないので、
今はこっちの高い月花缶がおすすめとなっちゃいました。
いずれサバ缶は足りなくなる・・のは確実。

日本の魚缶が今年はたりない!!

http://www.donijan.com/motohiro/TegakiMemo/img/20080302006-1.jpg<

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち缶詰カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは嗜好品です。

次のカテゴリは瓶詰めです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1