お菓子の最近の記事

桜餅だぁ~

桜餅

いよいよ!!
盛岡も桜が咲いてきました!! \(^-^)/

そんな中で・・・
土日ジャンボ市の中にある桜の一本で
「大島桜」という種類の桜があります。

この桜の花は、とても香り(クマリンというらしい)の強い桜です。
その葉を使って、全国に桜の葉の塩漬けを作っているのが、静岡県の伊豆が
全国生産量の約70%だという話を聞いた事がありますが・・
この桜の葉の塩漬けも、実は発酵食品だった!!

そして、この桜餅の流れが・・全国的に、面白い分布になっているという事も
今回初めて知った事ですね。

特に、盛岡地方は、南部の所領だった事もあって、長命桜餅が主流という事ですが・・
我が家ではどちらも桜餅といいう名前で呼んでいた・・・??。
でも区別するときは、やはり、「道明寺の桜餅」と「そうでない桜餅」と区別はしていたような・・。

正直自信がありません。
家人が購入してくる物で、あえてそこまで区別しておらず、
ひたすら頂く・・方に徹していたという感じですね。

先般、秋田のお客様から、「道明寺粉ないの?」って事で、急遽お店に導入したのですが・・
私共も作った事がないので・・
今回簡単にできるレシピを作って・・これをご紹介しようと思っています。

そしてそして、全国の桜餅を調べていたら・・・
なんと!! 「みどりの桜餅」があった!!
大釜の土日ジャンボにもある、緑の桜御衣黄桜がヒントで作ったという、
桜餅が島根県にあるとか!! たかが桜餅と言うなかれ・・・でした。
 

 

豆しとぎ

| コメント(0)

豆すとぎ

豆しとぎ

お客様から、レシピのリクエストがあった一品です。
豆すとぎ すっとぎ とかって呼ばれる食べ物ですね。

子供の頃の話をすると笑われますが・・・
父親の実家の実家にいくと良くもらって食べたという記憶があります。
その時代は甘さも少ない時代だったので・・
こういう食べ物は、本当に楽しみな一品ですね。

日持ちもしなくて・・アメやすい(←方言、痛みやすい、腐りやすい)
という一品なので・・夏場にもらうと・・冷蔵庫も少ない時代だったので・・
すぐ悪くなる一品でした。

また・・美味しいので、隠れて沢山食べると・・・
必ず胸焼けをおこす一品でもありました。

なぜか日本の北奥羽と九州の一部にしか残っていないという
不思議な一品!!
日本の民族や文化とかの流れがなんとなく判ってしまうというそんな不思議な食べ物です。
おそらく、その昔は、木の実をこんな感じにして食べていたのが・・
だんだん、農作物を生産するようになってきていて・・
豆や雑穀の文化とともに・・
こういう食べ物が残っていると思われます。
その後、米文化が到来したので・・
後にこれは米の粉でつくる一品となったんではないか??と夢はひろがりますね。

この品で一番こだわりたいのが・・
豆の食感!! 潰し過ぎない!!という点でしょうね・・。
フードプロセッサーや豆摺り機でやると簡単でしょうが・・・
肝心な食感がなくなってしまう!!

昔のお婆さん(もちろんもう居ない)が話をしていた・・・
豆一粒が・・3~5片位になる位に搗く・・・
ここらへんが、この品の最大のポイントでしょうね。

あとは・・米の粉の配合比率!!
モチ粉とウル粉の配合比率・・
豆と粉の比率
 

うまさの影には工夫あり!!

無くしたくない一品ですね。!!

 

 

かやきせんべい

かやきせんべい

遅れていた・・・
商品のご紹介ですね。
今回は、実演会で、せんべい汁をご紹介するということで・・・南部煎餅のなかでも、かやきせんべいの絵を描いていて・・・今朝初めて気がついた!!
この模様は一体なんだろう??という事です。
家のおふくろにも確認したら・・・
・・・「知らない!!初めて知った」という事になって
早速調べてみたら・・・
実は菊水の家紋だった~という事ですね。
なぜだろうか??というところから・・・調べていたら、どうも南部煎餅の創設説になってくる・・・。という話です。
ご存じのとおり、八戸南部と三戸南部という流れから、盛岡の南部藩というのがでてきている事なので、甲州の南部家の由来になるのでしょうか??
甲州には、南部煎餅というのが、あるのかどうかは判らないので、とりあえずここまでにして・・。
さて煎餅汁ですが・・・
いろいろ作って食べてみていて・・
最初はサバ缶で作ってみたら、ちょっと生臭さが気になってしまい、次に試したのが、様々な鍋の〆に入れて食べるのが一番便利だと思っています。汁まで全部食べられる!!
食感は固い麸と「ひっつみ」のちょうど中間的な感じですね。

ここ十数年の間で、我が家で「煎餅汁」を作るときは、鶏肉ベースにして、ちょうど「ひっつみ」を作るようにして食べる事が多いです。それこそ、「ひっつみ」の粉を捏ねるのを忘れた時にもこの煎餅があると、便利に使えるというのが利点ですね。

最後に・・・我が家では、すき焼き??(肉鍋)ですが・・・この汁に南部せんべいの、胡麻煎餅(ちょっとシケッてしまったのでも大丈夫!!)を入れて食べる・・。私だけですが・・・胡麻の香りが美味しい!!。これは亡き叔父(県北一戸出身)がこうやって食べていたのを覚えていたから・・でしょうね。
いずれ鍋が美味しい時期がやってまいりました。風邪など曳かぬよう!!体を暖めて・・・長くなるか、厳しくなるか判りませんが、これからの寒さを乗り切って行きたいものです。

 

彼岸団子2016

彼岸団子・おはぎ・ぼた餅・大福

ひな祭りも過ぎて・・
そろそろ気になるのがお彼岸・・

お墓の掃除や花を準備して
春のお参りにいこうかと思うこのごろ・・
毎年もめるのが・・・これですね。

地域によって呼び方や捉え方が違うので
ある程度整理をしておかなければならない
一品と二品ですね。

「餅」と「団子」・・
「おはぎ」と「ぼた餅」・・

諸説あるので・・・
どれが正しいのかはわかりません。

なぜ拘るか??
お客様からご注文いただいた時に・・
「ケェズデネェ~!!」って言われない様に
間違いをしない様に・・
そして・・もう一つ・・
最近はハイブリッドとでもいえば良いのか
まがい物も多くなってきているので・・
良い品は良い品、普通の品は普通の品
悪い品は悪い品とちゃんと区別して
販売できる様にの意味もあります。

あくまでも小売りの立場での話なので・・
どんな物でも、ご先祖様を偲んで、供えてやりたい物です。そろそろお彼岸・・!!
ある程度まとめておく内容です。

きりせんしょ2016

きりせんしょ2016

今日は24四節気での
早くも・・・雨水

雪が雨に変わるといわれる時期になってきました。盛岡も異常な気象のせいか・・今年はまだ真冬日が無いままに春がくるのかもしれません。
こんな事はいままでに無い冬??春??ですよね。

暦がこうなってくると・・・そろそろ食べたくなってくるのが、これですよね。

作り方はいろいろありますが・・・
前回盛岡地区のきりせんしょという事でご紹介したら、中からプチュってでるの!!って声があったので・・
今回は・・中に黒蜜(黒砂糖)をいれる方法を。

盛岡地区では、花まんじゅうと共にーーお雛様に供える一品ですね。

子孫繁栄を祈って・・健やかに育ってほしいの願いと、そして子らの無病息災を祈っての節句です。

ボンボリとかひし餅とか不思議な暗示のあるお祭り・・。昔からこういう願いをちゃんと季節季節に行ってきたんですね。

少子高齢化という事が言われて久しいですが・・・
残念なことにこの言葉と共に段々行われなくなってきた行事の一つでもあります。

ぜひ子孫繁栄、無病息災を祈って・・・
「きりせんしょ」を作って召されます事を!!



大福餅

| コメント(0)

- 大福餅  - 


大福餅・・・
岩手のお米をたべよう!!

という事で・・・
お米を使って・・・
そして新ものの小豆がいよいよ入荷してきたので・・・ご紹介です。

 今回はもち米を使ってもらって、硬くならない、作り方の方法ですね。

秘密のあんことこの新米の大福で・・・
 早い話新嘗祭ですね。
神様・ご先祖さまにそなえて:・・

収穫の喜びと収穫させて頂いた感謝の気持ちで・・!!
 手作りをしながら、こういう気持ちを大切にして行きたいとおもいます。

神様やご先祖さまという行事・・
 本当に不思議ですが、いつ供えろ、こういう風に作ること、等と・・面倒くさく、わがままな感じがします。

 ところが、ちゃんとやると、それに対するお返しが来るんですね。供えたものは、下げて頂ける。そしてその行事をすることにより、生活の知恵を授けて頂ける・・・。

経済やコスト・時間中心になってしまって・・
肝心なこういうところが現在は欠落し始めていないか??

時々疑問を感じるときがありますね。

ぜひお子さまと一緒に作って・・楽しく美味しくそして、子孫まで続いてくれるよう!!(願)


 

 


 

 

 

 

- おはぎ オハギ お萩- 

今年は、本当に珍しく・・
新米の出てくるのと、秋のお彼岸が・・
 まにあった !! 本当に珍しいとしですね。

 教科書では・・ボタモチは春
                 ・・オハギは秋
 結局中身は同じもの!!

という説がありますが・・個人的には疑問

教科書的にはそれで正解 !! ・・・
だと思うのですが・・・。


私は岩手・宮城の方々といろいろ話をしていて・・
それぞれ「絶対に同じでないよね!!」 っていう事で・・

①春はボタンの花の様に!!
秋はハギの葉の様に!! という事で・・
1.春は大きめであんこはボタンっと乗せる形にすると、
アンコがボタンの花の様になり、
2.秋は、小さめにして、アンコの表面を綺麗にならす。
形が可愛らしく、萩の葉の様になる。
②ぼた餅はその名の通り、餅なので・・
1.もち米だけで作る
米は半殺し、だったり餅だったり・・。
③オハギは、うるち米と餅米をまぜて・・
半殺しにしてつくる。
※人によっては、
オハギは粒アン、秋にでる小豆の新ものは皮が柔らかいから粒でいい。
ボタモチはコシアン、春は小豆の皮が固くなるので、コシアンにする。
という事を主張される方もいらっしゃいます。

一応、こういう違いを目安にしています。

今度はアンコ餅とぼた餅の違いは??
という所で・・
①アンコの中に餅を入れると・・アンコ餅
②餅の上にアンコを乗せると・・ぼた餅
③餅の中にアンコを入れると大福餅

粉を捏ねたものは、団子
もち米を搗いたものは、餅 となるので・・・

大福も・・・
大福餅(もち米を搗いたもの)と大福(粉を捏ねた大福)とは別物ですね。

この和のスィーツは「コダワリ」があるもので・・(笑)

つまらない話で・・すみません・・m(__)m

 

 

 

 

よもぎ

| コメント(0)

- よもぎ ヨモギ 蓬  -

やっぱりそろそろ・・
食べたい一品!!

あっちこっちの草餅を買ってきて
食べてみて・・・
やっぱり作ろう !!
となっちゃう一品ですね!!

ヨモギの香りと、繊維と・・
そして餅の食感 !!
んことのバランス!!

やっぱり絶妙ですね。

このヨモギ・・ストックするには
5月ころが一番!!
虫が着く前・・下葉が枯れる前・・
草刈りをする前までに・・とっておいて
茹でて・・刻んで・・冷凍にしておくと・・
食べたいときに草餅がつくれます。

あとは、つくるタイミングを計れば・・
美味しい草餅の出来上がり !!

餅搗き器のないときは、粉でつくりました。
手間はかかるけど・・・
汗を流した分の旨さはありますよね。
盛岡は"べんじぇもん"文化・・
シトネモノの文化の王国!! 
"正調盛岡醤油団子(5個)"
"おぢゃもち"
"きりせんしょ"とともに
  大切にしていきたい一品!!
ぜひ、5月の和の文化!! 季節、色、香り、
家族で、遊びに行くだけでなく、一緒に楽しく作るのも文化ですね。

 

 

 

 

おはぎ・・・2013

| コメント(0)

-  おはぎ 2013  -

 おはぎ・・・
半殺しが「おはぎ」で 
餅が「ぼた餅」・・
であって欲しい一品ですが・・・
今のところ、どちらも同じもの・・
ということになっています。

倭漢三才図会」には牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」とあるように、製法を示したものでないことが明らかである・・ということになっているようですが・・・

 個人的反論では、色形でもって名を変えるという事だけで・・製法には言及していない。

だから、やはりちがうと個人的に感じます。
1)全く同じ物だが、春と秋で呼び名が違うとする説
2)ほとんど同じ物だが、形(大きさ)が違うとする説
3)もっと違う!作り方(粒々感とつるつる感の出し方)が違うとする説

私は、この 3)の説の支持者です(笑)
いずれ・・このアンコ物・・・
最近は頓に、お医者さんや栄養士さんも
「アンコはいい・・!!」という方が増えてきて
アンコ党にとっては、
非情にうれしい限りです。
皆様、アンコを食べましょう !!
食物繊維、ミネラル・・なども豊富ですよ !!



 

 

 

しそジュース

| コメント(0)

-  しそジュース  -


お客様から・・
昨年の実演会の
シソジュースのレシピがないか?

のお問い合わせが・・
数人に方々から・・

いろいろ探したけど見つからなかった・・

おかしいなぁ~って
閉店後もいろいろ探してみたけど・・・

ない・・・
そうしたら・・・
事務所の・・
柱のところに・・
マグネットで挟んであった・・・
たんに即興で手書きのメモだったもの・・

あ"~よかった~
という事で・・・
しそは手抜きですので・・・
ご勘弁を・・・

続きには手書きのレシピのみ・・
ついでに記載をしておきます。


 

 

 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちお菓子カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは農産乾物です。

次のカテゴリは惣菜です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1