たいの最近の記事

鏡開きに付き・・カガミ鯛

カガミ鯛・・

今週は鏡開きなので・・・
今年は、お願いします!!
魚が沢山とれますように パンパン!!

最近三陸でも、時々揚がる様になってきた・・

海が変わってきているんでしょうね・・。





三陸の真鯛??

| コメント(2)

真鯛

真鯛 マダイ たい タイ

神代には「アカメ(赤女、赤目)と呼ばれいたらしい。
という位、古より日本になじみのあるお祝いと言われれれば赤い魚とう事でめでたいという事にもかけて、鯛は縁起のいい魚であり、なおかつ、やはり本当に美味しい。
白身の甘さとほのかな渋みがまたこの鯛の旨さの一つでもあります。
出しもうま味もよく出て、捨てるところがない位、役にたつ魚でもあります。
価格が高いとい声もありますが・・
一尾最低でも三品目以上になることを考えると、単に惣菜パックを買ってくるより、美味しく、また、お得でもあります。
呼び名は少なく単にタイ。ホンダイ(本だい)とも。
とれる時期によってムギワラダイ(麦わらだい)。これは麦の収穫時期は産卵後でマダイはまずいということ。関西では春のサクラダイ(桜だい)、初夏のウオジマノタイ、秋のモミジダイ(紅葉鯛)。という事で四季おりおりで味わえる美味しい魚でもあります。
先日京都に式典参加でいった際に、この大きな鯛のアラ塩炊きがでてきました。
確かにうま味があるなぁ~と本当に実感。
合わせて、三陸の鯛も最近というより、あの東日本大震災の時、本当に数が揚がったった記憶が・・。海が変わってきているんでしょうか??
あれから、ちょこちょこと三陸でも水揚げされてきている、三陸の鯛・・。
ぜひ食べて頂きたいという魚屋さんの店長さんと話をしていて・・・・・。

キンメダイ

| コメント(0)

- キンメダイ 金目鯛  -

キンメダイ
12月から3月くらいまでが
脂がのっていて美味しいと言われます。

毎年この時期、見本市があり、
ついでに、築地に寄ってくるのが
出張のときの楽しみでもあります。

そんな築地の、
いつも食べる立ち食いそば屋さんで・・
店主さんとお客さんの会話で・・・
「キンメダイが捕れない!!」
「ギンメダイも捕れない!!」という会話・・
え"~!!
「ギンメダイ」も食べるんんだ~!!
なんか時代が変わって来たんだなぁ~ 
と思って聞いていたら・・・・

なんと
「金メダル・銀メダル」という
オリンピックの話だった・・。
築地にいたこともあって・・
大いなる勘違い!!

その後、銀メダルの報があり・・
カーリングの朗報もあり・・・
少しずつ、テレビをみてしまいます。

私もスポーツしていた関係で・・・
一生懸命本人なりに頑張っていても・・
失敗することがよくあって・・
批判されたり、監督から注意されたり・・!!

見てても心の中で密かに応援!!
プレッシャーの中で選手の方々も
一生懸命たたかっているんだなぁ~って・・

失敗したことに対し、偉そうに批判なんでできません。
がんばれ!! の一言ですね・・。

あれれ・・!!?? キンメダイは??
煮つけが食べたいですね・・・
旬です・・・(笑)

因に
銀メダルは素晴らしい!!ですが・・
ギンメダイはみたことがありませんが、
どうもマズイらしいです。
銅メダイというのは、ドウモいないらしいい。

あとはメダイですね・・!!

 

 

 

 

真鯛の桜鯛

| コメント(0)

- 桜鯛  (真鯛の)-

桜鯛・・・という季語・・

本当は、寒鯛の身の赤いのを
桜鯛というという事が本当だとか・・・

でも、やはりこれからの春・・・
寒い時期は深い海底に潜んでいて・・
脂肪を蓄え、卵を蓄え
産卵のために沿岸によってきたものを
桜鯛という・・・

こちらが嬉しい言葉のように感じます。
なんか最近また地震が多くて・・・
ちょっと気になりますが・・・

大きな地震がなく・・・
沿岸の復興の一翼を担って頂く為にも
今年の春の桜鯛・・・

豊漁であることをいのります。

ぜひ、こういう事になったら・・・
天然の鯛です・・・
どんな食べ方でも合う魚です。
ぜひ、様々と工夫や料理で・・
美味しく春を迎えたいものです。

因みに結婚式などの折についた鯛・・・。
個人的には、湯豆腐にネギをいれて・・
そして焼いた鯛をいれて・・
塩鍋で頂くのが、旨い!! って感じます。

今年も食べられます様に !!

 

 

真鯛

| コメント(0)

真鯛

 

「春よ3月
弥生の空に・・・
金波銀波の波こえて・・
到着しましたるのは・・
門司港・・・・」

ってなバナナの叩き売りの
口上文がでてきそうな
時期となってまいりました。


高校受験発表もあり
いよいよ新しい準備の
時期にはいってきました。

うまく行っても・・
いかなくても・・
心配やクヨクヨしないで・・
新しい門出のスタート !!
しましょう。

お祝いをするのには・・
魚では
この時期これでしょうね・・
何はともあれ
「目出鯛 !!」

三月の彼岸もすぎれば・・

いよいよ四月
「芽出鯛 !!」
ですね。




2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちたいカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはあいなめです。

次のカテゴリはかつおです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1