端午の最近の記事

よもぎ餅

よもぎ餅 蓬餅

いよいよ!!
盛岡も桜が満開!! \(^-^)/

そしてそろそろ、
ゴールデンウィークに突入という時期でもございます。

そんな中で・・昨日蓬餅の実演会をするという事で・・
蓬を摘んできました。

摘んでて感じたこと・・・
情けない事に・・洋式便器の影響がでて・・・
しゃがんで蓬を摘んでいたら・・・今朝・・腿が痛い・・(T_T)

でも、やはりこの時期になると食べたくなる一品ですね。
今年は一足早くご紹介をしてみようかとおもっています。

なぜなら・・ゴールデンウィークの中には・・
5/5日「端午の節句」というのがありますね。
最近、この祝日や祭日は全部休日扱いになってしまって・・・
本来、祭日や祝日の内容が全く無視されてきている様な昨今です。

端午の節句は、古来の意味も当然ありますが、現代の我々が
子孫に対してどう考えていくのか??という意味も含まれていると
個人的にはかんじます。

別に思想の問題ではなく、願いですよね。

人口減という直近の問題も含め・・
子供達の健やかな成長を願い!!
そして、子孫繁栄の願いを込め・・
日本食や伝統食としての継承も含め・・・

今年のゴールデンウィークの実演会は・・
この蓬餅の実演会に決定しました。
さまざまな遊びや行楽、イベントもいいんですが・・・

やはり、将来への願いを込めて・・・
ゴールデンウィークの一日位は・・
子供たちと、野に出て、蓬の見分け方・・
そして餅の作り方・・
最後に皆で一緒に会話して食べる・・。

こういう事を、最近の日本は忘れてきているんでは無いかと・・
ときどき、感じます。

そろそろ「子供の日!!」・・・・
 

 

ホッキ

| コメント(0)

ホッキ貝

蒸しホッキがなかなかうまく出来ない・・・
これから、ホッキが美味しくなる時期。
そんな声があり、いろいろ聞いて調べてみました。

北のホッキは黒いホッキで、殻固く厚い、日持ちがいい。
南(福島相馬)あたりは茶色いホッキで、殻薄く、日持ちがしない・・。
魚やさん達はこんな話をしております。

「柔らかくできる蒸しホッキを・・・!!」という事で

①--これは魚やさんから聞いた方法の一つ--
1.水と出し昆布と少々の塩をまぜて・・
2.沸騰したら、剥いて洗ったホッキ貝を入れる・・。
  すぐ色がかわります。
3.酒を振って、すぐに火を止めて、そのまま冷やす。
4.身とヒモを綺麗にして食べる。

②--これは蒸しホッキの方法--
1.ホッキ貝の殻から身を剥がす。
2.身は、酒と塩を混ぜたもので、洗う。
3.再び貝の片側に乗せて、蒸す。
4.色が変わってくるので、生っぽくなくなったら出来上がり。
※蒸かし過ぎると、身が固くなるので、注意。

桃の節句に、ホッキと鰊と菜の花でお祝いをする・・
端午の節句に、ホッキと海タナゴでお祝いをする・・

北の沿岸地区で行われているという事で・・。

私の父親の大好物もこの蒸しホッキでした・・。
思い出しますね・・・。

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち端午カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは道具です。

次のカテゴリはお雛さまです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1