2017年6月アーカイブ

新にんにく・・ニンニク 大蒜

新にんにく


地物の新ニンニク(大蒜)が出てきましたね・・・。

昔・・この新にんにくの時期に・・・
お客様から、持ち込まれたのが・・・
緑色になった、スリおろしニンニク・・・
「社長!!どうなってるんだぁ~!! お前の所のにんにくはこうなるのかぁ~??」
ってそれは、凄い形相でいらっしゃった・・・。
「え"ぇ"~
!これは・・・凄い色だぁ~!!」って話をしながら・・・
「どうなっちゃってるんだろうか?」、
「なんか農薬の関係なんだろうか??遺伝子操作のにんにくなんだろうか??」と
思いつつ、お客様の、お話をうかがっていた・・。
その時・・・漬け物の澤田屋さんの専務さん・・・
「あぁ~ニンニクはそうなりますよ~!!」って・・・
「へぇ~!!??」お客様と一緒に・・・
「ビタミンCを入れるとそうなりませんよ・・」って・・・
今度は、お客様と一緒に・・
「ビタミンCは添加物の一つで・・・」となってきて・・・
「それが嫌なら、酸化させないように、油を使用するといいですよね・・」となった。
「なるほど・・・」と・・・
「にんにくの酸化なんですねぇ~・・」とお客様に話をして・・・
変に納得・・
という事で、ニンニクのみじん切りのオリーブオイル漬け・・のご紹介でした・・。
チャンチャン!!

酵素液

酵素液って


最近良く聞く言葉ですよね・・・。
なんの事か??またサプリや肥料の関係でも・・・
また消化系の薬とか・・洗剤でも酵素・酵素って出てきますが・・・。

発酵食品と酵素のところも一応整理しておいて・・・
正直自分でも、発酵食品の中に入っている麴菌や酵母菌・乳酸菌が体にいい!!
って表現をしている時があるので・・・
おさらいの意味を兼ねて・・・

そして・・この発酵液の部分も・・・
ちょっと天然酵母の取り出し方に似ている部分もありますよね。

当たり前な話ですが・・・

今回は・・実演会をするに当たり・・
あえて・・麴菌を使った酵素液を作ってみて・・・
自分の菌を・・増殖して・・お客様に試飲させるのも・・
ちょっと申し訳ないなぁ~と思って
今回の試飲分については、麴を媒介として
酵素液を作ってみて・・
ご紹介をしてみますね・・・

左の作り方は・・
一般的な作り方のご紹介です。
共通しているところは・・素材に対して・・1.1倍の砂糖を使うところでしょうか・・

 

ナンコウウメ 南高梅

ナンコウウメ 南高梅


個人的には・・・
ナンコウバイって呼んでいます。
正式名では、「ナンコウウメ」なんだそうです。
今年も、梅の時期が到来しましたが・・・
今年の作柄が一番気になるのが・・・
この時期です。
なんたって、昨年の申梅・・・不作の年が多いということで・・・
案の定、昨年は不作という事になっちゃった・・。
そして、今年は、その翌年になるので・・・
昨年の不作が影響して・・品不足になり、相場が高値で動くのでは・・
と悪い方に予想をしているんですが・・・
なんとか、普通程度に落ち着いてくれれば・・いいなぁ~って思います。

南部(みなべ)町がこの主産地で、南部(なんぶ)って読めば、「あれ!! 梅の産地は皆南部?!!」って思っちゃって
実は、みなべ町と南部は全然関係がないという事だそうです。

そろそろ・・・
梅の時期がスタートしますね。・・・

梅干し・・販売するために、ず~と本物を探していて・・
調味梅干しでない梅干しを食べてほしいなぁ~と思う今日この頃・・。

折角いい梅を使って、一生懸命干しても・・
最後は、塩抜きして、調味液につけ込んで出荷・・・
どうしても、あのアミノ酸の味が・・・(T_T)
「酸っぱいから!!」「しょっぱいから!!」って事で・・
「食べやすい梅干」になってしまって・・本当の味でなくなったのが
個人的には、非常に残念な一品です。

だから、梅干しは自分で作る!! こういう事にしております。
 

6月になって・・


今まで販売していた・・
北海道さんの大正金時豆・・・
今回入荷から・・色流れという規格に・・・。
昨年の台風の被害で・・
雨が多くて・・色が流れた?? そんな事はありません。
熟す時期に雨の被害があった事やら、乾燥の問題やら・・が原因だと思います。
通常は業務用の煮豆などに使う、通常の規格の下になるんでしょうね。

どうしても物がないので・・とりあえず・・入荷して
お客様に言い訳をしながら、販売をしなければ、なりませんね。
そんな中・・北海道からの鰯が来た!! って大釜のお魚やさんのOさんが・・・
「南の鰯より脂があって美味しい!!・・」・・と思うって言うことで・・一緒に掲載しちゃいました。

そして・・ここ数日・・問題になっていた・・酒税法などの改正という事で・・
詳しくは・・酒税法及び酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律の一部を改正という事になるんでしょうね。
酒類業組合等に関する法律の一部の中の公正な取引・・というところで、販管費の計算をしなければならなくなって・・。
果たして、その公正な取引となるか?どうか?というところが・・私もよくわからず・・。
マスコミさんでも、省略して、酒税法等の改正という事だけで終わり。下手すりゃ新聞にも載らない。
そんな事で大騒ぎして・・。
酒税法の改正のところを見ても・・なんの事かがよく分からない・・。
法律を改正する法律とかって記載をしていたりして・・なんだろうと・・。
でもようやく、最低限のところの正式な計算を、キチンとしておいて・・
販管費とはなんぞや!! とちゃんと対応できるように・・計算根拠を明確にしておいて
資料をストックしておきます。

そして・・もっとも大変なのは・・それをお客様に説明をして・・
国がやっている事なのに、場合によっては、お客様に謝って・・・・
これが、一番大変なので、国がマスコミさんにちゃんと報道してくれるようにしてくれれば・・
いいのですが・・。

以前に消費税のところで・・端数の問題で、3時間かかって説明をして・・
いくら説明しても、そのお客様が納得されないで、怒って帰られたことも・・ありました。
そのときも、なぜかスミマセンと謝って・・。
今日は、愚痴になってすみません・・・。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1