2017年1月アーカイブ

いよいよ節分

| コメント(0)

いよいよ節分!!

という事で・・・!!
今週の1/28~29の営業が終わると・・・
2/3日が節分!! という事で・・
あ"ぁ"~柊採ってくるのを忘れていた~!!
という事ですが・・・
今年は、月曜日~木曜日まで・・
様々と外での行事や会合が多くて・・・
採りにいけない!!・・・・(T_T)

という事で・・・
今年は、駐車場や設備の管理などをお願いしているHさんと
お花屋さんのIさんにお願いして・・・
同じくお花屋さんをやっているHさん宅に行って
柊を採ってきてもらう事をお願いいたしました。

節が変わる!! という大切な時なので・・・
お客様の無病息災を願って・・・
お店でプレゼントを毎年行っているんです。

お客様が健康でありますように!!の願いは・・
私達にとってもとても大切な事です。

そういう意味で・・節分の行事!!
・豆まき・・・八百屋さんで豆のご準備を!!
・節分鰯(いわし)・・・魚屋さんや乾物屋さんで鰯や鰯の干物のご準備を!!
・柊(ひいらぎ)・・・・・ジャンボでプレゼントいたします!!
そして最近の大手流通業者さんが流行らせた・・
・恵方巻き・・・今年は土日に当たらず・・残念(T_T)
・・・じゃんまる津志田店で販売をしますのでご準備を!!

無病息災祈願!! 大切な太陽の年取り・・
そして、この日を境に前は去年の運勢・・後は今年の運勢となります。
前から不思議だと思っていたんですが・・
一白水星とかっていう生まれ年もこの日が境になりますね。
これも太陽の暦が境になっている!! という事でしょうね・・!!

大切な節分行事・・・お忘れなく!!


 

牛スジ

牛スジ

牛スジの煮込みをご紹介しよう!!

ってことで、お肉屋さんが・・・
軟らかく煮る方法についてもご紹介をしようと・・
いろいろやっていました。

基本的には、固い部位については・・・
「水から煮て・そしてもう一度冷まして・・また水から煮る」が基本ですね。
今回は以前に日経の土曜日のオマケのページのプラスワンに掲載されていたもの
これを参考にしながら、ご紹介をしているのですが・・

この後に流行っている、塩麴もなかなかですよね。
味がちょっと付くのが難点ですが・・軟らかくそして、しっとりと上がる。
発酵の力ですね。

そして、I have a pen !! ?? this is a Pineapple!!?? ではないけど
パインもいいですね。軟らかくなります。
ぜひお試しを!!

さてこのスジ肉ですが、基本的には三つになると思っています。
➀は筋(スジ)ですね。筋肉と骨をつなぐ部分だったり、筋肉の外側についていたりする部分。
➁は膜(マク)ですね。特にバラの上とか、ハラミの上や間にある膜の部分。
➂は腱(ケン)ですね。アキレス腱などは、このスジ肉とはまったく別のものとして

本当は販売をしたい極上の一品です。
もちろん、東北よりは、関西の方々が多くお召し上がりされる一品だとおもいます。
いずれ、煮込んで骨もスジもおいしく食べていただきたいものです!!

 

小松菜

| コメント(0)

小松菜

小松菜

小松菜・・・
寒い時期の野菜で、この時期の物とすれば!!
という事で、特に関東地方では、お雑煮と言えば・・
この小松菜が必ず入るというのが、常識という位はいりますね。

この小松菜は、冬に欠乏するビタミンAやCそして鉄分・カルシウムが豊富なことで有名な野菜ですよね。


ラジオ・テレビショッピング風に大げさに言えば・・
"ほうれん草の"なんと6倍!!ものカルシウムが含まれているスーパー野菜の一つでもあります!!"
"今なら!! なんと!! ・・そしてさらに・・、これでビックリしてはいけません!! ごらんになったお客さまには!! ・・"
・・的な表現なんでしょうかね・・(笑)


地味な昔から食されている野菜の中には・・
風邪予防・お肌にも・そして骨粗鬆症予防に必用なカルシウムがケールにはチョイ及ばないものの
かなり多く入っているという事で、白菜と並んで・・有名な冬の野菜の代表でもあります。

さて、この小松菜・・ですが・・我が家では、昔秋に蒔いて・・春に食べるように植えていたのが・・
地物野菜なんでしょうね・・茎立菜(クキタチナ)ですね。このクキタチ系の野菜は結構、その土地その時の、伝統品種が多いはずだったんですが・・最近は段々減っている感じがする、アブラナ科の系統でしょうね。

バショウナとかタカナとか野沢菜とか近い品種が多く存在するこの巻(←種類の事)。
あえて、昔の野菜を探されているお客さまも実際に多く、これがそれ!! とは言えない部分も正直ございます。

春になって菜の花がでてくると、もうアクが強くなって、葉の方は、食べにくいのがこの系統ですね。
冬は「冬菜」「雪菜」、春先になると「鶯菜」という事で、日本ならではの風情のある名が付く、野菜。

冷蔵庫や物流機能が十分ではなかった、時代には、かならず、畑や庭先に植えておいて・・冬のビタミンが不足する時期に食べる。また寒さが出てくると、甘さと葉が柔らかくてとても美味しくなる一品でもあります。

中国野菜のチンゲンサイは、同様にアブラナ科の野菜。 中国野菜の中でも身近な野菜の1つとなっている。和名はタイサイ。白軸のものはパクチョイとも呼称される。本当に、この系統は種類が多い巻きです。

冬の寒さに負けぬよう・・ぜひ、何度か寒さに合った冬の野菜・・。
是非お試しを!!

煮浸しも美味しい!! 蒲鉾の残った物とか、油揚げを入れたりして・・
炒めもの系で個人的に好きなのは、小松菜のピリ辛にんにく炒めですね。
 

 

 

2017 謹賀新年

| コメント(0)

謹賀新年 2017

 

明けましておめでとうございます。

昨年は、本当にありがとうございました。

さて私事、
まだ、家族の皆は、起きてこないしぃ~・・(T_T)
昨年の29日緊急手術(翌日仕事に復帰)したりして・・、
年賀状も出していなかった方があってご無礼したりぃ~、
また喪中葉書の方も多かったしぃ~・・
30日・大晦日~正月はまだお酒も飲めてないしぃ~、
お酒が飲めないと、肴も旨くないしぃ~、
テレビ見てても面白くないしぃ~・・。

この間に、ブログ用の年賀状をつくって・・

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年が明けてすぐに、地元の神社にお参りして、
御札を貰って、神棚にお納めして・・一休み。

これから、新年のお役目に移ります。
まずは、若水取りからですね・・。
そして
家族の健康や幸せを祈っての、お節を囲んで
それが終われば盛岡の八幡宮に行って、元朝参り

年頭自啓・・
年の始めが大切ですね・・。

さぁ~今年はどういう年になる事やら・・・
いい年にしたいので、さらに自分のあり方を
良くして行かなければ、なりませんね。

心に気をつけなさい、言葉にでるから・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・


これは効く言葉ですね・・。

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1