2016年10月アーカイブ

かやきせんべい

かやきせんべい

遅れていた・・・
商品のご紹介ですね。
今回は、実演会で、せんべい汁をご紹介するということで・・・南部煎餅のなかでも、かやきせんべいの絵を描いていて・・・今朝初めて気がついた!!
この模様は一体なんだろう??という事です。
家のおふくろにも確認したら・・・
・・・「知らない!!初めて知った」という事になって
早速調べてみたら・・・
実は菊水の家紋だった~という事ですね。
なぜだろうか??というところから・・・調べていたら、どうも南部煎餅の創設説になってくる・・・。という話です。
ご存じのとおり、八戸南部と三戸南部という流れから、盛岡の南部藩というのがでてきている事なので、甲州の南部家の由来になるのでしょうか??
甲州には、南部煎餅というのが、あるのかどうかは判らないので、とりあえずここまでにして・・。
さて煎餅汁ですが・・・
いろいろ作って食べてみていて・・
最初はサバ缶で作ってみたら、ちょっと生臭さが気になってしまい、次に試したのが、様々な鍋の〆に入れて食べるのが一番便利だと思っています。汁まで全部食べられる!!
食感は固い麸と「ひっつみ」のちょうど中間的な感じですね。

ここ十数年の間で、我が家で「煎餅汁」を作るときは、鶏肉ベースにして、ちょうど「ひっつみ」を作るようにして食べる事が多いです。それこそ、「ひっつみ」の粉を捏ねるのを忘れた時にもこの煎餅があると、便利に使えるというのが利点ですね。

最後に・・・我が家では、すき焼き??(肉鍋)ですが・・・この汁に南部せんべいの、胡麻煎餅(ちょっとシケッてしまったのでも大丈夫!!)を入れて食べる・・。私だけですが・・・胡麻の香りが美味しい!!。これは亡き叔父(県北一戸出身)がこうやって食べていたのを覚えていたから・・でしょうね。
いずれ鍋が美味しい時期がやってまいりました。風邪など曳かぬよう!!体を暖めて・・・長くなるか、厳しくなるか判りませんが、これからの寒さを乗り切って行きたいものです。

 

シナノスィート

シナノスィート

という事で、やっと商品のご紹介リンゴに追いつきました。
白内障手術の後で、
ちょっと目がまだ慣れないので・・ごめんなさい・・m(_ _)m

今年の秋は残暑が多かったのか・・
なんか早生系のリンゴは
味が今一つの年でした・・。
これから、中手がでて参りますが・・・
その中でも、これ!!でしょうかね・・。
酸っぱ甘いより
甘酸っぱいという系統のリンゴです。

我々北国の人間は、味が濃いのが大好き!!傾向があります。
すなわち、糖酸の比率が大切という感じでしょうか。
甘さ強く、酸もある程度あるものが、シャキッ!!とした味が
あるように感じますね。

暖かい地区のリンゴは、どうしても、このシャキッ感が少ない。
通称方言でいうと、「ドヘッ!!」としている表現をしますね。

いよいよ中手のリンゴがでてきて、味がよくなってきましたよ~!!
ぜひお試しを~!!

因みにこのリンゴは信州長野の生まれのリンゴです。

 

カレンダーづくりで・・

2017カレンダー

しばらく更新が遅れていて・・・

誠に申し訳ございませんでした・・。m(_ _)m

白内障の手術を先月の末に行って・・
退院した直後から・・
「おかげさまで34周年」の「大創業祭」の準備に入り・・
毎年お客さまにプレゼントをするカレンダーを
作成しておりました。

一年間、ご紹介をしてきた内容の一部を抜粋して、
毎年カレンダーにしてプレゼントをしております。

土日ジャンボ市もじゃんまる津志田店も
普段は新聞折り込みチラシを配布しないようにして
その予算をこの年に一回だけカレンダーに替えて
プレゼントをしているという訳です。

チラシは、確かにお客さまに商品をご紹介する為には、
必要な物だとは思いますが、実際に自宅に配布されるチラシは、
正直ゴミと感じるんですね。後始末の手間が大変!!。
そして資源と予算の無駄遣いに感じてしまう・・。
そのときだけの紙なんですね。

制作する方も、特売をするから→チラシを作る・・に変わって行って・・チラシが主体になってしまい、本来の特売の目的とは別になって、「集客だけが目的になって」いる傾向があったり・・。
特売は、特別に販売するなので、別に安く売らなければならないという物だけではないはず。商品そのものが一番大切だと思っています。

同じ予算をかけるなら「もっとお客さまの役に立つものを!!」という
発想から、毎週毎週なにかの「商品の情報を発信」しよう!!
という事で、ご来店いただいているお客さまにだけ、ハンドビラで
一枚一枚手渡しをしてきたものをカレンダーにして・・。

これを今年もプレゼントいたします。
もちろんご来店のお客さまにだけです。
ジャンボで各2000枚×3種類で、合計6000枚限定!!
じゃんまるでも各500枚×3種類で、合計1500枚限定!!

という事で、更新が遅れていたお詫びです

 

合鴨

合鴨

合鴨・・・間鴨・・アイガモ あいがも・・・
ジャンボの後ろの川(用水路)に生息しているのがメス・・
3年前だったか、5年前だったか・・
大雨が降ってきたときに・・・
上のアイガモ農法の田んぼから逃げてきた鴨・・
「回収しようか??」と農家の方が話にいらっしゃったんですが・・
「よろしければそのままで・・」とお願いして・・
それから住み着いているカモ達・・
残してもらっている理由は・・
1.カモを見てご来店いただいたお客さまの顔がニコニコする。
2.子供たちが、買い物にいらっしゃった時に、見て楽しんでいる。
3.川(用水路)にゴミを投げなくなる・・

こんな役目をしてくれているのが、カモの仕事ですね・・・。

という話では無く・・・
合鴨ロースの話でした。
鴨だけでしょうね・・胸肉をロースという呼び名で言うのは・・。
真鴨を何千年??もかけて改良して来たアヒルと
真鴨を掛け合わせて作り出した合鴨・・・
結局「真鴨」なんでしょうね。
肉はそれぞれの種類で、味が異なるのと・・
フランスで育てている鴨(アヒル)だったり・・
詳しく言うと、鴨南蛮に使っている鴨はアヒルだとか
いろいろと、話題の尽きない鳥である事は事実です。


 

ハンバーク??

手作りのハンバーグ

ラジオしか聞けない国に行ってきて・・
10/01日に帰国して・・
やっと本日、さまざまと解禁になりました。
お風呂・車・お酒も・・
やっと本日解禁!!
という事で、残っていたのが・・・
今週のブログでした。
という事で・・・
手作りハンバーグ!!
ジャンボ市で作ってもらっているのが
これですね!!
昔冷凍食品部門を創立して、
さまざまと試食を繰り返していた・・時期があって・・
若い時には気がつかなくて・・
そのうち、嫌だなぁ~って感じていたのが
調味料・・。それも嫌な味のするもの・・
そうです、化学調味料ですね・・
どうしても馴染めなくなったのが・・
それ!!
その記憶があるので、化学調味料を入れないで
お客さまに販売する惣菜部門を立ち上げた・・。
そんなこんなで生まれたのが、こういう商品です。
肉屋の惣菜が基本コンセプトでしたが・・・
変な調味料を入れないで・・・
自分たちが食べたい商品を作ってもらう・・。また作る。
だから自分たちが買っていっても安心な商品!!
そんな一品がこの手作りのハンバーグです。
自分たちが、食べたい品から生まれて・・
手がかかって、大変ですが・・・
「美味しくて、子供や孫にも安心して食べさせられるものを!!」
がコンセプトになった、一品です。
いつの間にか、網脂も使って「美味しいねぇ~!!」
って食べる一品になった。
とあるとき、に惣菜の調理方法を指導する先生??が
「こんなに手をかけて!!」とびっくりされた!!
「とあるレストランでは、この規格では2500円で販売しますよ!!」
・・・・・と・・・・・
自分たちが食べたい一品は、価格ではないんですね・・!!
この気持ちを大切にして行きたいものです。
なんでもかんでも、価格とか売上とか販売効率・経済の規模とか
こういう世界とは、別物な世界があったいい!!
お客さまは、すっかりご存じ!!
土曜日に早くから、品切れする一品!!
"ひみつの一品"でいいんです。
売上を上げ、効率を上げるには、大量に販売をする品
またその仕組みを作らなければならない・・
犠牲になるのは、味とお客さまの健康ですね。
どちらが大切か??
いまは、そんな事を考える余裕も無くなってきている傾向がありますね。経済、売上至上主義・・。
人の心の豊かさとは別の世界が席巻している時代・・・
「こういうものがあっていい!!」と最近つよく感じる秋の夜!!


 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2016年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年9月です。

次のアーカイブは2016年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1