2016年9月アーカイブ

栗っこ

栗っこ 2016

栗・・・2016

我が家での、笑い話が・・・
父親が私の娘に、栗を見つけると、
いつも「クリッコがある!!・・クリッコがある!!」って話をしていた。
娘も一生懸命になって、栗を拾っていた・・・。

あるとき、栗の絵を見てて・・「クリコ!! クリコ!!」って言う・・。
もしかしてと思い・・
梨の絵を見せて、「これは??」・・・・「梨!!」
栗の絵を見せて、「これは??」・・・・「クリコ!!」
やっぱり・・・という事が・・・
そのくらい、生活に密着していて、そして、古くは縄文の時代から
北の主食ともいえる一品になっていた栗・・。

今年はどうも不作っぽいという話が・・・
熊本の栗が少ない!! 加工業者が茨城栃木に買いに入っていて
生食用が少ないらしい!! という噂が出始めています。

どうなることやら、地物の栗はそれほどでは無い様なので
無くなるという事は無いとは思いますが・・・
今年は数少なし、美味しく、そして大切に食べていただきたい一品!!
山の栗は、今や、全国的に、"熊"との戦いになって来ている。
だんだん、山の物も、海の物も少なくなってきている様な感じが・・
最近とみに感じます。

昔の様に、ふんだんに商品があって、今が"旬"!!
安くて大量にあって、一杯食べてね!! って言えない時代がくるのかも・・
TPPの問題も含め、食・・大切に次世代に残して行きたいものです。

一週間くらい・・だと思いますが、ラジオしか聞けない国に研修で行ってきます。どうなることやら・・・(T_T)

 

ゼネラル・レクラーク 2016

ゼネラル・レクラーク 2016

ゼネラル・レクラーク・・・・・
洋なしの中で・・この品・・・
ジャンボの八百屋さんから・・・
「絶対に美味しいから!!」って言われて・・・
数年前に「だまされたと思って」購入して
食べて見た一品!!

個人的には、酸味がある程度あった方が
美味しいと感じるのでーー
この「ゼネラル・レクラーク」食べてみると・・・
「旨ぁ~いぃ!!」・・独特の香りも非常に品があって・・・ただの甘い洋なしとは全然別物!!

鼻腔の中に、ピンとした香りが通り・・
甘さと共に酸味がでて、そして果汁がジュワーとでてきながら、ザラザラした食感ではなくて・・・なめらかな食感がとてもいい!!

八百屋さんがお勧めしていて、「だまされたかった」一品ですね。
多分近い品種に・・オーロラという種類もあるようです。糖と酸の比率が高く、味が濃く感じるので、個人的にはこの品種が美味しく感じます!!
糖酸比率は個人の好みがありますので、それぞれの好みの品種を探すのも一興ですね。

そして、品種改良も・・・
実生で偶然に生まれた!!
まさに、天からのさずかりものというべき
その一品だと思います。

見かけたらぜひお試しを!!

 

トンカツ 豚カツ

豚カツ

豚カツが・・・・
Pork Cutlet 豚カツレツ
ディープ・フライとう調理方法や
その発祥とかは・・・
10月1日は「トンカツの日」とか!!
っていう事ではなくて・・・・

今年は南蛮味噌に凝っていて・・・
いろいろな物に付けてたべていたら・・・
このトンカツに非常に合うことを発見!!

南蛮味噌は、麺やキュウリやご飯や
焼きなす・とか・・納豆卵などに付けて食べていたんですが・・
なんとこのカツに合わせてみると・・・
トンカツの脂っぽさが消えて・・・
意外とアッサリと食べられる・・!!

週末には、カツサンドにこの南蛮味噌を塗って
そして頂いています!!
夏の疲れや夏バテ解消に!!
とっても、いいかも・・・トンチンカンなトンカツ編でした・・・・・・・(^_^:)

 

イチヂク 正しくは→ イチジク

新しいページ 1

イチヂクの赤ワイン煮・・ 2016/09/10

食べたかったイチヂクのコンポート・・

本当は、イチヂクでは無くて、いちじく 無花果 イチジクなんですが・・・
今回はイチヂクで行きます・・。


「社長!! イチヂクこれ煮てケデェ~って・・
え"~また突然に・・・」

「このイチヂク・・完熟過ぎて、売り場に置いても、痛むだけだから・・」

って事で・・・

下二枚の画像は8/27の物で今回とは別の物ですが・・

実際には、箱でガバッと持って来られた・・・・・


水洗いをして、ヘタの固い所を取って・・・・
イチヂクの重量を計って、鍋に入れる


材料は以下のとおりで・・・
煮汁を濁らせないようにするには、変な添加物を使うのですが・・・
それはイヤなので・・・
甘さも透き通った甘さにしたいので、今回はグラニュー糖で・・・

***** 材料は ****
●イチヂク ・・・・・・ 5.6Kg
●砂糖(グラニュー糖)・・・・・1Kg
●チリの赤ワイン・・・・・・・・1本 750ml
●レモン・・・・・・・・・・3個
--- 総重量で7.35kg ---


--- この状態で糖分は 7.3% ----
- 70% まで煮詰めれば・・・5.14Kg
すると・・糖分は19.45% となるが 果たして??-
二昔前のジャムは70%位砂糖とかゲル化材とか増粘剤を使って
粘りを出して、いかにもフルールタップリっぽく作った物が多かったのですが・・・
一昔前は55%以下という事で、果肉分を多くした物が・・・
最近は25%以下のものが・・
高級と言われるジャム系・・・・20%以下だとさらに上のものですね・・・


- 落とし蓋をして 弱火で煮詰める事 4時間・・・・ -

試食をしてもらって・・・OKを頂戴しました・・・


やれやれ!! 無事に美味しいって言われて・・
ふぅ~・・・でした。

肝心な自分は一口も食べられなかった・・(T_T)

 

すいとん粉 ひっつみ

すいとん粉 ひっつみ??

ひっつみ??すいとん??
いつも、どっちがどっちの食べ物の様な気がしますが・・・
岩手で食べる「ひっつみ」はやっぱり「ひっつみ」だと・・・
水のように薄くして、汁の中に伸ばして入れるのではなく、ヒッツマンデ(摘んで、引っ張って)親指の元の太いところで、伸ばして鍋に入れて作る・・。なんかそんな感じがする食べ物ではないかと、思っています。
昔の、米の消費をおさえるために作られていた糧飯とか増量の意味で使うのとは・・
現代は別物のごちそうのメニューの一つです。
それでも、メニューの中では、普段食(ケ型)のメニューがうれしい一品です。
これが、綿棒で伸ばして、麺切り包丁で切ると・・手間がかかるメニューで「御法度」になってしまう。盆暮れや特別な来客時など、「ハレ型」の料理になってしまうんですね。

多分これらの系統の南部伝統の食は、甲斐南部のお侍さん達が伝えた、一品なんでしょうね。ひっつみとかスイトンとか・・そして「はっと」とか・・・「ホウトウ」由来しているのではないかと、思わず、歴史探訪になっちゃう感じがします。

 

台風お見舞い !! 龍泉洞の水

台風お見舞い !! 龍泉洞の水がしばらく入荷ありません。

台風10号・・・

まずは被災されました皆様におかれましては
甚大な災害
心よりお見舞い申し上げます。

盛岡地区は、盛岡の東50lm位を通過した為ほとんど影響がなかったんですが・・・
逆に台風の目より東側の地区は甚大な被害に・・・
今週は残念ながら、宮古と久慈の魚屋さんは
道路が寸断されているのと
市場が復旧している最中なので
水揚げがなく・・
やむなくお休みとなります。
その他、もっとも大きな被害のあったと思われる
岩泉地区・・・
ジャンボでも、長らく水の中心アイテムとして
販売をしておりましたが・・・
なんといっても工場が被害にあっちゃって・・・

復旧の見通しが立っていないというのが現状です。

抜け駆けして、流通にある在庫を出して貰おうと
交渉したら、岩泉の水道が止まっているので、
住民に支援物資として配るという事。

ごもっともな話で・・・
いくらかでも売上を上げて、売上資金として

 

青南蛮 青唐辛子

青南蛮 青唐辛子

台風10号の最中に・・・
待機しながら・・・
心配で、全然進まなかったですが・・ようやく完成!!
岩手県の沿岸各地では、甚大な被害が生じています。
特に、北上高地(山地)から東側が大きく、大変な状態というのが、翌日に確認できた情けない状態です。
つくづく感じるのが、電気や水道のインフラです。仮に止まったとしたら!!どうするか??の中で、昔は元々、なかった。その時の知恵の一つですね。冷蔵庫が無くても保存できる。漬け物や佃煮の方法です。
夏野菜が豊富に取れる時期に、保存食として備えておく。南蛮(青唐辛子)等は、どちらかというと、発酵調味料・香辛料でしょうね。

赤い南蛮でつくる、発酵食品として、新潟県の「かんずり」は、本当に素晴らしいと思いますが、北国でも、「一升漬け」!!
こんな素晴らしい発酵調味料がある!! 自慢したいですね。
この青唐辛子・・・沢山採れる時期に、安くなる旬に、今年もちゃんと仕込んでおきたい一品です。
そして今年、とある方から教わった「南蛮味噌」にはまっています。
青南蛮の佃煮でしょうね。夏のきゅうり、や豆腐ご飯になんでも合う一品!!
夏の疲れで、食欲の減退する時期ですので、秋の茄子などと一緒に食べて、復旧にファイト!!
ですね。

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2016年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年8月です。

次のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1