三陸の真鯛??

| コメント(2)

真鯛

真鯛 マダイ たい タイ

神代には「アカメ(赤女、赤目)と呼ばれいたらしい。
という位、古より日本になじみのあるお祝いと言われれれば赤い魚とう事でめでたいという事にもかけて、鯛は縁起のいい魚であり、なおかつ、やはり本当に美味しい。
白身の甘さとほのかな渋みがまたこの鯛の旨さの一つでもあります。
出しもうま味もよく出て、捨てるところがない位、役にたつ魚でもあります。
価格が高いとい声もありますが・・
一尾最低でも三品目以上になることを考えると、単に惣菜パックを買ってくるより、美味しく、また、お得でもあります。
呼び名は少なく単にタイ。ホンダイ(本だい)とも。
とれる時期によってムギワラダイ(麦わらだい)。これは麦の収穫時期は産卵後でマダイはまずいということ。関西では春のサクラダイ(桜だい)、初夏のウオジマノタイ、秋のモミジダイ(紅葉鯛)。という事で四季おりおりで味わえる美味しい魚でもあります。
先日京都に式典参加でいった際に、この大きな鯛のアラ塩炊きがでてきました。
確かにうま味があるなぁ~と本当に実感。
合わせて、三陸の鯛も最近というより、あの東日本大震災の時、本当に数が揚がったった記憶が・・。海が変わってきているんでしょうか??
あれから、ちょこちょこと三陸でも水揚げされてきている、三陸の鯛・・。
ぜひ食べて頂きたいという魚屋さんの店長さんと話をしていて・・・・・。

コメント(2)

突然のご連絡失礼いたします。

私は名古屋市内で鮮魚料理店を営む店主です。
先日貴殿のwebを拝見させていただきまして「魚」のイラストに感銘を覚え、是非当店のチラシに活用したいと思いご連絡させて頂きました。

ご参考までにチラシの原案をPDF裏・表を添付いたしましたのでご覧いただきこのようなお願いをご了承頂ける事ができるかどうかご検討いただけますでしょうか?

以上、ご考察の程よろしくお願い申し上げます。

名古屋市東区葵1-17-22
魚甚 山崎 克己

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

この記事について

このページは、motohiroが2016年6月 1日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ベーコン」です。

次の記事は「梅干し2016」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1