2015年11月アーカイブ

黒平豆

雁喰黒平豆

2015年産
新物の黒平豆が入荷してきました!!
岩手のこの黒平豆は、丹波の黒平にも負けないとても良い一品!!
独特の歯ごたえのある食感!!
コクのある風味!!
豆の味(枝豆のような)がする!!
 こういうところが違いでしょうね。

昔のおかぁさん達は、様々な食材を使い分けてきて・・アブラナ科、キク科、ユリ科、ウリ科、マメ科、ナス科等 16科51種類の野菜豆類等を使って、食をまもってこられた・・・。

その中でも豆!!
枝豆、ささぎ(さやいんげん)、えんどう、ほどいも(今でいうアピオス)等の中でも、この大豆系統は、味噌用の豆や煮物用の豆、枝豆用の豆、豆腐用の豆、その早生、中生、晩生と植え方も工夫をしながら、そして食材にする時にも使い分けをしていた。

そんな中で岩手に今でも残っている品種がこれですね。南部雁喰黒平豆・・。二戸在来種や玉山在来種等が今本当に稀少な種となっています。
因に、この系統の大粒の青平豆が在来種としてあったんですが・・・本当に残念ですが・・・ここ十数年見られなくなった・・。

丹波の黒豆にも負けない一品!!だと(個人的に)思っています。

経済第一主義の風潮の中で、金銭では量り得ない命の営みや伝統的食文化が軽視され、心と体の健康がむしばまれつつある・・と警告されていると同時に・・食の餌化がすすみ、本当の豊かさが失われてしまっている・・・・。
なんかそんな感じがする、今日この頃です。
形だけの食育・平均化された栄養面だけの食・薬とかっていう前に、この豊かさ!!は大切な事だとおもいます。

大根 今年の晩秋は暖かくても

大根!! いくら秋が暖かくても、
もう掘らないとダメ!!

大根!!
今年の我が家は・・正直ちょっと奇怪しい??
種類の関係でしょうか?
(いつもと同じ種だとおもうけど・・)
真ん中の葉っぱが上に向き・・
畝から上に大根が出ている部分が多い!!
畝立てが浅かったからか・・???
播種は例年より早く蒔いたんですが、根がなかなか太くならない!!
それで今の時期まで、畑に植えたまま・・。
さらに今年の11月は異常に暖かく、山にも雪が昨日までは無い状態。
このイラストは今年の我が家の大根です。
そんなこんなでも、いよいよ雪のたよりが、聞こえてきそうです。
収穫を急ぎます。その際にも、葉付きの大根をお買い求めいただき、大根の葉っぱは、干しっぱ汁様に乾燥させておきましょう!!

どうでもいい話ですが・・
大根とはいっても、最近は、青首大根が多いですよね。この青首の部分は土から上に出ている部分ですが、根では無い??胚軸という部分なそうな・・

土より、下の部分は根??とか・・。

カブでご紹介しましたが・・胚軸の下についている細い部分が根という事で、大根の場合は側面についている細いのが第二の根で白い部分が第一の根という事の様です。

白い大根(白首)大根には、練馬、三浦、御薗(みその)大根がその代表格。辛みのつよい練馬、下膨れ系の三浦、白く長い御薗。それぞれ昔の人たちは、大根の特徴に合わせて使い分けていた!!
冬期には土に埋めて・・保存。
長期保存は、葉を取って、上と下を逆にして・・
中期の保存は、斜めにして。
短期の場合は、生えている状態の胚軸の部分より上まで、土をかけて・・・
という形ですね。

土の中に保存していると、春先には、さらに太く、そして、みずみずしく、なっている。昔の人の知恵に感謝ですね。
 

大根の編み方?? 結び方??

大根の編み方?? 結び方??

いよいよ稲刈りも終わって・・
干し大根も例年よりちょっと遅めに入荷してきました。
しかし・・今年は大根の干し具合が、暖かい為のせいか・・
ちょっと干しが足りない!!という声が青果の担当の方々が話をしています。

準備はしたいけど、大根がまだ十分に干し上がっていない!! そうかといって、時期を待てば干し大根が無くなる!!
とお悩みの方にも・・!!
もう少し干して・・・
大根の干し具合を調整するためには・・・
こういう時は自分で干すしか無いですね!!
大根の干し具合は・・
曲げてみて・・
一の字・・まだ干しが不十分
への字・・もう少し干したい
つの字・・いい加減かな??
のの字・・ちょっと干しすぎ??
こういう基準で判断をしてみてくださいね!!


 

晩秋の香りは「ウンが付く??」

銀杏(イチョウ)も 銀杏(ギンナン)も
同じ漢字 だよね~

黄金色の紅葉??いや黄葉をみてて・・思わず写真を鶏ながら・・・
木の下から、遠くにのぞむ風景を撮ったり・・
黄色い木の葉をとったりしていて・・・あ"~ぁ"~って・・。

「ウンの香りが付いてしまった」(T_T)

という位・・いい香りがしますね・・・。こちらの地方では「カマリッコ」とでもいうんでしょうかね~!!

この匂いを思い切って2~3時間くらい、我慢して加工すると・・今はビニールがあるので、早くできますね。
昔は土に埋めたり、水に漬けたり、そして川で洗ったりで加工したものですが・・。
シーズンですね。
くれぐれも「ギンナン採り」は、木の持ち主に許可を頂いてからにしましょうね。
晩秋の香りは「ウンが付く!!」


 

漬け物のレシピを・・

- 赤かぶ漬けのレシピ? -

漬け物シーズンという事で・・

以前に教えていただいていた

かぶ漬けの作り方のレシピです。

 

今年のやり方はどうなることかと・・・

という事で・・・

もう一つ白菜漬けのレシピも掲載しておきます。
 

- 白菜漬けのレシピ? -

漬け物シーズンという事で・・

もう一つの漬け物ですね

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1