2015年6月アーカイブ

梅干し

| コメント(0)

梅干し・・ 

今年も梅干しの作りの実演会の開催の次期になってきました。

とりあえず昨年のものをちょっと修正して・・

今年の梅は例年より1週間位早めなので・・・繰り上げでの開催となります。
私たちがご紹介するのは・・
通常の漬け方とはちょっと違って・・・
一回で紫蘇も梅も漬けちゃう方法ですね。

夏の土用の頃に三日三晩干せば・・梅干し。干さなければ梅漬け・・。
この仕組みで梅を漬けると・・・塩分は大体7.5%位になるんでしょうかねぇ~。
昔の梅干しは塩分は18~24%位あったので、塩と梅の酸で保存ができましたが・・。
この位の低塩にして常温管理する為には、ちょっと工夫が必用になります。その意味での、焼酎と五倍酢の利用ですね。
それでも毎年梅の中に含まれる水分量が異なるので、安心できず絶えず注意をしながら見ていかなければなりませんねぇ。

ここ二三週間で梅の最終の旬になります。
ぜひ皆様お忘れなく~!!

梅干しで唾液を出す訓練をしておいて・・そしてご飯(白米)は20回は噛む。
唾液の効果はまだまだいろんな効果があるようです。
その誘発材としての梅干し・・。
添加物だらけの調味料だらけの梅干しとはやはり別物として取り扱いたい一品です。


 

ホウボウ 竹麦魚 ほうぼう

| コメント(0)

ホウボウ 竹麦魚 ほうぼう・・ 

ホウボウ・・・・

北三陸天然市場さんのTさんが描けって・・
この鰭の色がうまくでなかった・・(T_T)

その生態が非常に独特で・・・
この指(足)が本当に特徴的な魚です。

胸鰭の根っこが変形をしたという話ですが・・
三本というのが・・・また不思議・・
これで味を見ることができる??
多分手さぐりで、餌を探す魚なんだと思います。おまけに、この綺麗な胸鰭を広げながら海の中を歩く??という独特な特徴をもっている魚。餌はカニ・海老・貝・小魚??
砂の中に隠れている餌を探して・食べているという事で、さらに不思議な事は、泳ぐ時はこの大きな胸鰭を閉じて泳ぐという・・。

昔の未確認飛行物体みたいな形になりますよね。

gurnardは、底に沿って這うために用いられるとげだらけの装甲の頭と指状の胸びれを持つ底生の沿岸魚。
セミホウボウ類は英語で「Flying gurnard(空飛ぶホウボウ)」っていう言葉もあるようです。

習性や形が変わっていても・・白身魚で美味しい一品。姿盛りで映えて、さらにアラは出しをとってもう一品!! ぜひお試しを・・。
個人的には、刺身の他には、煮魚が美味しいと思います。


 

梅がでてきました・・ 

先週あたりから・・梅が・・・
最初は和歌山の南部(みなべ)の南高梅が・・
その他の梅で有名なのが・・
・白加賀・豊後・甲州小梅・古城・八助ですね・・これから、約1ケ月位がピークではないかとおもいます。

さて今朝・・「テレビで梅雨の時期に梅干し」というという話をしていたとか・・ってうちのメンバーから教えてもらいました。
なぜ??梅雨の時期に梅干し??って・・
いう所からさっき梅を描いて・・・
その説明をいろいろとしらべておりました。

個人的には・・
  白いご飯を梅干しで食べると・・・・
口の中から思いっきり唾液が出てきて・・
ご飯が本当に甘く感じます。今この唾液が大切という事で・・口腔内常在菌が・・感染予防にいい!! という話もあるくらいです。
唾液を出す練習にもこの梅干しは必用鴨です!!。
昔の栄養・衛生指導もずいぶん変化してきて・・・昔から良いとされて来たものが、戦後から高度成長期に「ダメ!!」と言われて・・ここに来て「実は良かった!!」って食品が結構多くありますよね。
いずれにしても、朝ご飯と味噌汁そして、この梅干し等の常備菜・・大切な文化であり、体を守る先人の生活の知恵!! 
いや文化の一つでもあるんでしょうね!!
ぜひ皆様・・・梅干しづくりの時期です。
ここ一カ月・・お見逃しなく!!


続きには・・・

どっかのサイトにあった梅干しの効用を
参考までにと・・・

 

やっとレタスが・・ 

今週に入って・・
やっとレタスの価格が・・・
ですが・・・・

ちょっと下がりすぎるかも・・・です。
なんでこんなに上下幅が大きいいんだか・・と思っちゃいます。

量も豊富にでてきましたので・・・・
こういう時に沢山食物繊維を摂って・・

生で食べるには限界があるので・・
炒める・茹でる・漬物・塩揉みなど・・
我が家では・・
カサをできるだけ少なくして・・
思いっきり食べちゃう!!

加熱してもレタスの食感が残って・・
シャクシャクという音で・・
美味しさが別物ですね  ・ー・

ぜひ安い時に!! 上手に活用してください

いずれ今は北関東物も地物も同時に採れちゃっていて、量が多くなっちゃっていますが・・・そのうちまたどちらも時期が終わっちゃうとまた価格が高騰するという事も
考えられるので・・・。

このいきなり乱高下するのは、
天候の問題だけではないような・・・
本当に変な時代になっちゃったなぁ~と
感じます。

 

味の母 塩みりん

| コメント(0)

こういう品が・・ 


ちょっと
調味料続きですが・・・

こんなみりん??が・・・

味の一醸造さんの商品ですよね・・。
先日・・・
だまされたと思って・・・
  北の魚の「ソイ」を煮つけてみました・・。

「旨ぁ~いなぁ~!!」と思わず・・・。
確かに煮魚にしてみると・・
話のとおり、旨味が逃げずに
煮崩れしにくく・・・
上手にできました。

まだ他の煮付や他のジャンルでは
ためしておりませんが・・・・

熱に負けないアルコール!!
がやはり決めてなんでしょうね・・。

いろんな発酵食品があるものだなぁ~と
今回は勉強させていただきました。

ぜひ・・お試しを~!!

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1