2015年2月アーカイブ

缶ビールのおいしくなる注ぎ方

| コメント(0)

- 缶ビールの注ぎ方-


昨日・・・

商工会の研修旅行があった・・・
目的の場所での時間の指定が
13:30だったので
目的の場所に着く前に・・
ちょっと寄ったのが・・・

仙台のキリンさんのビール工場・・
なんとあそこで、東北六県と新潟の分の
キリンビールを作っているそうです。
そしてその製造工程もいろいろと聞いて・・
さまざまと説明を聞いた後・・・・・。

お楽しみの試飲をさせて頂きました。
もちろんハンドルキーパー以外の方で・・
本日一日運転しない方で・・
おひとり様3杯まで!! ということです。

グラスにビールを注いでもらい・・
一杯目は一番搾りの生
二杯目はスタウトと・・・御馳走になり・・

その時案内をしてくれた・・
綺麗なお姉さんが・・・
「美味しい缶ビールの注ぎ方」の実演をしてくれた・・・。
最後に泡がグラスの上にググっと持ち上がった時には・・・
「お"おぉ~!!」と思うわず!!
折角なので、記録に残しちゃいます。
御馳走様でした。





 

 

 

 

はるか

| コメント(0)

- はるか 最初は円香だった-


ほんとうに・・・
今年はなんかおかしく
忙しい・・・。

そんなこんなで、も
う二月も半ばすぎで・・

このスケジュールが立て込んでいる間
春の・・除雪、そしてお世話になった方がなくなられたり・・でほんとうに大変・・・

そんな中・・今日・・八百屋さんから・・
この比較的新しい品種食べてみて・・・と
最近とみに、お客さまからの人気が上がってきたという商品ですね。

早速試食・・サパっとしていて、酸味が少ない。日向夏も昔のような酸味がどんどん少なくなってきておりますね。

昔のようにパンチのある酸味と白かわが混ざると甘味が強くなったりしたのでしたが。

個人的には、50年も前から日向夏のファンで・・ここ25くらい前から、
日向夏を八百屋さんに取り寄せてもらっておりましたが、この親戚みたいな雑柑系統ですね。
最近の八百屋は大変だ!!
次々と新しい品種がでてくるので
名前を覚えるだけでも大変!! という
昨年の八百屋さんの話をしましたが・・・

特にこの蜜柑についても・・
同様ですね。枝変わりなどについても・・・
結構でてきているので・・大変ですね。




 

 

 

 

T-ボーンステーキ

| コメント(0)

- T-ボーンステーキ T-Bone Steak-


ふひぃ~!!
大変だったァ~!!

誰だァ~これを説明しろ!!って言ったのは!!
と思うくらい大変でした・・(泣)

アメリカンカットの骨つきの内容では・・
かなり細かく設定されており、
それがさらに細かな指数であったり、
細かな規定があったり・・で
その中でも非常に希少な部位ですね。
T-ボーンステーキの中でも
ヒレの部分が1/3以上のステーキは・・
ポーターハウスと呼ばれます。

肉屋でも、憧れのステーキの一枚ですね。
多分一頭の牛でも、6枚分くらいしかとれない貴重なステーキの一つ。

ちなみに、こういう骨つき肉は・・
スーパーエージングにして
食べると肉と骨の間の旨味が
さらに増すんですが・・・

まだまだ日本では・・
食品衛生法の問題や・・
お客さまの利用に関する
情報がまだまだ不足しておりますので・・
ここではご紹介しません。

くれぐれも牛肉も豚肉もそして、内蔵各種も・・
刺身やユッケは私はお勧めしませんね・・
家畜は犬や猫などのペットも含め、牛豚鶏・・何を食べているかわかりません。ご注意を!!

 

 

 

 

餃子

| コメント(0)

- 餃子 -


プロの餃子の販売をしませんか?
・・・・・・・・・と・・

盛岡の老舗の麺屋さん・・
「中野製麺」さんがいらっしゃった!!

「へぇ~??  !!」
「売るだけだと面白くないよね・・」

「プロの焼き方の実演と一緒にしませんか?」と・・・

という事で・・・実演会をする事に・・。

盛岡の中野製麺さん・・県産の小麦粉で
餃子の皮を作って販売されております。

県産であれば美味しいという事ではなく・・
県産の小麦粉で美味しい餃子の皮を作るのはむずかしいのですが、そこは技術と工夫で美味しく作られているメーカーさん。

盛岡の麺屋さんというと、中野製麺さん、吉清水製麺さん、兼平製麺さん・・が代表格ですね。

私は盛岡本町の生まれなので・・
ラーメンのルーツは大手先にあった玉川屋さんが一番近いラーメン屋さんだった。
そのラーメン屋さんからの発祥が中野製麺さん。ご縁ですね・・。

今小売業は最初に「価格ありき・・」になってしまって美味しさ・安全・そして地元・・という意識が少なくなってしまった。熾烈な価格競争の為、次々と地元の製造業の方々が消えて行っているのが現状。

今後も出来るだけ地元・・そして県内の方々の商品を販売しようと思っています。

 

 

 

 

- 根張星 ・ ねばりすたー ・ ネバリスター


「全然ちがうから・・!!」

「だまされたと思って・・・」

まず食べてみて・・・・と
日の丸青果の佐々木忠治さんと・・

「箸で持ち上がる位だから・・
  ご飯にしもらないから・・そのままだ~」

翌朝、ご飯にのせて・・トロロ風にして・・
  たべてみました~~!!

「うん!! 話のとおりだぁ~!!」
ネバリが全然ちがいますね・・。

うまさというより、コクが強い感じで・・・
普段たべているナガイモとは全然別物

私が御馳走になったのは・・・
鉾田町農協だったと思った・・。
北海道のものも多いとききます。

加熱すると・・すんごいネバリが固くなって・・もっちモッチの団子よりも固かった。

そのくらい、ネバリのある芋ですね。
いまこの芋にちょっとハマリ中・・!!

こんどは、千切りの酢醤油でたべてみて・・
どんな味かと・・期待している最中ですね。

ヤマノイモの仲間ですが・・
  ヤマイモ属とナガイモ属とにわかれて・・
  ヤマイモ属は「自然薯」を始めとした
     どちらかというと、「日本原産」
  ナガイモ属はどちらかというと「中国原産。」
ナガイモ群と
ツクネイモ群と
イチョウイモ群(大和芋)などにわかれる。


 

 

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1