2014年1月アーカイブ

柊鰯(ひいらぎいわし)

| コメント(0)

- 柊鰯(ひいらぎいわし) -


昨日ひいらぎを採ってきて・・
お客様へ・・
一枝だけですが・・
プレゼント!! という事で・・
準備をしてきました。

柊のみならず・・・鰯と・・
その由来・・

そして「豆まき」ですね・・
鬼や魔・・疫病や災害、災難など・・・
今年も良い年でありますように・・を
太陽の年取りとともに拝む・・。
無病息災・家内案全
学業成就・商売繁盛
大漁祈願・豊作祈願
笑門福来

などなど・・様々と。

さて、いつも
この時期不思議におもうのが・・
最近とある流通業者とマスコミさん??が
ブームをつくった恵方巻・・
節分は歳神さま(太陽)からみると・・
まだ昨年(大晦日)・・なはず・・・。
今年の恵方は??って言うと・・
どちらを指すんでしょうかね~??

昨年の恵方は真南東15°丙の方角
節分後の恵方は真東北15°甲の方角
私にはわからない部分です。

今度、恵方巻きで節分のときの
恵方はどちらを向けばいいんでしょうか?
って聞いてみようかと・・・
人間が作ったものでしょうから・・
まぁ無理でしょうね・・(苦笑)。
信じれば通ず!! でいきましょう!!


 

 

 

 

節分は太陽の年取りだった

| コメント(0)

- 節分は太陽の年取り -


いつも気になっている・・節分。
様々な行事が
なぜいろいろあるか?
調べてみていると・・・
太陽の動きに関係があった・・・。

24節気の立春・・の前日が節分。
立春が太陽の正月1月1日になるので
すなわち、節分が太陽の年取り・・。
という事になるわけです。
厄年の年齢の数え方とか・・・・
高島易断などの今年の運勢など・・
この日を境にという記載があるので・・
多分、年神さまは、太陽という事が
基本になっているのかも・・。
1月1日から2月節分までにうまれた人はその前年生まれの人と同じ本命星となる・・。
という記載がありますね。
まぁもともと西洋暦はグレゴリオ暦なので・・。これが世界の暦になってしまった。
さらに面白いのが・・旧暦の決め方・・。
雨水正月中気が朔日(新月)>>朔日前日までの期間に入っている朔日が旧正月1月1日という決め方・・そして朔日(新月)>>朔日前日中気の無い月はその前月の閏月となるという考え方・・・・
太陰太陽暦の意味がやっと解決しました~。暦は天体の動きを示している・・。
海も太陰暦で動く・・。二十四節気も十二節気と十二中気に分かれている・・・。はぁ~です。
 太陽の動きと月の動きと・・二つを睨みながら・・豊作や豊漁祈願・・。本当ですね。

続きには・・なるほどという話



 

 

 

 

干しっぱ汁

| コメント(0)

- 干しっぱ汁 干しっ葉 干し葉汁 -


うわぁ~!! っていう位寒い時期・・。
この汁が体を温めてくれる・・!!

毎年、何回かでてくる汁ですが
この時期は、一週簡に一回は
食べたくなる汁物・・。

本当に体が温まる!!と思っていたら・・

調べて見たら・・・
  酒粕・干し葉ともに体を温める作用があった。
 昔の人達の知恵に感動ものですよね。
 なんといっても・・・自然の力を使って!!
ここが一番です。

冷蔵庫とかまったくない次代の事・・
  「いかに自然を味方につけて・・・
  生きていくか??」

寒さも利用して、保存食とかにする。
空気や日の光も利用して保存食にする。
麹や酵母そして塩を利用して保存食にする。
その保存食を組み合わせて、この寒い時期に、一番体に良い料理を経験的につくって、家族にたべさせていく・・。

 境と自然に沿った、東洋の合理主義ですね。本来の理にかなっている・・です。

寒い時期がとっても美味しい一品です。



 

 

 

 

ごま

| コメント(0)

- ゴマ ごま 胡麻 -


ごまを説明することに・・・・

国産のゴマは正直言ってもいわなくても
99.9%は輸入になっています。

なんとしても「地ごま」が欲しい!!
というお客様のご要望から・・・
何回か生産の方にお願いして・・
植えてもらったんですが・・・

どちらかと嫌がられる商品のひとつ。
手間が大変
特に種にする時という事と・・・
育てているときにつく虫!!
「ごまでろ」「ごまでぇろ」とか「ごまでぁろ」
という虫ですね・・!!
でっかいンです!!
この虫が見たくて・・
わざわざ持ってきたことも・・

でも商品そのもの自体は・・
本当に貴重な一品ですよね・・。

大手メーカーさんのごまに関する商品
輸入量の状態からみて・・
殆ど輸入。

ジャンボでも細々と
お願いしてかろうじて
作ってもらっている一品。

パワーがありますので・・・
ぜひ食卓に!!


 

 

 

 

もち料理

| コメント(0)

- もち料理 -

岩手県南地方の・・
もち料理を一部ご紹介することに・・

このもち料理は、本当にごちそう!!
「あんこ餅どうぞ!!」などから始まって・・・
次々とでてくる・・・

私の地区では、こういう風習がないので・・
最初は意味がわからず・・
「いやいや、もう結構です!!」となると・・・
悲しそうな顔をされる。

折角のごちそうの「お・も・て・な・し」だった。

県南地区での特に結婚式などでは・・
断らないように・・・。
「おもしゃげね・・!!南部なもんで・・・」と
いう断り方もあるとおそわりました。

本当に量が多いので・・
  心して挑まないと・・大変です。

わんこそばの様に、一杯食べさせる事が
ごちそうだと思っていた時代の風習。

米作の盛んな地区であっても、白米ごはんは年に数回という話で・・。やはり大切な餅を出すのは本当にごちそうだったんでしょうね!!


 

 

 

 

2014 方位吉凶ノ図

| コメント(0)

- 今年の恵方 -


遅いスタートですみません。

どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

現在サーバーの引っ越しをして
データ移行をしておりまして・・・


画像のファイルがおおいので・・・

まだちょっとかかりそうです。

毎年ではございますが・・・
今年の恵方を・・・

節分が大切なのは・・
その翌日が・・・立春であること
太陽の年取り・・・
そのときに、魔が入らないように・・・の
行事が多いのです。

柊や節分鰯・豆まき・・は
無事に太陽の年取りができますように・・
の願いで・・行われる行事。

恵方巻きは・・・
先に自分の願い事をする習慣なので・・・
不思議だなぁ~と思う西の習慣ですね。

 

 

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1