2013年11月アーカイブ

温州蜜柑

| コメント(0)

- 温州蜜柑 みかん -


愛媛のポンさんから・・
昨年から・・温州みかんの旬しぼり
もうつくれません!! っていう話が・・。
一昨年は本当にお客様から喜ばれた
商品だったのですが・・・。
本当に残念 !!

原因は不作の問題もあるけど・・・
高齢化・農業後継者・・
そして円高の問題で・・・
国内のジュースを絞ると・・
原価が高くなり、輸入濃縮還元果汁を使った方が・・採算面ではいい!! という事・・。

この効率、単価、成果、高い安いでいつも犠牲にあるのが、味、安全、安心という点・・。

なんかそういう中での、単価を安くという事から、産地偽装の問題や、ごまかし、がでなければいいのですが。

一番不思議なのは、これだけいいものを作っていて、世界からも必要とされていて・・・
日本人は安い輸入品を大量に消費するという点ですよね。

本当に不思議な時代です。
となりにいいものが沢山あるのに、わざわざ運賃やコストをかけて、遠くから物を入れてくる・・・。不思議です。

 

 

 

 

- 全国お米マップ 24年版  -


もしかして・・・

お米ランキングは25年から
なくなるかもしれない???
という噂で・・・・

とりあえず、昨年のマップを保存版として
つくっておいて・・・

岩手県のお米食味ランキングもなくなる??
という噂で・・・

TPPという問題も抱えていて・・・
どうすれば、全国のお米の味を守れれるか?
集約化や大規模化・効率化、低コストという言葉で、いつも犠牲になるのが、味、安全、健康です。

最近の偽装の問題でも、同様・・。

神子原米にならって、小さな面積で、収量も少なくても、生き残って貰うためには、大規模化、集約化、機械化だけではない部分の指標も必要だとおもいます。
自然栽培・・いいですね。
モンスター企業に負けないよう応援したいものです。

 

 

 

 

なめこ

| コメント(0)

- なめこ -


この時期にしか食べられないのが

この「天然なめこ」。

今は年中、菌床なめこがあり、その存在が本当に薄れてしまった一品ですが・・。

香り、味、だし、食感は菌床なめことは別のの品種とおもうくらい違います。

今は天然ものと同じ様なものに、原木天然栽培のなめこもあります。

天然というと、どうしても、枯葉やゴミがついていますので、丹念にゴミを取りながら、食べるとその手間以上に旨さを感じられる一品でもあります。この下処理、固い石突き、軸の部分をとって、水、もしくは薄い塩水に漬けておくとヌメリがでてきて、ゴミがとれやすくなります。あとは何度か水でゴミを流すと下処理は完了。

味噌汁は簡単なので、その他の特にお勧めは天然なめこを入れた鍋でしょうね。鶏肉と豆腐と薬味はセリ or 三つ葉
あっさりと醤油。ちょっと濃いめは味噌・・!

鶏肉ときのこから出しがでますが、昆布、かつお節、煮干しなどで出しをとっておいて・・たべます。

「なめこ」の、ぬめり成分はムチンとかって言うそうですが、これから、空気が乾燥し、風邪の時期にもなってきますので、粘膜にいいかも。

自然をうまく取り入れて、元気に冬を乗り越えたいものですよね。

 ちなみに、この「天然なめこ」倒木一品にスラーっと生えているのを見つけた時は・・本当に壮観です。カッターで根を残して、上の部分を採る様にと、私は教わりました。
 自然の恵みを頂くのだから・・「来年も採れます様に!!」・・ の願いを込めて・・。

 

 

 

 

ワイン 2013

| コメント(0)

- ワイン 2013 -


突然入荷してきた~

チリワイン・・
どっかの商品が問屋さんを通じて
入荷してきてしまった!!

気になったのが、ビンの形・・・
普通は、ビンの形で・・
葡萄の品種が単品か??
複数か??って覚えていたけど・・

これはちょっとちがうようです。
どちらも単一品種で・・
白と赤・・

シャルドネとカベルネの二種類・・
どちらも、極タマに飲む品種なので
比較的のみやすい。

価格も今回は安いので・・・
まとめ買いすることにしちゃいます。

多分市価の1/3の価格ではないかと
おもいます。

ラッキー!!  っておもっちゃいます。
ぜひ、お試しを !!

それにしても、このフランスワインの規格・・
何回読み直ししても・・ほんとに判りにくい!!



 

 

 

 

 

2013漬物実演会用レシピ

| コメント(0)

- 2013 漬物実演会用 レシピ -


今回は・・・
滝沢村の漬物の食の匠が
体調不良という事で・・
同じく漬物名人で、いつもおいしく漬ける
名人に実演会をお願いいたしました。

その方のメニューで、
「大根の松前漬け」と
「大根のサワー漬け」の二種類。

松前漬けの方はトロミがでて・・
  おいしく食べる事ができます。
サワー漬の方も酢がはいって・・
  体によさそうな系統の漬物です。

各ご家庭で漬け方がさまざまなので・・
  あとは、それぞれの好みで
    味の調整をして、頂ければ・・・です。

特に最近偽装・・という問題・・
  この漬物や水煮系も結構注意・・!!
  最初から輸入とか原産国を書いてあれば・・   いいのですが、
国内加工とか国内パックとかと言う苦しい表記があるのも事実です。
   もう一つ怖いのは添加物・・。
   広いお店の中で・・・ 
     見てくれをよく、日持ちを長くするには・・
     そして安くには、それなりに訳がある。

一番安心なのは、手間をかけて自分でつくること !!
原料や製造工程も自分でわかっているので
これが一番安全な訳です。
●手間を惜しんで、お金を使う>>無くなる。
●お金を大切にして、手間と愛情をかける。
  ですね・・・!!

 

 

 

 

りんご -中生--晩生編-

| コメント(0)

- りんご 2013 中生-晩生編 -


社長!! りんご・・・を書き分けて・・!!

その特徴を・・説明してくれないか?
八百屋さんから・・

 「え"~!!」ものですよね・・・
  自分たちでやりゃ~いいのに・・・
  ましてやリンゴを書き分けるとなると・・
  正直大変なんですよ !!
  といいつつも・・・やっぱり・・やっちゃう・・

 北の人間は、木成りのリンゴ、当たり前!!
      でもみかんが成っていると感動!!
  南の方は、逆みたいです。

 今だから、こんな話ができるけど・・・
   そのうちTPPがごり押しされちゃって・・・
   どうなるかが不安なのが、農産物・・。
 
 減反の問題だって・・TPP関連で
  突然の方向転換!! 桃栗三年柿八年・・
  米だって果物だって、そう簡単に変えられない!!

  世界で日本の商品が高く売れるのは、
    安全で、おいしいから・・!!
  これが集団営農化や量的に増え効率主義になると、
   安全とおいしさが消える事はあり得る。

 農業も小売業と同じ世界に入りつつある・・・
  実感です。
中小はいらない、大手が残り、効率のいい、資本効率のいいところを中心にして、すすめると、あとで困るのは地域なはずです。

いくら大量生産や大量販売といったって
限界があります。中小の豆腐屋麺やが潰れて・・偽装問題がでてくる・・。すみませんで誤っておしまい・・。変な時代であり、最近疑問です。

 

 

 

 

ごはん 2013

| コメント(0)

- ごはん 2013 -

ごはん・・
先週食べ比べ試食会をしてみました。

●魚沼コシヒカリ
●北海道ゆめびりか
●山形つや姫
●岩手江刺ひとめぼれ・・

それぞれに特徴があります。

米自体の味については・・
●ゆめぴりか・・甘味・香り・旨味・・強い
●つや姫・・米ツヤツヤ甘味強い
どちらも味が濃いめのお米のタイプ

●魚沼コシヒカリ・・透き通った味から・・
  噛みしめていくと甘味が・旨味が・・
●岩手江刺ひとめぼれ・・同様に透き通った味から・・旨味がでてくる。

お米のタイプは・・好みで
●モチモチ系
  おにぎり・炊き込みごはん・肉食系 
●本道バンランス系
  万能系
●あっさり系
  魚や和食系・いためご飯・寿司・雑炊等
こんな感じなんでしょうか・・
いずれ用途・好みにより、いろいろ食べ比べてみて楽しむ!!
●朝のごはん、お米を毎日替えながら食べると・・その違いがわかります。
●朝ごはん・・最近「エサ」化しつつあると言われております。
TPP導入となると、正直どうなるかわかりません。また、海外の方々は日本の食というものに対して、羨望をもっているんですが、肝心の日本人がその意識がない!! というのもちょっと残念な感じがします。
肝心な自分たちの文化を知らず、外国の文化をありがたがってマネする。安い輸入品を食べて、高い国産品は買えなくなってきているので、輸出する・・??。なんか食の貿易が変わってきているような不思議な感じです。
●なんだかんだ言っても、お米が一番安く、日本食がバランス取れているとおもうのですが・・。

 

 

 

 

甘薯 -サツマイモ-

| コメント(0)

- 甘薯・サツマイモ -

薩摩芋(さつまいも) 
唐芋(からいも)・琉球芋(りゅうきゅういも)  

漬物実演会の匠の体調不良により・・
という事で・・
来週の実演会で・・滝沢村の推奨品種のサツマイモとの食べ比べをしてみようということに・・なりました。
この芋の名前は・・クィックスィートという品種。

本来立冬を過ぎると・・枯れ葉が舞い散る時期。子供たちは、この落ち葉を集め勤労奉仕(ボランティア?)をする。大人達は、天候の状態を実ながら、落ち葉焚きをして、子供たちへのご褒美として、この芋を食べさせる・・。

こんな風情も、環境の問題・・大人達も、日程やスケジュールに追われ、天候を無視して火を焚いたりするので、火災が発生・・消防が禁止する。こんな流れで、なくなってしまった秋の風情。あえて電気や別なエネルギーを使わないと、芋も焼けない時代です。

やはりおいしいのは、この焼き芋・・。
火力、赤外線、時間、温度の関係で、芋が甘くなる。

もう一つ品種の点が・・
このさつま芋というのは、交配をして新品種というだけでなく、その後何回も育成選別を繰り返して品種を固定化していくというプロセスがあるようです。有名な話は、今の教科書はどうなっているのかわからないですが・・青木昆陽の苦労話は昔の教科書に乗っていましたね。

そのくらいの苦労があり、今の品種がうまれてきている一品。芋を頬張りながら、こういう事を、焚き火の前で、子供たちに話をしてやる・・そんなゆったりとして時間も取れなくなった~。

なんか落ち葉の時期になり、ちょっとしんみり・・すみません・・・・m(_ _)m

 

 

 

 

- お米の宅急便県内無料  -

 

 創業祭での案内ですね・・。

ついでに掲載
県内送料サービスにて・・
創業祭特別企画です。

因に、どうでも良いことですが・・
この「無料」って言葉・・・
最近使い方がちがうような時が・・
このコースの料金だと無料です!!
  使い放題です!! っていう使い方・・。

すでにお金を払っているんだから・・
  無料でないよな~って思う時が・・。
余談です。

 

 

 

 

・・ふぐ・・

| コメント(0)

- ふぐ  -

 

ふぐ・・鍋が恋しい時期とはいえ・・
  本物は、ちょっと高価でむずかしいかな~
我が家でもおふくろが・・子供たちに食べさせると約束してから3年経過後・・に実現した位・・岩手県ではむずかしい一品ですね。

産地も、九州~北陸くらいまでなんでしょうね。だから、あまりこちらの地方にはふんだんにははいってこない一品です。

 FBで・・・見栄張っちゃって・・
フグ御馳走します !! ・・・
という事で・・・

新婚旅行で京都に行った時や
特別な旅行で、お財布が緩んだ時に・・
「え"いや~!! 」で食べた事が・ありました。

くれぐれも量のない時は、無理しない事!!
博多にいった時だったか、ふぐの白子がとんでもなく旨い!! という事で・・・。量のない時に無理して頼んだら・・本当に小さな3切れで、7500円だったような~!!
バブル時代だったけど・・・
以後、変な店と、フグには当たらないように注意してます。

安い店では、フグの品種を替えて食べやすい値段で出しているところもありますよね !!

 

 

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1