2013年3月アーカイブ

手作り味噌体験実演会

| コメント(0)

今年の一月から開催していた
手作り味噌の実演体験会
いよいよ本日で最終日 !!
豆もほとんどなくなって・・・
あと一人くらいは無理すると大丈夫かも?
皆様本当にありがとうございました !!

葉わさびの漬け方

| コメント(0)

昨日の葉わさびの作り方実演会で・・・八百屋さんが記載していたもの・・

参考になるかと思いアップしておきます

ゆべし

| コメント(0)

-  ゆべし -


実演会でなにかをご紹介しよう!! って
 只の、試食だけではちょっと・・
やはり何かの役に立つように・・と 

毎週毎週考えていますが・・・
今回は陸前高田の方のゆべしの作り方・・
 作った事がないのですが・・挑戦 !! という事で。

柚餅子(ゆべし)はユズの間に餅がはいっているとう漢字。以前北陸(金沢??)に行ったとき、柚餅子とあって、ユズの中に、ユズの実をすったものと、米の粉などを混ぜて、カチカチに乾燥させたものを購入してきたことがありました非常食、携帯食の感がありますよね。ユズの採れる地区ではその通りですが、東北ではユズは採れないので、きりせんしょに似た餅菓子に分類されるんでしょうね。作り方も非常によく似ている。
 東北地方では棒状と三角の二つの系統に大別という事です。
盛岡の和菓子やさんで販売しているものは、棒状にしたものを、切っって販売しているところと、キリセンショをやや丸くしたもの、短冊の大きいような一切れに粉をまぶしたもの、様々と見かけられますが、今回は棒状のものをご紹介してみましょう !! という事で、三陸の郷土料理テキスト参考書、陸前高田の熊谷チエ子さんの作り方を参考にさせていただきました。

 

 

デコポン

| コメント(0)

-  デコポン -


デコポン・・・
見てくれは悪いけど味が良い!!のが「デコポン」ブランド。品種名ではありません。

 1972年、長崎県農林水産省果樹試験場で、清見(きよみ)タンゴールと中野3号ポンカンを交配して誕生。 果形は果梗部にデコが現われやすく不揃いになりやすく、果皮は見た目が粗く成熟するとややくすんでしなびるなど、外見上の弱点が目立ち育成試験場では選抜対象とはならず品種登録はされなかった。
その後、熊本県不知火町で、品種名を「不知火」として栽培の取り組みが始まったということ・・。
デコポンはその名のとおり、ヘタの周りをデコといいこれが飛び出た形とポンカンの下をとって登録商標として「デコポン」がうまれたらしい。
県別生産順位は熊本県、愛媛県、広島県、佐賀県、和歌山県で、この5県で全国の生産量の8割という状態。

 以前は地域ブランドという形だったように思っていたが、今は日本で唯一の全国統一基準となった「デコポン」ブランド。糖酸比率(=>13:=<1)。冬みかんの味が落ちてくるころ、ポンカンを食べると美味しい!!と思っていたけど、ポンカンは種が多いのと身が小さめですが・・これはその不満分を克服してくれました。
皮が厚いけど、剥きやすい。表皮に黒い染みがでても中まで悪くなっていない事が多いので、すぐ捨てない様にしたい一品。
 もう少し色を濃くしたかった・・・・


 

 

うまいもん?? 馬芋ん

| コメント(0)

-  うまいもん?? 馬芋ん -


昨年から滝沢村で試作を繰り返していた品・・
商工観光課の「朝□□□□」さんから美味しい!!
って言われていて・・「今度御馳走します!!」
と言われていましたが・・・。


 未だに試飲をさせてもらっていない一品!!
そんな商品が、今度は本格的に販売を始めるという情婦がはいってきました。

 クィックスィートという聞き慣れない芋ですが、以前から生産をしている、さつまいも。

この芋をつかって、秋田県発酵工業さんに作ってもらった品。
  折角の地産地消の品なのに、なぜ秋田で??という疑問を持ったんですが・・どうも 岩手県で焼酎を作れるところが少ないらしいので、そこのお願いしたという事です。

 試飲をしていないので、販売前から「うまい ! 」って言えない商品ですが・・。

 これで、盛岡の「津志田芋焼酎」、紫波の「ゆくたがり」、滝沢の「馬芋ん」の三つの焼酎が取り揃えできるようになりますね・・・。

 発売されたら、店頭販売とジャンボのweb-martでもご紹介をしてみようと思っています。

 製造の裏話ですが、クィックスィートは糖度が高いので、アルコール度数が想定より高くなって、生産本数は予定より増えたという事を、酒屋さんの方からききました。

  あさって村の方々から説明を聞く予定です。
どうでもいい子とですが、ちょっと馬にこだわり過ぎでは・・とおもいますが・・。

 

みそ漬け大根

| コメント(0)
みそ漬け大根漬け・・

今日はかねてより準備をしていたみそ漬け大根の漬け込みを行う。

この大根は、味噌の豆の煮汁塩分3%で一週間漬けたらしょっぱかったので・・1%で一週間、2%で一週間あらかじめ下漬をした大根。味噌を作っている時にしか漬け込みができない一品。

大根は漬物用のものを、ちょっと干乾しをした大根。普通の大根ではない。

 

昨年のみそ漬け大根を漬けた味噌に新たに加えて漬け込む。

味噌は
平成22年の紅大豆の味噌
平成23年の白目大豆の味噌
これに漬ける
日高の高い方の昆布を式込みながら、
大根と味噌と交互にかさねて漬こみ完了したもの。
ちょうどタル一つ分にピッタリ。
これが昨年漬けたみそ漬け大根。
歯ごたえと、色、そしてしょっぱさ・・・
味噌を作るところから数えると、
三年かかっている。
漬けている最中に、「売ってほしい !」とお客様から、言われましたが・・・「 申し訳ございません、非売品 !! 」ということで・・
  漬け込みの仕方、期間、などを説明したら・・
「本物のみそ漬け大根は高いのわかる !!」と
納得されておりました。 
そうは言っても・・
その興味をもたれたお客様には・・・
ちょっと試食を出して・・
味をみてもらいました。
「旨い !!」って・・・

この「みそ漬け大根」は、市販のものは漬け込み期間を早くし、・甘くして食べやすさだけを追求していて、ご飯やおにぎりに合わないのが、
多くなっちゃったので・・
あえて、じっくりと漬け込んでいるもの。
一かじりして、
ご飯一杯はいけるもの、を目指しています。

左が昨年漬けたもの・・
右が今年漬けたもの・・
常温で・・二十年くらいまでは保管できる。
今日の昼ご飯は、昨年漬けたみそ漬け大根
ちょっと出したので、白ご飯にみそ漬け大根。

一切れをちょっとカジッテ口に入れると、
唾液がジュワー ~っとでてきて・・・
ご飯をガバガバと口にいれて噛む・・
ご飯が唾液でものすごく甘く感じる。

これが食べたくてワザワザ手間をかけて
つくっているんですね。
これからウコギの時期がくるので・・・
このみそ漬け大根は本当に細かく刻んでつくる。
楽しみですね・・・
この時期の一瞬を楽しむために・・
三年かかりますが・・
最高の楽しみです。

節電の為のお願い

| コメント(0)

-  洋式トイレ -


節電をするために・・・

まず行動を変える事で節電をして・・
いらない電気を減らしていこう!! という号令をかけていて・・・
ひとつひとつの電気器具の使用の仕方をなんとか・・ とう事で・・。
  気配りをして行動を変えて、節電できることの列挙をしてみよう !!の中からでてきたもの。
今年の二月にようやく洋式トイレに切り換えたばかり・・その二月に電気料の値上げの話がでて・・・電力屋さんから、今年の見積もりが上がってくる・・。お宅はだいたい17%の値上げになりますと・・・。
 そこで、照明もそうですが、営業日以外に不必要な、便座ヒータやウォシュレットの電気も切っちゃうことに・・。最初は使用禁止の札をはっていたんですが・・・節電だけでは、「味気ない」・・ということで・・・。メモ書きにしておいて・・お客様にもご理解と御協力を・・ということになってきました。

節電や経費節減でも・・方針が必要なので・・
「誰の役・何の役にも、なんの意味もない経費はいつどういう時か?どんなものか?・・・」「必要な経費はかけるけど、不必要な経費はかけない !!さらに徹底をしていこう !!」

ということで、ただいまさらに列挙中 !!

杉浦重剛の吝(リン)を思い出します。
最近したの娘から「ケチ !!」という話がでたので、説明をしたばかりだったので・・・。
娘に書いたもの・・あとで、写真に撮って、あげておきます。

 

宗八かれい

| コメント(0)

-  宗八かれい -


肉や洋食が続くと・・・
正直いって辛い面がでてきて・・・
「歳かなぁ~?」って思うときが最近ある。

そんなときに食べたい御馳走の干物が・・
「 これ  !! 」  ですね。
身は白身ですが、旨味がある・・。
脂はそんなに多くないのがいい!!

そしてなにより独特の香りがいい !!

この北の地方では、「なめた干し」も、個性の強さは独特なものがあります。
東北地方の「くさや」と思う一品ですが・・

昨日、娘にお願いして・・久々にたべさせてもらいました。「あ"~おいしいねぇ~ !!」って・・。

カレイの縁側とヒレの部分は焼いちゃうとバリバリ行けるのがまた旨い。
東北や北海道は、カレイの種類が豊富で、味も様々と味わえるのが、自然が豊富だと思う一面です。昔はこのカレイが海底一面に折り重なっていた・・!! 。という話があります。餌はガムをつけても掛かってきた~って、本当にゾクゾクしますね。
 干物になっているので、旬を少しはずしても、比較的安定的に食べられるのがうれしいです。

宗八>>総髪という形で、昔の男性の髪形からきているというのは、今回はじめてしりました。 

 

 

ばっけ

| コメント(0)

-  ばっけ -


娘が・・・
「お父さん"バッケ"でてたよ~!」
「え"~今年は少し早いね~~!」
という事で・・・見てきたら・・・

確かに出てる・・・

早速・・食べますーー
最初はなんといっても・・
味噌汁ですよね・・・

お碗に顔を近づけると・・
ぷ~ん~と春の香りがします。

そして味噌汁をすすると・・・
喉からお腹にかけて・・・
"ジワ~っ" と染みていきます・・・。

" あ"~ !!  "って喉を鳴らして頂ける・・。

小さな頃は苦手な一品 !!
いつも親に怒られる事ばかりやっていたので・・このバッケを採っていくと、喜ばれる・・。

親に喜んでもらうのが楽しくて、また採りにいく。

そんなこんなで、食べているうちに美味しくなってくる。食べ物の好き嫌いがないのは、親に感謝です。
①苦い②酸っぱい③甘い④辛い⑤塩辛い⑥淡味(渋みも含む)⑦旨味という様々な味・・。

残念なことに、最近は甘さ、脂っこさ、旨味調味料の味が旨いという話が、夜の番組で多いのですが・・・

ぜひ「一食一食」、食べるという事、感謝の気持ちで大切にして、素材の美味しさを・・味わえるようになりたいものです。

 どうしても大量製造・大量販売となると・・低コスト・低価格という事が目的になってしまう商品が多いんです。
すると素材を落として味を濃くして、旨味調味料をタップリいれて、賞味期限や品質を保持するための保存料や安定剤などの添加物を入れなければならなくなる・・。

そんな中でも、最近、少しずつですが・・・
これに気づいて、直しているメーカーさんが出始めているのが、嬉しい事です。

 

きびだんご

| コメント(0)

-  きび団子 -


昨日の遅くに出張してきて孵盛・・
東京や千葉でのの商品見本市やら、設備の関係の見本やらで、朝は早くから、築地を見て、二日間一日中歩き回っていろいろと調べてきた・・。

今のところ一番頭のいたのが・・電気料金の
値上げ・・昨年一昨年と節電をしてきたのですが・・さらに使用量を減らしコストを下げる事を考えて行かなければならない・・。などと・・本当に大変。

そんな中での手作りの一品を・・・って事で・・タカキビ・・きび団子・・ですね。桃太郎にでてくる日本一の・・。"モロコシ"とか"コウリャン"とかっていう五穀の中のひとつに入っている。

この最高の美味しさは、できあがりの"フワフワ !! " そして、適度な甘さの小豆にありますね~。

好みは、粒小豆・・きび団子のちょっとした"辛さ?"っていうんでしょうか・・あの味と小豆の粒の食感と非常に合う !!

最近は餅も団子もまんじゅうも、ごっちゃになっていますが・・・。

餅はもち米を撞いたもの。
団子っていうと、米の粉を混ぜて練ってでつくったもの・・・
まんじゅうは麦の粉を混ぜてつくったもの・・。
という概念がありますが、これは別なものでこねたものの"やっぱり団子"でしょうね。

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1