2012年12月アーカイブ

お汁粉・・

| コメント(0)

- お汁粉 -

お汁粉の実演会を・・
来年ご紹介しようと・・・

昔若い時食べてた・・田舎汁粉・・
福富という店(今もある)・・

高校時代の先輩につれられて・・・
運動系のクラブをしていた頃・・
遅くなって、帰りにお腹が空いて空いて・・
腹が減りすぎて家に着くまでに
死んでしまうと思う位、腹が空いて・・
先輩の進めで・・うどんを食べた・・・・

その時にメニューに書いてあったのが・・
田舎汁粉・・・田舎しるこって???
次回に、その田舎汁粉をたのんだら・・・
やみつきになって・・・美味しかった~!のイメージが今でも記憶に残っている・・。

餅の香ばしさと小豆の香りと程よい甘さ・・。
その田舎??がなかったら、田舎汁粉の意味がわからなかったと思う。 

もう一つ盛岡のある餅屋さんでは・・
確か・・汁粉と小豆餅だったような~
その店は、お汁粉とは別物扱い。

呼び名が様々なので・・・
たのむ時は、一応確認してから
たのむ様にしています。
個人的には田舎が好きですねぇ~(笑)

小豆もちを年の初めに食べる理由も・・・あった~

最後にもう一つ拘りたいところが・・・・
やっぱり香ばしい餅が入って欲しい~!!

 

キンキン

| コメント(0)

- キンキン -

「喜知次」、「吉次」
「キチジ」「キンキ」「キンキン」、「メンメ」まではときどき聞く名。
場所によっては・・、「メイメイセン」、「メメセン」,「アカジ」、「コアカジ」「フレソイ」、「キンギョ」、「ジャミキン」、「ショウキン」など大きさで呼び名を変えたという話を聞いた事があります。

岩手では、昔はタイはなかなか手に入りにくかったので、サガやメヌケと共に赤い魚だったので、お祝い魚としてもよく使われていた。
そろそろお正月、全国的には「目出鯛(メデタイ)」だけど・・地区の特性も忘れないようにしておきたいものです。
前にも記載した事がありますが、「サガ」等も本当に珍しくなり、昔を思い出して思いっきり食べたい一品でもありますね~。
 そろそろお正月・・普段には食べられない物を食べる。
  今は普段から御馳走晴れ型の料理を普段に食べる時代になってしまった。「ヒジキの煮物」より「とんかつ」の方が売上を上げ易いって言う事で規模を拡大してきた。これは小売業スーパーの功罪だったのではないかと反省をしています。
 ケ型の料理と晴れ型の料理をちゃんと使い分けていた昔の人たちの知恵。大切にしておきたい精神性です。

昭和40年位までは、比較的値段の安い魚だったので、「開き物(干物)」が多かったイメージがあります。生で入荷する時は、木箱にゴチャっと入っていた。
でも今は高級魚になっちゃって、なかなか口に入りにくい一品です。
仙台の蒲鉾のイメージになっているのも多分この魚。昔はとれすぎて「名物笹かまぼこの材料にしていた」という事で、白身の魚でもあります。
 


 

フライドチキン

| コメント(0)

- フライドチキン -

フライドチキン・・・
クリスマスも近いので・・・
今年は、ホームクリスマスを計画されている方も多いのでは・・・
そんな感じの中で、この商品が今年かな?
でてきました。

いろんなフライドチキンの粉がありますが・・
この商品は良くできている一品かと・・・

揚げたあとの表面の皮が・・・
高いフライドチキンっぽいので・・
2000円も3000円も出して出来合いを買うより・・・今年はず~といいかも・・・。

特に子供たちと一緒につくるって事・・・
本当に大切な事だと、最近さらに実感してます。ついでに揚げ方も少しだけご紹介をしておきます。
二度揚げですよね・・。肉の中はジューシーにして表面はパリパリに揚げる・・。
これができれば、グー!!

早速食べてみたけど  。・。・。~~
あ"~ビールが欲しい !! 一品ですね・・。
赤ワインもいいでしょうね・・・。
ケーキやローソクでホームクリスマス・・・
お金をかけなくても、幸せを感じますよ !!
続きにオーマイさんの粉掲示しておきます。


 


 

ぎんなん

| コメント(0)

- ぎんなん -

ぎんなん・・銀杏・・

今年も入荷してきましたが・・・
今年は小さいのが多いので、大きいのだけを入荷して販売しています。・・
このギンナン・・
週初めに商工会の研修で・・東京にいってきて・・晩の懇親会の場所(螢)で・・・
食べたんですが・・・いや~美味しかった !!
様々な、珍しい、ごちそうを沢山いただき、そして、作り方も勉強してきました。
その中のひとつで、このギンナンの塩漬けの事が今回感心したところで、その事を調べてみたら・・・やはりそうでした。

色だけではなく、栄養も・・いいということで・・
早速自分でも、ジャンボで販売している「ギンナン」を買って、ためして見ることに・・・。
 もう一つ、「ギンナンの電子レンジ封筒包み」
これは便利ですが、やはりこういう形で味を追求する場合は絶対に焼くですね・・。
ここのお店で、焼いたギンナン食べてみたら、やはり実の香りと甘さそして旨味がでてきます。
お皿の上に塩、その上に乗せてでてきました。スパー木の実ギンナン!! 今年は、粒の小さいのが多いけど、できるだけ大きいのだけ入荷をしているつもりです。すみません!!


 


 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1