2012年11月アーカイブ

来年の干支

| コメント(0)

- 来年の干支年賀状の案-

創業祭も終わり・・

 またそろそろ年賀状の時期・・・

干支を調べながら・・・
長いのを細かく描くのも大変なので・・・
とりあえず頭だけでいいかも・・・って事で・・

今朝一応このカラーを描いてみて・・
モノクロにかえて・・・

 今朝おふくろにみせたら・・・
気持ち悪い~だって・・・

だめっぽそう ・・・

残念・・・


 

ながいも

| コメント(0)

- ながいも-

 問屋さんと話をしていて・・
「青森で長芋の飴がある」という話を聞いて・・
「なぜ?」っていう話をしたら・・・・
「なんか、インフルエンザ予防って事らしい・・」との話・・。
「本当にいいの・・・?」
「詳しい事はわかりませんが・・・そうらしいです」ってな会話のあと・・・調べてみました・・。
ムチンというネバリ成分があるので、強壮と粘膜強化!! とビタミンが主な長芋の特徴と理解していたのですが・・。
この研究内容を調べていて・・新たな発見。

我々の目的は、お医者さんや薬屋さんでないので・・・。
1."医食同源"・・・普段にある食材をバランス良く食べていただいて、健やかな生活を !! っていう事。そんな意味で、こういう研究が進むと嬉しいですよね。
2."食文化の継承"先人の食の中にある、知恵(食文化)を継承する事!!
3.新たないい食生活を作り出し、豊かな社会をつくっていこう。
なんて夢が・・・・。
美味しさ、温かさ、家族や地域で一緒に食べる楽しさ・・あくまでも食ですね・・。
人が良い状態が「食」を最近本当に気づかされます。
 家族が忙しく、また核家族化のためか、「個食」「孤食」が増えて、お腹を満たせば・・・!!
決して、省手間、高カロリー摂取と、サプリメント漬けにならないように、せめて、出来るだけ週に何回かは、一緒の時間をとっていきたいものです。
 ご飯と具沢山の味噌汁、そして、こんな長芋の千切りなんかがあれば、ごちそう料理漬けより、嬉しい・・。普段食と晴型食・・バランスをとって、豊かな食を・・。

 


 

そばがき

| コメント(0)

- そばがき -

 そばがきの食べ方を教えて!!ってというお尋ねがあって・・
 「え"~」っていう事で・・・

 おふくろと確認してみたら・・・
私が覚えているのと違った・・・・

 私が父方の婆さんから教えてもらったのは・・「碗がき」で・・・おふくろは、自分の母親から作ってもらった、方法を教えてもらったので・・・記録として残しておきます。

 様々な作り方があると思うけど・・
この作り方は、なるほど、合理的!!
作る工程に無駄がなく、煮汁(そば湯)までキレイに頂ける・・・。

そしてなにより、石油ストーブの上でも、簡単に作れるので、お腹が空いた、子供達のおやつにも便利ですね。

 そば粉を使ったクレープとか、手の込んだメニューもありますが、これだと敷居が高くなく簡単に作れて美味しい!!

  特に新そばの時期には、いい作り方!!

「こりゃ~昼飯に簡単便利で丁度いい!!」って、コレステロールが気になっていた、カップラーメンの替わりにしばらく食べられそう !!

おふくろの知恵、先人の知恵に感謝 !! 

  因に食べる時の醤油、この場合はやはり生醤油がお勧めです。最近いい生醤油が大手メーカーさんからも、でてきて、香りがたって旨い!!

 


 

たくあん漬け

| コメント(0)

- たくあん漬け -

 塩麹、味噌、甘酒、漬物・・・いずれも発酵食品~♪

という事で・・前回からの引き続きで・・・
  たくあん漬けをレシピ化しておきます。
八百屋さんたちは山形の干し大根をお勧めするはずですが・・・地元の干し大根でもおなじです。
 八百屋さんの説では、こちらと山形では、空気が違うので、うまく干せてるというのが、そのお勧めの理由、別に自分で干したのでも、問題はありません。
 
この漬け方はここ十年も前から、毎年お願いしている、滝沢村の漬物の名人・・食の匠

  発酵と腐敗の違いは、菌の活動の結果の生産物が、「人間の体にとって有益であるか?」「有益でないか?」によりその違いがあります。冷蔵庫もいらない、エコで万が一の時にも大丈夫な保存食でもあります。
 香り(方言で・・・かまりっこ)がよく、歯ごたえがよく、そして食がすすみ、さらにお腹にもいい !! こういう知恵を日本人が持っている?・・いいた?・・本当に大切な食の文化だと思います。ファーストフード化と簡単便利化がすすんで、シロップ漬のたくあんが多くなっています。ぜひ本物を・・・そしてDo it Your Self 本当の味が・・やっぱりいいです。

  個人的には、一年経過した位の古漬けが好きなんですが・・・嬉しいことに、この古漬け好きの同士がいてくれるんですね・・。古漬けバンザイ!!

 もう一つこだわりが・・・タルから出した瞬間がやっぱり、最高の味なので、絶対に糠床はかき混ぜないで、順番に取り出して食べる!!ですね。

 


 

おっほー

| コメント(0)

- おっほー -

 そろそろでてきました~。濁り酒・・・
活性のものを・・・本当は摂取したいもので・・。

お客さまから「発酵食品を勉強するなら、どぶろくも勉強しろ !! 」って本を頂戴した・・・。

その本の一番先頭に・・「濁り酒は百薬の長」と書いてあった・・。「人間の腸には500種類100兆個以上(重さで1.5kg)もの腸内細菌が生息している・・・それらは一種の生態系を形成し、人が消化しにくい食物を分解したり、吸収しやすくしたり、病原細菌が腸内で増殖するのを防いで宿主である人と強制している・・。」の下りを読んでいて、昨年の秋から、このお酒を食前酒にお猪口一杯だけ母親と一緒に飲む様にしていたら・・・。確かにそうだ !! と実感。このお酒は温度が上がると発泡して噴いちゃうので・・販売するのは止めて、自分で飲む用にして冷蔵庫で管理してて飲んでいた。
汚い話で恐縮ですが、私は何方かと言うと、柔らか液状系(付き合い酒が過ぎると)・・で、おふくろは出ない、溜まり系・・・。

 という事で、飲み続けていたら、どちらも改善。適度なバナナ系に・・・。こりゃぁいいや~ってな事で、毎晩お猪口で一杯・・。またまた汚い話ですが・・痔の方も・・ここら辺を改善すると・・・非常にいい。血圧血糖も安定していい様な感じが、私とおふくろは、今のところ感じております。


さらに・・・・の方に・・・。
どぶろくに欠かせない麹はデンプンやタンパク質を分解する酵素の力が強い。またアルコールを醸しだす酵母は、もろみの栄養分を濃縮してアミノ酸、ミネラル、ビタミン類などが豊富。さらに酵母の細胞壁には、抗アレルギー作用や、免疫機能を高める作用があるとの研究もある・・・と書かれています。

岩手にはその他にも、よいお酒があります。「おっほ~」さんを紹介しているのは、ただ好きなだけです。あとはお好みのお酒をお選びいただければ・・・・・。大釜のお酒やさんに結構でてきております。もちろん「おっほ~」さんも・・・。
 因に守貞漫稿にも甘酒がでてましたが・・原理は基本的におなじですね。塩麹、味噌、甘酒、漬物・・・いずれも発酵食品~♪

 


 

牡蛎

| コメント(0)

- 牡蛎 -2012/11 -

 そろそろ牡蛎の季節なので・・・

牡蛎ご飯をご紹介しようとして・・・
いつもお世話になっているかき小屋さんに・・・
今年の状況を聞いてみたら・・・
海水温が高いのか・・なんなのかがわからないけど・・・まだちょっと早い・・という話。

今年の、この海水温・・・
  鮭もまだ・・・カキもまだ・・・って??
  旧の暦ではまだ、9月なので、こういうのも関係しているんでしょうね・・・。
  今年は閏の三月があり、春の三月が二回あって、夏も遅く、残暑も厳しく、秋も遅い・・・
こんな感じなんでしょうが・・・
  生産物や収穫物を扱う我々にとっては、非常に厳しいです。

季節の商品が売れない !! 食べられない・・というのは・・
カキの養殖をされている方々、折角復興をし始めてきているのに、海水温で影響がでていて・・・と本当に・・「なんとかならないか?」とでも言いたくなりますが・・。

  自然には勝てないですよね・・。
手を合わせて、早く出荷できますように ・・!!と拝む気持ちです。

それでも、今年のカキはこういう風に食べたらいいんじゃないか?って教えてもらったので、それをご紹介しておきます。


 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1