2012年10月アーカイブ

ヒラツメガニ -通称ヒラガニ-

| コメント(0)

- ヒラツメガニ - 通称ヒラガニ

 ヒラツメガニ(平爪蟹) 地区の人たちは「ヒラガニ」と呼んでいる。
マルガニ・キンチャクガニ・エッチガニ・スケベガニ・ホンダガニ・ヘラガニ:・アカガニ・シロガニと名前が多いので、全国各地に生息している蟹。

  「えっちがに」は背中の模様が[H]にみえるからという事で、別に精力が付くとかスケベになるとか・・・という事ではありません。

 釣りをしているときに、間違って引っ掛かってくる蟹。ドツンと二つとか四つに割って、カニのダシをとって食べた記憶が・・。
 カニ釣りの仕掛けは、餌を付けて、網のついた仕掛けだ。市場流通するほどの物でないという事ですが・・・久慈の北三陸天然市場さんと話をしていて・・「ひっつみの時ダシは最高 ! 」って話を聞いて・・・"え"~ひっつみで食べたことない" という事で、早速お振る舞いに・・。
 浜出身の方が・・このカニにガブっと野性的に噛み付いて食べているのをみた時に・・・"え"~!!"って思った、それも贅沢なことに、タップリ茹でて、カニ味噌と身の一番多く付いて、一番美味しいところだけを「ガブっと」一口だけ食べて「ポイ!!」と捨てて、次の蟹にかぶり付いて食べていた・・。
  あとあと調べてみたら、身が少なく甲羅が柔らかいので、ダシにするか、野性的にガブっと食べるって書いてあった・・海の資源が豊富な時代の食べ方だったんですね~。贅沢!!
 小さな脚の肉を楊枝でホジッテ、無口になって食べるのは、陸の人間だった~。
 



 

大根2012

| コメント(0)

- 大根2012 -

 今年の秋大根・・・

いつも夏の暑い時期に種を蒔く・・・
8月のお盆過ぎ当たりから好機を狙い・・
畑を耕し、畝を立てて・・雨の降る状態を確認して・・
雨の降る前あたりを想定しての種まき・・
ですが・・
今年はそのタイミングがこなかった・・・
残暑と稀雨(少雨ではない)の状態・・
仕方がないので、種を蒔いて水やりで・・
35度を越える状態が続いたので、芽がでない。何回も蒔き直し・・白菜やキャベツも同じ状態。

それでもなんとか、育ってきて形になってきましたが・・・
「今年の秋大根は皮が固く、筋張っていて辛い !!」という話が聞こえてきた・・。今のところ産地は下りものだったようですが・・。

という事で、一応固い大根の場合は・・・
この暑さの中で、折角育ててくれた大根なので、「ダメだ !! 」という事ではなく・・。

切り方で調整をしちゃおう !! ということですね。固い皮も捨てることなく、葉っぱも捨てることなく、調理しちゃうと、一品増えます。
一品のお惣菜を買いに行く時間とお金があれば十分お釣りがでて、できちゃう・・。
惣菜は応用ができないけど、素材があるとやっぱり応用ができて経済的・・そしてなにより、美味しいですね。



 

無袋ふじ -サンふじ-

| コメント(0)

- 無袋ふじ-  -サンふじ - 

 
サンふじを描いてほしい・・って言われたって・・(泣~)
 昨日の販促の会議のときに・・・
「あのね~リンゴを描き分けろたって・・
  普通だとリンゴを描くなんだけどね~・・・」
という位、こちらの地区では、リンゴの種類が多いのと、そしてそれぞれを当たり前のごとくに買い分けているんですね・・・。

 もう少しするとでてくる、岩手のふじですね。晩生のリンゴです。
  いろんな新しい品種が毎年の如くにでてきますが、個人的には、一番好きなリンゴのひとつです。
 甘さと酸味のバランスと、その食感がいい !!
やはりリンゴはこうありたい!!とおもう一品。

 見てくれより味で選ぶならとにかくこれ!!
生まれた状態は、まるで奇跡の様です。2004個の種の中から、960本の実生の苗の中から偶然の様に生まれた一本がこの「ふじ」(当時は名前が違ったけど・・)
  今は接ぎ木などで世界中で生産され、そして世界で一番生産量の多い品種でもあります。
 遺伝子操作などのバイオもいいけど・・こういう地道な努力と研究を何年も重ねて生まれたこの貴重な品種。

 原木が盛岡にあり、御歳七十六才という事です。
 葉っぱの先から根っこの先まで純粋な「ふじ」東北農業試験場に植えられていますので、


 

冬みかん

| コメント(0)

- 冬みかん-  - 温州みかん - 

 
北国の人は、・・・

南に行って・・・木にミカンがなっているのをみると・・・歓声をあげる・・。逆に南の人は、林檎がなっているのをみると・・歓声をあげる。
  と・・数十年前に九州に旅行にいったときに・・バスのガイドさんが話をしていたのを思い出します。

  柑橘系の木というのは、北国育ちにとっては珍しく、昔アメリカにスーパーマーケット研修にいった時・・ホテルの隣にレモンの木があって・・本当に大きなレモンがなっていて・・珍しくて・・珍しくて・・ガマンができなくなり、夜にコッソリ木に登って大きなレモンをとって(盗んで)きて・・小さなレモンは酸っぱいけど・・大きな実は多分甘いだろう !! って思い、ナイフで切ったら・・中身はスカスカで、がっかりしたことがあった・・(三十数年前なので、時効かな)のを思い出します。

  岩手の人は、リンゴは種類で話をするけど、冬みかんは多分全部同じ種類に感じているはず・・・・。正直私たちも・・冬みかんについては、極早生、早生、中生、普通という位にしかわからない。せいぜい普通の、大津とか、青島くらいで、あとは産地でみているのが現状ですね・・。

それを説明しろっていうのは酷というものですが・・・嬉しいのは、原産は日本の鹿児島という事。昔は、中国の温州が原産で温州みかんになった・・・って教わった事があったので・・。

 むずかしいのは、味の好みですね。百人百様なので、「美味しいの 選んで!! 」って言われる事ですね。


 

ゼネラルレクラーク

| コメント(0)

- ゼネラルレクラーク - 

 
今年の残暑の関係か・・

早生の林檎・・・味はどうも今ひとつ・・。
甘さは程々ですが・・酸味が少なく・・
比較的ボサボサになりやすい。
通称味がボケている・・・。
そんな感じの年のような・・・

そんな中で、この洋梨(ゼネラルレクラーク)がでてきました。
  私たちの役目は、あちこちの産地の中から
できるだけ美味しい産地を探してご紹介する・・。青森が有名な一品ですが、ここ数年前から、盛岡周辺産の品もでてきている。

青森産の粒が大きく、黄金色の一個一個包装された品は超高級品 !!。洋梨の中でも美味しい種類に選ばれる一品。
  このレクラークは、ただ甘ったるいだけでなく、洋梨の割には、酸味が入っているので、個人的には好きな品種。酸味が入ると味が濃く感じます。

 今年の、早生の林檎はこの糖と酸の割合と果肉の食感がいつもの年と違う年だったので、正直「美味しい!!」って、お勧めしにくい年。
  10月に入って温度が急速に下がってきて、これからでてくる中生~晩生の果物に期待したいものです。

フランスの郊外で発見された、変種の一品。今年の残暑は人にも辛かったですが、農産物に与える影響も大きい!!
果物隔週、量は少なく、粒も小粒とかっていう傾向が多い。被害は少なくあってほしいと思いながら、今年の暑さの中でよく頑張って実ってくれた・・。と今年は感謝の気持ちで、手を合わせて、いただきます。

 

肉じゃが

| コメント(0)

- 肉じゃが - 

 
肉じゃがの実演会をする??って事で・・

今年は、農産物も残暑の為にあまりよくない。魚も暖海水の関係で正直本当によくない状態、サケなんか現在の前年対比で1/10という本当に大変な状況です。
折角復興の気持ちでやってきているんですが・・なんとか採れて欲しいと願う反面、ぜひ沿岸の魚やさんの商品を少しでも買って欲しい!!  って思っています。

 面消費される方々も公的な負担が増えてきて・・また支給や手当てなどが減らされてきていて、実質手取り収入が減ってきているのも実情。会社もさまざまな負担が増えて大変。、「本当にこの国は、世界は、どうなっちゃってんだか!!」っておもちゃいます。

そんな中でも、一般の家庭料理にもなっちゃっている「おふくろの味」。日持ちもするようになってきたので、少し多めに作っちゃって、食べ繋いでいく事と、形を変えてメニューを変えて食べていくのも、お得になっちゃうという事を提案しよう !! って事で・・。

もともと、ビーフシチューが基本の一品なので、同じ素材を使って、シチュー→肉じゃが→コロッケ→最後はお好み焼き??という形で、一回仕込むと、無駄なく使い回していける一品でもあります。まぁ~C級グルメとでも言うんでしょうかね。計画的な一週間のまとめ買いはお得です !! こんな一品でもありますね・・ !

 

2013 オリジナルカレンダー 素案

| コメント(0)

毎年この時期になると・・・
作らなければならないカレンダー・・・・
日付と旧暦新暦六曜十干十二支祝祭日二十四節気雑節などをいれて・・・
こここれらを計算し出力するするプログラムを作り直しして・・
まずとりあえずの素案ができました !!
これを元にして・・・祝日祭日の確認(国会で決定の為・・)
雑節の確認・・
11月の創業祭で・・ご来店のお客様に、限定各3000枚くらいずつ、プレゼントするものですね・・。

2013 ジャンボオリジナルカレンダー原稿

--2013レシピ編--
--2013素材編--

新米2012

| コメント(0)

- 新米 2012 - 

 
先週から新米がでてきて・・・

最初に買って、食べてみたら・・
「あれ !! 」って・・
いつもの新米の様に、水を少な目に炊いたら・・
ボソボソしてなんか旨くない!!

そこで、水を普通よりちょっと多めに炊いたら・・
あ"~これですね~!!って感じだった・・。

今年の残暑や渇水の影響がやはりでているようです。
今後注意しなければならないのは・・
(1)刈り遅れ (2)入水不足  (3)高温乾燥
などによる胴割れや砕け、シラタですね。
※保存にもご注意を・・!!

 放射能の基準は全県で基準値以下という事ですが、やはり正規ルートで今年も入荷して販売しようと・・思っています。正直米の世界は、昔他県の精米業者さんに騙された経緯があり、ちょっと怖い部分があるので・・・。

 一等米に等級外の米をまぜられたり、魚沼コシヒカリと言われ、もち米が入った米がきたり・・。そういう意味で・・安さだけを追求するより出来るだけ美味しく安全っぽいのを・・。

 店頭で販売していると、「チラシの安さに踊らされて買ったらひどかった~」って・・。そんな事をお話されるお客様もいらっしゃるのも事実です。
 美味しいお米だと、オカズ一品少なくても満足できます。最終的に安くつきますよ~。

今年の残暑は人にも辛かったですが、農産物に与える影響も大きい!!
果物、野菜、水産に悪影響がでなければいいのですが・・なんか出始めていますね。
 大変な年になりそうです。
皆様に美味しく安くそして健康的に食べられる方法を考えなければ !!

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1