2012年6月アーカイブ

熱中症対策 -食品の面からの-

| コメント(0)

- 熱中症対策として・・ -

 
今月に行った、健康診断のときに・・
栄養指導を希望し、してきた。

そのときの結果はまずまず・・薬を飲んでいるコレステロール以外は、特に問題なし。
 コレステロールは先天性か職業病か?
 とにかく試食をしてから、販売する商品を決めるので、多い!! 一日三回しか食べる時がないので、正直つらい面もあります。

そのときに・・熱中症について聞いてきた。
そしたら想定どおり、水分補給には、味噌汁を半分に薄めたものを飲むがいい!! という事を聞いてきた。

 そして、朝ご飯の件も・・夏は多く汗をかくので、特に、朝はきちんと、ご飯を食べずに来ると、水分も寝起きで不足の状態できて、人によっては塩分も不足して・・、その状態で暑いところにでると、水分不足、塩分不足となって熱中症を起こす場合もあるという事。
 子供たちの朝御飯の写真を撮ってもらってきたらポテトチップスという子も居たという事のようです。
 特に夏場の汗をかく時期は、日本食というのは、基本がしっかりしているので、おすすめという話でした。
 いまの時代は、栄養不足という事は殆どなくなってきたので、今度は水分、塩分、炭水化物などの、栄養をコントロールするという事なそうです。
 ご高齢の方でも、一人では、朝に仏さんにあがっていた餅が朝御飯だった・・という方も、暑いところにいって熱中症ということになった例もあった・・という事です。
  これから暑くなっていきますので、ぜひ朝御飯を・・!! 味噌汁・ご飯は熱中症にならないようにぜひ気をつけてください。




 

 

 

シバタ 焼肉のタレ

| コメント(0)

-  シバタ 焼肉のタレ  -


青森十和田の上北さんのタレはメジャーになってきてますが・・

秋田の代表は、やっぱりこれでないかと・・
粘性が高めのたれですが・・
増粘多糖類ではなく、普通の食材をつかって・・
無添加で販売しているメーカーさん・・。
ちょっと辛さが強く感じるかもしれませんが・・

"おいしい・・"
昔ながらの焼肉のたれ・・。
今のはやりのタレはサラサラがおおいですが・・
モミタレ、ツケタレを使い分けていた時代は・・
やはり絶品だとおもいます。

甘さと酸味は、リンゴや梅などの、自然食材。

うれしいことに、手作り・・・
量はできない。そういうところに意味がある。

このタレは・・・ぜひお試しを

 

 

 

アボカド

| コメント(0)

- アボカド -

 
最近ぬか漬けにはまっていて・・・・

 何でも、ぬか漬けにして試している。
発酵食品の王様というぬか漬けをテストしながら・・「何が旨いか??」などと。いろいろ試してしていて・・・。

 「うん !! これはいい !! 」というのがこの一品でもあります。

 うちの娘たちは、よくサラダなんかにサイの目に切って乗せて出してくれますが・・・。
 正直トロ~リ感はいいのですが、ちょっと青臭いのが、あまり得意でなかったのですが・・・。
  ぬか漬けにしたものを食べると・・・「まるでチーズみたい !! 」って事になり、早速ワインを出して合わせてみたら・・「うんこれまた合う !! 」って事で、一・二週間に一回くらいのペースで、580円くらいのチリ産かアフリカ産の赤ワインと合わせて食べている。(最近は南半球のワインもすごく良くなってきています。)

 さてこのアボカドは、サイズは大きい方が可食の部分が多いので、小さいサイズをかうより、中身的にはオトクになります。大きくても小さくても、種のサイズは大体同じなので・・・。

  併せて、皮を剥く時は・・・完熟になったものを、ナイフと指で挟むようにして、引っ張るとキレイに剥ける・・。完熟の桃の皮の向き方と似ています。
 手でもって、少し柔らかくなったかな~ってところが頃合いではないでしょうか??。
「ぬか漬けと赤ワイン」変な組み合わせですが・・・美味しいのは美味しい。

 因みに私は、そんなにワインは飲まないのですが、年に一度位、メッチャ臭いブルーチーズとフルボディの赤ワインと併せて飲むのが楽しみの一つです。アボカドのぬか漬けは、お酒のおつまみとしての一品ではないでしょうか。

 ご家庭で自家製の「ぬか床」をおもちの方専用の楽しみです。アボカドは完熟の物をつかうので、流通・店頭販売は絶対に無理な一品です。


 

 

縞ホッケ

| コメント(0)

- 縞ホッケ -

 
縞ホッケ・・・・

 干物の中でも人気の一品。
通の方々は真ホッケの方が美味しい!!
といって、眉をひそめる方もいらっしゃいますが・・・十分に美味しい一品。
 今はロシア・アメリカ・そして中国からも輸入がはいってくるようになりました。
我が家では、父親がホッケだけは出してくれるな !!  ということで、下魚扱いをしておりました。これは、鮮度管理の良くなかった時代の配給のときの思い出が強かったのではなか???とおもいます。そんなイメージの品でしたが、大学のときに、北海道の友達と、函館赤ちょうちんにはいった時です。その友達は、「ホッケ」を頼んだ。「え"~ ほっけ~・・」という話をして、がっかりした声をだした時。「何言ってんだべさ~、ホッケは旨い魚だよ !!」って、この魚の皮まで食べる食べ方を教わった思い出があります。
 「確かに旨い !!」という事で我が家でも人気の一品になったものです。
 真ホッケの方が味がある??という感じですが、脂ののりは、この縞ホッケいい !!
 実演会で試食した時でも、やはり、意見が分かれた一品でもあります。
 「どっちが旨いの ?? 」って聞かれますが、先入観を持たずに、自分の舌に忠実にいきたいもの・・。 誰かが美味しいといっても、自分の舌に合わなければ、満足しません。
 ぜひ、機会があったら、食べ比べをしてみてはいかがでしょうか?
 ただ・・小さいのよりは大きい方が美味しい!!
必ず一人に一尾を付ける必要はないので、切り分けて、美味しい分を適量にいただいた方が、この魚は絶対お得です。

 以前、「私は、生鮮のコンサルタントだ !!」 って方から、生鮮は絶対価格ですよね !! って言われた時に・・・。「じゃぁ~1尾88円のホッケと1尾380円のホッケは、どちらが安いんですか?」って答えたら、「88円の方が絶対にいい !! 」という答え・・・・。
「え"~1尾88円のホッケが安くて良くて・・1尾380円のホッケはダメ ~ ?? !! それは違いますよ !! 」「絶対に380円のホッケの方が、食べる価値がありますよ !!」 って反論した事を思い出します。


 

 

ささげ

| コメント(0)

- ささげ -

 
ささげ・・・・

結構発音が難しい一品でもありますね・・・。
人によっては、「ササギ」と発音する人もいるし・・ササゲとハッキリ標準語みたいに強濁音で発音する人もいらっしゃる。
私のうちでは、そのちょうど中間の半濁音っていうんでしょうかね・・・それで発音してしまう。

さて私が覚えているのは、夏に莢を食べるのは基本的に全部「ささげ」って事になっちゃってます。
図鑑とかでは、ササゲとインゲンは違う事になっていますが・・・全部「ササゲ」ですね。

商売がら、なんとか区別しなければならないときは、わかっているインゲン豆以外は全部「ササゲ」って事にして逃げている。

いずれとても種類の多いササゲ、インゲンの種類なので、ツルのあるのも無いのも含め様々、そして食べ方についても様々とあります。どちらの種類も生の野菜として食べるのと、乾燥した実で食べるのといろいろあるので・・・正直なところ、どれがとっちかも、わかりません。

 ひとつだけ注意が・・・乾燥豆を食べるときは、必ず10分以上加熱した方がいいという事は守った方がよさそうです。過去に中毒症状がでた事例があったはずです。中毒になったのは、なんか粉にして3分煎って・・・という食べ方だったような・・。


 

 

魚の糠漬け

| コメント(0)

- 魚のぬかづけ? -

 
岩手の県央部ではあまり食べないか?・・・と思っていたら・・・時々聞かれる他、奥羽山系地方の方々も昔は食べた~という方が結構いらっしゃる。

北陸がやはり多いだとおもいますが、北海道のヌカサンマ、それから普通のぬかみそに漬ける食べ方など・・・食べ方はいろいろですが・・・調べてみると大体三種類位の食べ方になりそう。
 岩手柿田では「ぬか」の事を「こぬか」って言い、「ぬか」と言うと「もみ殻」を指している事がもあるので、あえて、「こぬか漬け」と区別して表現をしている地区もあります。
 魚を塩漬けしてから、こぬかに本漬けする方法と、直接ぬかと塩のものに漬ける方法、野菜などに使う、ぬかみそに漬ける方法の大雑把に分けて、三つくらいでしょうか?。あとは好みによって、また保存の関係で麹をいれる方、酒の粕をいれる方など・・本当に様々あります。
 一番の基本はやはり、塩漬けをして、塩汁を出してそれから本漬けをするのが、昔冷蔵庫の無い時代、常温で食品を保存する一番の基本の漬け方なんだとおもいます。今は冷蔵・冷凍庫があるので、ぬかの香りを保ちながら、冷凍庫で保存をして、使う方法もあるようです。
お茶漬けにあう!! というのが共通している事と・・・
もう一つ、ちゃんと火を通して食べる事っていうのが、基本です。通ぶって生で食べられる・・は、自己責任です。

もうひとつ、フグの卵巣の毒も消すというぬか漬けですね。

 

 

えんどう

| コメント(0)

- えんどう? -

 
えんどう・・・
以前はエンドウ豆って言っていたけど・・・
字を調べていて・・・豌豆(えんどう)にはすでに豆の字がついていた・・・。
豆を「ドゥ」と呼ぶのは、中国の言葉でしょうね。
方言では「スガワリ・・・」秋に蒔いておくと春先氷を割ってでて来るという意味から、この名前がついたと父親が生前話をしていたのを思い出します。春一番最初にでて来る豆がこの豆なんだ・・という話。昔は冬にはあまり青物野菜が少なく・・葉物は、芥子菜、クキタチ(方言で--クギダヂ--)、ホウレンソウ、山菜がでてきて、そしてその次にでてくる生の野菜という感じだった気が・・。

昨日午後畑にちょっとでて・・エンドウの花がとてもキレイだったので。。写真とって・・・。

実もなっていますが、莢を食べるのではなく・・大きくしておいての豆ご飯にして食べるために残している。
大好物なんですが、一年に二~三回位しか食べられないので、本当に楽しみです。その二~三回も、早い方の白花エンドウと遅い方の赤花エンドウの二種類をかなりの本数植えているんですね。

 時期が非常に難しい・・。莢だけの状態では実がはいっていないし、出来すぎると固いし、グリーンピース状態でもダメだし、莢が白っぽく透明になり始めたときが、一番美味しいタイミング。このタイミングは、一年の中でも一週間もないんですね。。。

 このご飯がでてくると、いよいよ夏が始まってくる・・・そんな一年の行事です。
家族みんなで、この豆ご飯を食べるために執念を燃やして、手入れをしている。
喰いッ気たっぷりの我が家ですね。

 一人で暮らしていた、学生の頃この豆ご飯食べたくて・・・
隣の八百屋さんに頼んで、古くなった莢付き豆を取っていておいてもらって、自分でつくった・・。喰いたさは喰いたいけど、豆の状態もわからず、つくり方も知らず、最初から若い豆をいれてご飯を炊いたら、ご飯と豆がグチャグチャに煮えてしまい・・・ご飯の中に鶯餡が混ざっているような状態に成ってしまった・・・。事を思い出します。
やはり素材の状態とつくり方は大切なものだと・・そのとき反省。いても立っても居られなくなり、実家に戻って、思い切り食べたのを思い出します。

 

え"~足の測定?

| コメント(0)

- 足の測定?? -

 
今週の特別実演会は・・・
なんか足の測定をしたい !! って・・・
なんか靴の内野さんが・・・・

特別企画で行うという事です・・・

「社長しってらが~?」
「右と左の足の大きさが違うって~」
「知ってるよ~」
「んだば、社長の足の大きさは~?」
「・・・・????」

確かに知らない・・・
今度の日曜日、6/17日に朝の10:00~夕方の16:00の間、無料の測定会を行うという事で・・。

ついでに計ってしまいましょう。
今回はデータを持って帰れるという事で、専門の靴屋さんにいくと、ピッタリの靴を合わせてくれるという事なようです。

コマーシャルではありませんが・・靴の内野さんもちゃんとやってくれます。

その他特許の靴がでた~という事で、購入してしまいました。
ヒザ(膝)への負担を軽減する靴という事で、メディカルシューズという事らしいです。
確かに履いてみると、違うような・・・気がします。(まだ一日しかはいていないですが・・・)

 

 

ヒヨドリ?の巣発見 !!

| コメント(0)

鳥の巣発見しちゃいました!!

上の娘が青山椒の実を採りに行ったら・・・
巣発見・・・なので・・・
今年は青山椒の実は採れなくなってしまいましたぁ~ !!
「ピリリの山椒の佃煮」はダメになってしまった
鳥の格好をみると・・多分「ヒヨドリ」

2012/06/10 親の居ないときに・・卵1個

 

2012/06/11  同じく親の居ないときに ・・卵2個

プラスチックの波板の向こうに親がいるのでそっと撮った・・
巣の真ん中に座っている・・・のがわかるかも・・・

2012/06/14・・ 親の居ないときに・・・卵3個のような・・・

ぬか床

| コメント(0)

- ぬか床のつくり方 -

 
ぬか床・・・

 野菜が大分でてきて・・・・
 「あ"~ぬか漬が食べたい !!」 って思っちゃって・・
  
  早速、白カブ、きゅうりを買ってきて・・自分で漬けて食べてた・・
  今交代しながら料理当番をしている娘達にも、
 「お願い! 異様な、こだわった料理作ってもいいけど・・
   このぬか漬けもだしてね !! 」ってお願いして・・。

 今バリバリと野菜を食べられて・・・幸せの一品です。
 
最初は食べなかった娘も・・・・
 最近は、「お父さん、このぬか漬けって芸術品だよね・・!! 」ってバリバリ喰ってる・・。

おふくろも・・呆れて・・・
「ぬか漬け食べるなら、今年植えたキュウリの本数が足りない !! 」という事で、急遽キュウリを5本追加して植えた・・。

生野菜のサラダを食べても、気になるのがドレッシング・・・・ノンオイルでも、変な調味料が一杯入っているのもあり・・・後味が悪く口がサッパリしないのもある。マヨネーズも出来るだけとらない様にしているので、普段は醤油・酢・塩で食べているのですが・・。
 これだと、漬ける時間を調整するだけで、生の野菜をバリバリといける・・。

 なんたって、乳を飲まない父なので・・。乳酸菌の摂取はこういう発酵食品にかかっているんですよね !!

 ぬか 漬け食べたいけど我慢している全国のお父さん・・
 自分でつくると「うま~いです !! 」
つくってもらうと「さらにうま~い !!」
最近は「ぬかみそパック」もあるので・・
買ってきたその日に食べられる !!
便利な世の中になりました~!

 

 

すき昆布

| コメント(0)

- すき昆布 -

 今年のすき昆布がでてきた・・・。
どこよりも早く~という事で・・
ジャンボの中の北三陸天然市場さんが持ってきていて・・
食べ方の話をしていて・・・うちはせいぜい油揚げとか干しカレイとにて食べるのが多い・・という話の中。海の人たちは、身欠にしんとか様々適当に様々といれて食べている~。という事から・・。田舎煮という事で・・・。

 特に普代あたりは、昆布の身が厚くて、色がキレイで・・という事は有名ですが・・。
「すき昆布」は、海草の中でもヨード含有量が多く、ビタミン・ミネラル・食物繊維等が多く含まれています。特にカルシウムは牛乳の7倍の量が含まれているという話を聞いた事があります。
 
 牛乳だけでカルシウムを摂取しようとすると、子供さんは成長過程なので、いいのでしょうが、我々年代は乳脂肪がどうしても気になる。
 食物繊維も摂取しながらお酒のつまみやおかずに・・となると、やはりこっちに軍配があがります。

 さらに今年の北三陸は、昆布、わかめが特に良く、フノリがよくない。という話です。
一年間まったく採れなかったものですので、復興も含めて、ぜひせっせと食べたい一品。

気になる放射能も、ヨード分が豊富なのでちょっと安心。整腸や塩分などを排出する機能がある、食物繊維も豊富。

病院でみた、放射能の毒出し!・・玄米、手作りみそ、海藻レシピ・・-主婦の友社-の本思い出してしまいます。

 

 

| コメント(0)

- 梅 -

 

 

2012今年の梅はどうも・・・
という情報が・・・
日本一の産地である、和歌山県の梅の状況がどうも良くなさそうです。良くない前年比50~60%というと、70%×60%で平年比40%??。

今年梅を漬けられる方は要注意です。
お気に入りの品があったら、迷わずご購入を!!
そんな年です。

待っていると無くなる事もありそうです。
そんな年になりそうです。

和歌山、山梨・・・・
本来はここに福島や宮城がきて・・・
最後は、青森三戸・・大体こんな流れでしょうけど・・・。
絶対量が少ないので、各産地が梅の取得に動く事が予想されます。

梅干し、ぜひこれは手作りをしておきたい一品です。
なぜなら・・・世界最高の貯蔵品でありながら、健康維持に非常に意味のある一品だからです。
こんな大切な一品が、今は食べ易さを重視してしまい、塩漬けを水だしして調味液で漬けた調味梅が殆どになってしまった・・・・悲しい一品でもあります。
食べやすさや価格を追求するあまり、食品本来の機能を失ってしまった・・・。
ぜひ本来の梅干し・・・家庭に一つは欲しいもの。一回本物を作っておくと、数年は冷蔵庫なしでも日持ちがするもので、家庭の常備品の一つです。

 

 

雲・・・

| コメント(0)

 

20120601 - なんか今日の雲が変だ -地震雲でなければいいのですが・・


20120601 - なんか今日の雲が変だ -_1 津志田で・・見た雲
20120601 - なんか今日の雲が変だ -_2 パノラマで撮影したので曲がって見えますが実は直線
20120601 - なんか今日の雲が変だ -_3 大釜で気になってみたら・・多層になっている
20120601 - なんか今日の雲が変だ -_4 真上に大きな直線の雲があった・・

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1