2011年11月アーカイブ

大正金時2011

| コメント(0)

- 大正金時 2011 -

 2011年産の北海道の金時豆が入荷してきて・・・。
 地物の金時豆の時はあまり気にならなかったのですが・・・。
 北海道産の金時豆がやっと入荷してきて・・
その異変に気付いた・・・。

「色が薄い !!」という事です。

 秋の大雨が原因?とも言われていて・・
今年は「超不作」という形になりそう。
 そういう意味で、北海道産の煮豆
特に、大正金時豆が良くなさそうです。

 煮豆や甘納豆として、加工されている物を見て、表示に「2011年北海道産」と書いてあって・・
その色が濃い場合は、着色料を注意する必要があるかも・・。

 まだ今年の北海道産金時豆を煮てないのでわかりませんが、この豆もともと皮が柔らかい豆なので、今年は特に、皮が薄そうなので・・煮方に注意が必要です・・・。

 因みに、地物の豆は夏まで置いておくと、どうしても虫がでます。
 来年のゴールデンウィークくらいまでに食べて・・。
 あとは北海道の豆に切り換えます。
収穫後の処理が良いのか、虫が付きにくい。
 豆雑穀の保存は、空のペットボトルに入れて、おまじないに赤唐辛子を入れておく。
そうして保存しておくと、虫が付きにくいようです。

因みに、これが今年ゴーヤと一緒に植えた
ジャンボの豆を収穫したものです。



白花豆(上)、モロッコ(左)、虎豆(右)


大正金時(手無し)(左)、手あり金時(右)、などですね・・・



どれも色はそんなに薄くない状態・・・
秋の大雨前に熟した分ずつ収穫していたからでしょうか?

植物と天候はどうしても関連があります。
「色が付いていないから・・ダメ !」
 という判断でお買い物をされないよう、
こういう年は、ぜひご理解を頂きたいものです。

昔の方々は、そういう年・・歳・・という意味で、その年を見る。

その年を歳神様という形で神格化して、畏怖し収穫や安全に感謝して拝む。
2011の歳神様は3.11も含め大変な歳神様。

秋じまいも終わり、田の神様は山の神様へと移り・・。
今年も、あと一カ月ちょっと、師走が迫っています。
今年の、海の幸、山の幸を見ていて・・
来年は、良い年であって欲しいと願わざるをえません。。
労苦を厭わず、体が丈夫で「マメ」に暮らせる様に・・・という願いを込めて・・
「マメ」はおせち料理にも入る一品でもあります。
ぜひ、マメに豆を煮て今年の味をお召し上がりいただければ・・・。


 

- かんずりと本ゆずこしょう -


 熱がやっと下がってきて、少しずつ、ご紹介をリスタート !!。
6月頃から、お願いしていて商品のひとつが入荷してきました。
「本ゆずこしょう」ですね。
 大手メーカーさんのも美味しいんですが・・慣れてくると、どうも味が・・・。保存性を良くしたり味の調整をしたりするのに、どうしても添加物が入ってしまう。
 ゆずこしょうを使う鍋は、素材の味を楽しみたいのが多いので、どうも雑味が後に残る・・。そんな感想をここ数年持っていて・・。
今年の春先にこの商品を見つけて、問屋さんに頼んでいたんですが・・。なかなか入荷せず、やっと取り寄せができた一品です。

これで、従来から置いていた「かんずり」=「寒造里」と一緒に楽しめます。

この「かんずり」は発酵食品なのも、感動ものです。新潟県で作られている、手作りで、いい商品のひとつですね。

 どちらも化学調味料が入っていないので、雑味がないのがいいです。湯豆腐にチョコっと乗せて、ポン酢で食べる。「旨~い!!」ですね。キムチの様に独特の発酵臭がないので、また楽しい。
水炊きの時に、大根おろしと混ぜて、やはりポン酢で頂く・・。「これもいい !!」 。豆腐とか、白菜とか味の薄いものに付け合わせると・・素材の美味しさを殺さずに食べられる・・・。これからの鍋の時期に置いておきたい一品ですね。
因みに、辛さがあるので、食べるときにはお好みに合わせて調整ですね。
たとえ、素材が安くても、これだと楽しめ、経済的なのが、またうれしいです!!

さらにうれしい事に、2011/12/10付けの岩手日報さんの記事にでてました。
続きに掲載しておきます。


 

ヤマガとマッハ

| コメント(0)

 

創業祭なのに・・・再び高熱がでて・・・
なかなか、今年の熱は下がらない。
という事で、体調優先、創業祭優先という事で・・
しばらく休んでいて申し訳ございません。

次熱でたら、「即入院 !! 」なんて言われて・・・

休み休み、調子をみながら・・
そんな中売り場で・・・こんなものを見つけた!!

その名は
「ヤマガ」と「マッハ」

 ※珍しいものが入荷しておりました!!
赤は「ヤマガ」です。
緑は「マッハ」という事ですね・・。

「ヤマガ」は時々みますが・・・「マッハ」は初めて見ます。
「マッハ・・」名前は聞いた事がありますが・・
実物を見るのも食べるのも初めてという一品ですね。
雫石の方が持ってこられました。

「ヤマガ」は山法師(ヤマボウシ)の実ですね。

「マッハ」は以前新聞かなにかで、された一品。
「マッハほうずき」といういう事で・・非常に貴重な一品という事。
  実の付き方、成長の状態全くわかりません。
  来年は種を貰う事にしましたので・・
  一年待てばご紹介できるかも・・。
 味は、甘酸っぱい味、トマトの様な食感?いやホウズキですね。
 年配の方は御存知の方もいらっしゃった・・・・。
 売り場で「マッハ・・マッハッ」っておっしゃっていた・・・。

 「コガァ」とか「ハジェ」とか・・今は本当に少なくなった山の幸も
  時々売り場で見ることがありますが・・・
  山のものがだんだん少なくなってきている・・。
  そんな中での貴重な一品でもあります。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1