梅干しのレシピ2011

| コメント(0)

梅干しレシピ

今年も梅が最終期にせまってきました。

良くって・・ここ一週間位。

それで、梅干しの実演会2011を行いましたが・・
今年は少し材料が変わってったので・・
昨日の夜から、今朝にかけて
その変更部分を作り直しておきました。

変更点は、焼酎のところ・・・
五倍酢と同量を入れる点・・・

書き忘れた点として・・・
1.紫蘇の葉を揉むとき、あらかじめ塩をしておくと、ガサが減り、揉む量が増えて楽になります。
2.白梅酢の代わりに五倍酢をいれて紫蘇を保存しておく方法もあります。梅と紫蘇を同時に購入された場合はこういうやり方をしておきます。

通常の梅干しは20~22%位の濃い塩味。
五倍酢を使わないで漬けても15%位が安全圏。-カビ生えたり、腐ることもあります。-

今主流は、低塩梅干し・・
目安ですが9%を下回ると・・・
冷蔵庫で仕込む形になる。
この方法では塩分が大体8.5~9%位になる漬け方ですね。

常温での梅漬けは、塩を少なくした分
五倍酢を追加しないと、難しい・・。

もし、それより少なくするときは、五倍酢を
という事で・・・

いよいよ、最後、今週くらいまでです。

 

色無しのものを・・・続きに掲示しておきます。

※ 漬け込んでいて、カビが生えた時は・・・
五倍酢と塩を追加して調整をします。
※ カビの原因は重石の殺菌不足の場合が多いので、重石はあらかじめ煮沸消毒をしてから使用して下さい。
※ もう一つカビが生えるときには、日光による殺菌も効果的です。

※ 梅干しは三日三晩乾してつくります。
※ 梅漬けは、干さないで漬けます。通称「ドブ漬け」ともいいます。それでも、樽や瓶のままでいいので、日光による殺菌をしておくことをおすすめいたします。

-----------------------------------------------------------------------
最近の若い子たちは酸っぱい、しょっぱい梅干しを知らない子が多いとか・・・・
だから梅干しをみても唾液が出て来ない子がある・・・
という事を聞いたことがあります。
-----------------------------------------------------------------------
これは、我々流通業者の責任でもあります。
「酸っぱい梅干しは嫌だ ! 低塩梅干しを !!  」という声を聞きすぎて・・
「調味梅」という、食べやすい梅漬けを低価格販売してきたから・・・・「グローバル化や価格破壊とともに、販売してきたものが、梅干しでなくなっていた・・・」

夏バテ防止にクエン酸や塩分などという話ですが、
調味梅はやはり偽物が多いですよね・・・
梅の塩漬けをつくって、塩分を抜くのに、塩出しをして
脱け殻状態になった梅に、あとは色のついた調味液に漬けて出荷する・・。

まじめに冷蔵庫で低塩の調味梅を作っている方々に申し訳ないです。

我々年代は、この調味梅はダメですね・・・。
しょっぱい、酸っぱい梅干しをちょっと食べて・・・
ご飯をガバガバと食べないと、ご飯が美味しくない・・・・。

 そういう意味で、ぜひ手作りの梅を・・・・今年も、あと一週間位 !!

梅干しレシピ-モノクロ版-

色なしのも、
掲示しておきます。

 モノクロで印刷するときに楽なので。

 

 

コメントする

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

この記事について

このページは、motohiroが2011年7月18日 12:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「大釜店の後ろの用水路の「2011平家ホタル」がでてきた ~」です。

次の記事は「カレー粉 オリジナル ??」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1