2010年3月アーカイブ

黒豆ダイエット?

| コメント(0)

黒豆ダイエット 


テレビでやったので
黒豆がないのか??

という問い合わせが殺到!

時期的には
本当に苦しい時期。
もうそろそろ、種になる時期
地面にもどって、
今年の出来秋の準備となるので
正直在庫が厳しい時期です。

できれば、新しい豆がでる時期に
テレビで放映してくれれば・・
と感じますが・・

最近それだけという方も・・
バナナの時もそうでしたが・・

ぜひバランスよく摂取を・・
程々にして食べないと
豆の食べ過ぎは
「胸焼け」の元になります。
そしてガスもでます。

豆は煮ると2.2~2.5倍に
膨れ上がります。
一日70gとすれば
140gということで
ご飯茶碗一杯分です。

ダイエットもいいですが・・
ほどほどに・・・。

わさび

| コメント(0)

葉わさび


4月の品を・・・という事で・・・

わさびでしょうね・・
バッケがでたあとは・・
次はこれ!!

ところが・・・
辛味を「つ~ん」とさせた状態で
葉わさび漬をつくるのが難しい・・。

という事で、
八百屋さんに実演会で
辛さを残した状態でつくれる
葉わさび漬けの作り方をすることに・・・

わさびは日本の名前がついている・・。
日本固有種なんでしょうね。
ですが・・品種がさまざまとあるようです。

もちろん産地も・・
沢わさびの生産量全国一は長野県、静岡県
金額は静岡県・長野県

畑わさびは岩手県が多いんですね・・
 それも確か岩泉が一番だったような・・・
沢わさびは、宮守ですね・・。

紅まさり

| コメント(0)

紅まさり 

 


今日は
朝一番
靴屋さんの「うちのさん」から
「これうめぇから~」って
ごちそうになりました。

たしかに旨いですね・・・。
シトっとした触感で
甘さが非常に強い品種
極端な話
そのままでも
きんとんになるのでは・・
という位の味です。

この「紅まさり」さつまいもには
以前果糖が含まれている
という話を聞いたことが
あります。

まぁ
根菜なのに・・
果物にある果糖が含まれて
いるという話ですね。

そろそろ石焼きいもも
終了となりますが・・

今シーズンのうちに・・
ぜひ一度お試しを・・・

ばっけ2010

| コメント(0)

ばっけ 

 


今年はばっけ、味噌をつくるという事で・・
簡単な作り方を・・
ご紹介するそうです。

個人的には
茹でると・・
香りと苦みが飛ぶので・・
生のままの方が
本当は好きです。

大人の味なので・・
お子さまでも食べられるように
茹でて食べやすくする方法。

どこかの方は
子供の時のトラウマで・・
現在でも得意でない!!って方
多いかもしれませんが・・。

苦さも味のうちですね・・

「艱難辛苦」玉を磨くの気持ちで

「甘酸辛苦」もぜひ慣れていけば
年代と共に美味しく感じる。
春の苦み・そして香り・・・・
力がでてきますよ~

いわて八幡平の大湧水

| コメント(0)

いわて八幡平の大湧水

 
日本名水100選になっている
金沢名水には
日本でも貴重な
バナジウム含有の湧水だった~。

今回パッケージの
リニューアルと同時に新商品として
入荷いたします。

これからは、国際的に水が本当に
貴重になる時代が必ずきます。

日本の中にいると全くわからないことですが・・
水道の蛇口からでる水を
そのまま飲める国も非常に珍しいはず。

ましてやトイレの、水に関しても・・
あれだけ大量の水を流して使うなんて・・・

日本も素晴らしい水が沢山ありますが・・
岩手にも岩泉の龍泉洞の水硬度92前後
八幡平の金沢名水・・硬度は51なので・・
飲みやすい水。

そのほかお隣、青森、秋田でも
白神山地の水硬度0.2なんかもいいと思っています。

ヨーロッパに行ってミネラルウォーターを購入して飲んでみても
その土地では美味しいとおもうのですが・・
日本に帰って来て同じ水を飲むと ???って感じる時があります。

日本人には軟水が合うと個人的には思っています。
おまけに地産地消という面でも、ぜひお試しを~

ラー油

| コメント(0)

辣油

昨年は桃屋さんが発売した・・

「辛そうで、辛くない・・
     少し辛いラー油」 
  という事で・・・
最近ようやく少し入る様になってきましたが・・

最近テレビでやった~!! 内容ですが・・

李錦記の辣油を食べるラー油として
紹介をした~! という話・・。

本当か嘘かはわかりませんが・・
間違わない様に・・・

最近「ぶっかけおかずラー油」という品も
でてきました・・。

ついでに・・・
普通のラー油の方もこんな違いがあります。
醤油+酢+ラー油で餃子もいいですね・・
硬焼きそば・炒めもの・春巻き等々・・・
ゴマの香りと辛さの案配がいいですね・・。

カプサイシンとセサミン効果ということで
最近多くなってきました。四川風の炒めものでも
辛そうで、辛くない唐がらしと、ピーナッツの入った
ものを最近ごちそうになりました。

彼岸だんご

| コメント(0)

彼岸だんご(粉大福)

 

彼岸だんごの作り方のレシピです。

いろんな作り方があるのですが・・

これはその中の一例ですね・・。


とある方の作り方を教えていただきました。

固めにしとねて・・力のある男性がこねた方が
いいかも・・・って作ってみていてかんじます。

「 すなみ があった方がいい !!」っていう方と・・
「 やっぱり 柔らかいほうがいい !! 」とわかれます。

昔の味を覚えている方々は・・・
「すなみでしょうかね~」

知っている方は・・
「 だだ柔けばがりで、ワガネ~ 」という方結構多いと思います。

いずれ好みですね・・。

あんこ

| コメント(0)

あんこの煮方?

 おまけの内容ですね・・。

今日はあんこを煮ていた・・・
一昨日からかかって・・
北海道産の小豆を潤かしておいて・・。

昨日一日煮ていて・・夕方に砂糖で味付け・・。

今日は朝から、塩とほんのちょっぴり黒糖をいれて・・
最後2時間は水分を飛ばすのに・・・
弱火で煮て・・
焦げつかないように・・
ひたすら練って・・・
手に豆を作ってしまいました。

午後一時から、彼岸団子づくりのテストですね・・。
実際団子でにくるむ時には
少し柔らかかったので・・。

明日もう少し水分を飛ばして・・・
明後日彼岸団子の実演会に使う予定です。

そしたら、団子食べた方々から・・
「あんこの作り方と配合の比率を教えて !! 」

という事になっちゃった・・。

昔子どもの時に、あんこ番をしていて・・
最後に目を離したときに・・焦げつかせて怒られた事が・・
思い出されます。

「あんこは最後まで目が離せない」・・って昔の教訓でしたね・・。

ちなみに秘密の鍋は昨年7月に中古屋さんから購入したもの・・
これであんこ煮れば美味しいだろうな !! って事で準備していました。

真鯛

| コメント(0)

真鯛

 

「春よ3月
弥生の空に・・・
金波銀波の波こえて・・
到着しましたるのは・・
門司港・・・・」

ってなバナナの叩き売りの
口上文がでてきそうな
時期となってまいりました。


高校受験発表もあり
いよいよ新しい準備の
時期にはいってきました。

うまく行っても・・
いかなくても・・
心配やクヨクヨしないで・・
新しい門出のスタート !!
しましょう。

お祝いをするのには・・
魚では
この時期これでしょうね・・
何はともあれ
「目出鯛 !!」

三月の彼岸もすぎれば・・

いよいよ四月
「芽出鯛 !!」
ですね。




きりせんしょ

| コメント(0)

きりせんしょ

盛岡周辺~花巻あたりまででしょうか・・
独特な文化がある。

それが、米の粉を蒸かしたりして、デジってつくる
しとねものでしょうね。
べんじぇもの(弁才物)。

食品の分類からすると、団子の分類になるんでしょうが・・・。

きりせんしょ・おぢゃもぢ・団子・ぶぢょほまんじゅう、の系統でしょうね。

はっとけばもち・かまやき系統は麦やソバの粉でつくるもの・・。
それとは違う作り方のものです。

盛岡周辺のもの。ゆべしと一緒にしたくない一品。
作り方も各家庭でさまざま。
色も薄いのや濃いのやこれも
さまざまとあり、それぞれ旨い。

うるち米の粉をつかって
数日間柔らかい状態で
食べられるように工夫を
したりしているのも数多くある。

もう一つこだわりが、団子ですね・・
盛岡の人は醤油だんごというと
生醤油の団子を意味する。

甘ったるいタレをつけた
「御手洗(みたらし)だんご」・
「焼きだんご(醤油)」とも区別している。

ちなみに・・
この醤油だんご・・
作りたての
生醤油の香りが強く
しょっぱさがキツイのを
好む人と・・・

ちょっとおいて・・
少し表面から中に
醤油がしみこんだ状態で
生醤油の香りと
しょっぱさが弱めのを
好む人とにわかれる。

全国でも、
団子のこうした原点が残っているというのは
盛岡~花巻周辺だと言う事を
知らない事のようです。



基本的に醤油だんごの数は
5個が基準で・・
当日つくったものでないと
美味しくない。
次の日になると、硬くなる・・
という非常に食べごろが
短い商品の一つでもあります。
生醤油のみの味付けなので
ごまかしがきかない。

だから流通には商品化できない品。
なんたって流通に乗せるには・・
賞味期限が長くて
美味しさが長持ちして・・
利益が多くて
安くて・美味しくって・・
要望されても・・

合成保存料だの
合成着色料だの
甘味料だの
ツヤがでるようなタレだの
添加物がはいると美味しくないのが
この盛岡の醤油だんごでしょうね・・。

大切に残していきたい
地域の品ですね・・。

うるち粉を柔らかい状態にして保持させる・・
母親が子どもに食べさせたい執念でしょうか?
単純に考えてつくると失敗するのが・・
この「きりせんしょ」ですね。
「花まんじゅう」とともに
すごい知恵と感心します。

きりせんしょ

きりせんしょ

一番お客様のリクエストが多いのが・・
これですね・・・。
きりせんしょの作り方のレシピですね・・。
いろんな作り方があるのですが・・
今回はこういう手順で
実演会をしちゃう事にしよう !!
という事で・・・。

書いておきます。

いやぁ・・本日は
一生懸命こねた(でじった)ので
ちょっと腕がだるいでしょうか・・

ついに美味しさにまけちゃいました。

醤油の香りが・・・
やはりいいですね・・。

盛岡周辺の方は・・

一度はつくってみたい
憧れの一品ですね・・。

ぜひお子様・・お孫さんへ・・・
3月の節句~5月の節句の時期がいいですよ。
いろんな作り方のうちの、一つです。

ハヤシライスとハッシュドビーフ?

昨日の会議の中で

メーカーさんのハヤシライスと
ハッシュドビーフの試食販売をすることに・・

それは非常にいいことなんですが・・・

基本的にハッシュドビーフと
ハヤシライスの違いは?

という事で・・・

社内でさまざまと意見がでました・・。
いいことですね・・・

皆別な考えをしていた・・・
確認できました。

言える事は、ご飯に載せるか載せないか?
の違いが料理上では区別をしているようですが・・

メーカーさんが商品化しているのとは
ちょっと違いがありました・・・。

大人向けはハッシュドビーフで
デミグラス(ドミグラス)ソースで味付けをしていて

子どもさんから、大人の方までご利用いただけるものとして
ハヤシライスを・・という形にしているようですね・・

キリンラガービール

| コメント(0)

キリンラガービール

先日商品の展示会があり
行ってきました・・・。

そうしたら、
キリンのラガーの仕様が
三月から変わるという
メーカーさんの話・・・。
ホップアップ、コクアップ!

たまには、ビールが飲みたい!!

ここ数年間・・
ビール→発泡酒→第三のビール→リキュール
という感じで我慢してきていますが・・

やっぱり本音では
「ビールが飲みたい!!」

ですよね・・

自分だけのご褒美としても・・
たまには
いいかも・・・

味が変わったのは
確かに実感します。

そのほか、
明治時代のキリンビール
大正時代のキリンビール
クラッシクのキリンビール
ささやかな楽しみですね・・。

ウミタナゴ

| コメント(0)

ウミタナゴ

これから、でしょうね・・。

三陸のウミタナゴ。
春先から初夏にかけて・・

三陸は津波の影響もあるので
これからが心配です。
カキ・ホヤ・ワカメなど
甚大な被害があった。
お見舞い申し上げます。

端午の節句に使うところもあると聞いております。
胎生のため、「安産祈願」としても食べられる地区もあるとか。

小さなウミタナゴは岸壁にいて
底釣りの餌を落ちる前に
食べてしまう。
餌とり名人でもあります。
針を小さくして、専門で狙っても
いゃ~本当に釣れない。
餌を口から出したり、
入れたりしているんですね。

宮古の重茂半島で
数回だけ、25~33cmの
ウミタナゴが
間違って釣れた事があった・・。

初めて釣ったときは
黒鯛だと思った。

小さなウミタナゴとは
別物ですね。

マタナゴとかアオタナゴ
アカタナゴとかってあるようです。

| コメント(0)

タケノコ


いよいよ筍が出始めてきました。

春の代表で・・
熊本あたりの物からスタート
少しずつ産地が北上をしてきますね・・。

本当は若竹煮(筍&ワカメ)が一番好きなんですが・・
今年は津波の影響で・・どうなる事やら・・
被害がとても多いときいております。

時期にあって当たり前の様に感じておりますが・・
こういう時にこそ、普段の有り難さに感謝ですね。

沿岸の方々、どうぞ一日も早い復旧を
お祈り申しあげます。

いくら人間が技術や知恵をだしても
天にはかないませんね~。

天や自然への畏怖と感謝
日頃から自覚しておかなければなりません。

筍を生やしていただき、またそれを収穫していただき
運んでいただき、店頭に並べていただき、調理していただき・・。

感謝を込めて「いただきます」。
大切に食して行きたいものです。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1