2009年5月アーカイブ

真牡蠣

| コメント(0)

真牡蠣 



今シーズン

最後の真牡蠣です。
今回大船渡の方々が・・・
直接販売をいたします。

下記の本当に美味しい時期は
2月から5月くらいまで・・

最後の牡蠣となります。
4月ころより、
焼き牡蠣が
とても美味しくなります
今回はこの
焼き牡蠣でご紹介します。

ご存じ牡蠣は山が育てる
という事で大船渡の牡蠣は
五葉山の自然と、盛川
そして、三陸の海がそだてる

ぜひこの焼牡蠣実演は
6月6~7日に
開催いたします。
浜の漁師さんが
直接商品を説明しながら
販売となります。
ぜひご期待くださいませ。

カボチャの遮光

| コメント(0)

うまくいってくれれば・・と

昨年の実演会でご紹介した、九重栗かぼちゃの種があったので・・・
それを蒔いていたら・・うまく芽がでたので・・

事務所に西日が入るのと、屋根の輻射熱を遮るために
大地さんから、培養土を買ってきて・・・冷蔵リンゴの発泡スチロールを使って
屋根に遮光のカボチャをセット !!
うまくいってくれればいいのですが・・・。
あとは灌水を適度にして・・整腸を待つ

 


 

これで屋根の上がカボチャで一杯になってくれれば・・・
涼しくなるはず。

目的は、お金や廃棄ガスをかけずに涼しさを、作り出す。
うまくいってくれますように・・・


投資は培養土代で、約一万円。種はタダ・・。

麦茶

| コメント(0)

麦茶



最近夏の飲み物
麦茶が見直されてきている・・
なぜ麦茶が夏の飲み物か?

平安の時代から江戸にかけては
麦湯といわれていたらしい・・。

冷蔵庫の普及とともに
麦茶という名になったとか?・・
さまざまな説あり・・。

ペットボトル飲料は
商売だから売っているものの・・
やはり環境問題で気になる

昔のように煮出している方
やはりまだまだ多いです。

生水を加熱する事で
カルキ(次亜塩酸ナトリウム)を
飛ばし
殺菌をして・・
利用する。
ほんのひとつまみ
塩をいれておくと
体への水分の吸収もいい・・

昔の人の知恵ですね・・

最近アミノ飲料の飲み過ぎで
糖分過多という話も聞きます。

自分でつくると、
美味しい麦茶を・・
安く、環境にもやさしく
できますよ~。

 

うに-雲丹・海栗・海胆

| コメント(0)

かぜ-海胆-海栗-雲丹-



いよいよ6月になると本格シーズン
身が大きく充実してくる~

オスとメスがありますね~

いつも不思議に思っていた・・・
「カゼ」「カジェ」が標準語で・・・・
「ウニ」は方言だと思っていた・・
「カッチャ」という言葉と
同義かと思っていましたが・・・
実は古語だった・・。


古語がまだ岩手に方言の形で残っている。
大切な事です。

いよいよ、天気のいいとき、
ウニの口開け日がきまる。

カゼ剥きとか始まる~、そろそろ夏ですね~。

みがきにしん

| コメント(0)

みがきにしん 



昔の田植えの時期に食べた・・

現在の田植えの時期の煮物とを比べると・・

山菜の入っているものがちがったような・・・

その話をしたら・・・
「おめぇ~そりゃ~な~
昔の田植え休みは6月12日 ・・・・・
今と約一カ月も違うから仕方がないんだ・・」

確かに昔の教科書には、
6月は梅雨と田植えのイメージが
載っていました・・。

田植え休み等という時代です。
皆で協力しあって、田植えをしていた時代。
苗も早苗・・幼苗、稚苗という時代でした。

 小さいときは、身欠にしんを
磨きニシンだとおもってた。

どこを磨いたのかな?って

お茶もち

| コメント(0)

お茶もち 

負けました・・・

お茶もち・・

「お茶もちの絵お願いします」って
頼まれて・・・
「調べてきたら・・・」
という話をしたら・・・
翌日、「ちゃんとしらべて来てくれました・・。」

普段に食べているものですが・・
やはり歴史がある・・。

盛岡周辺だけっていう話ですが・・・
本当かな~
盛岡に住んでいるので、
これが当たり前なんですが・・・

確かに仙台に住んでいたときも
東京に住んでいたときも・・・
確かに
ない品の一つですね・・・。

こげたタレと餅の味がやはりおいしいと感じる。
くるみの甘さもいいですね!!

そらまめ

| コメント(0)

そらまめ 

 
時期ものです。

旬が短い豆です。

いろいろしらべてみると
非常に奥深いものがあります。

飢饉という事は最近あまり考えなくなってきているのですが・・・
たしかに時期的にみると

百穀に先立って熟し・・・
麦より早くでる穀物・・

そのとおり!! 納得

危機管理大切ですね~

 

すき昆布

| コメント(0)

すき昆布 

 

 そろそろ山菜もでてきたので・・
お尋ねを頂戴する
すき昆布を準備しておきます。

昔は、宮古より南の昆布で
身の薄い昆布の種類があったとか・・・

北にいくほど昆布の身が厚くなる・・
という事で、北海道とかが
身が厚いとなるわけですが・・・

昔食べたような昆布がほしい・・・
という声から、この田植えの時期から
準備している昆布です。

食品は不思議です・・・。
全国共通のおいしさでなくて・・・
地域地域のおいしさがある。

これも昔からの習慣の商品の一つ。

時期ものですね~。

 

ほや

| コメント(0)

「ほや」と「みず」 

 

 

やっと「ほや」の身が
厚くなり始めました。

これから、夏にかけて、
「ほや」がおいしくなる時期

生(刺身)・酢の物
天ぷら・焼き物
炊き込みごはん等
さまざまと
ご利用いただける
品の一つ・・・。

私が
おいしいと思う
食べ方の一つです。

なぜか、昆布か、みずかが、
ほやの癖を抑えるので
苦手な方でも大丈夫 !!

刺身などで、余ったとき
ぜひお試しを・・・

山の季節のものと、
海の季節のものとの
コラボでしょうかね~。

バターメロンパン

| コメント(0)

バターメロンパン 

 

毎月パンの日の
12日だけに製造するという
白石パンさんの
バターメロンパン

以前は注文すると
いつも製造あったのですが・・・

昔のシライシパンさんの
濡れメロンパンのイメージが残っているパン

袋詰めになってから、以前の濡れメロンパンは
袋が汚れるという事で販売されなくなったとか・・。
正直残念ですが・・・
指を舐めなめ食べた記憶が・・・
おいしかった~とう美化された記憶があります。

最近は日持ちのする、乾燥した

パサパサのメロンパンが多いけど

やっぱり、昔派は・・・・
こういうものも食べたくなる・・。

生盛岡冷麺

| コメント(0)

生盛岡冷麺



戸田久さんの生盛岡冷麺

パッケージがリニューアルとなった。

ストレートつゆと生の麺なので・・・
コシとスープに違いがある。

昔のパッケージのポップでは

イメージがよくないという事で・・・
今回・・
作り直しを依頼されたものです。

写真で紹介をするのが、一番簡単なんですが・・

「味がない」という事で・・

そろそろおいしい時期がやってきました。

岩牡蠣

| コメント(0)

岩牡蠣がでてきた~



夏が旬の岩牡蠣がでてきた~

宮古の花見牡蠣(マガキ)が終わると
これが旬となります。

昔は三陸地方では知られなかった
大陸棚に近いところにあったのを・・・

約10年くらい前に発見された~

新しい三陸の産物として、
これから期待される品になるかも~

人の話によると・・・
深い所に無尽蔵にあるとか~
ほんとうかな~

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1