2009年1月アーカイブ

恵方巻き

| コメント(0)

恵方巻き?

どこでもやっている恵方巻きですが・・
今年は手作りにチャレンジの方に・・
基本材料はふつうの太巻きをベースに・・

ちょいとしてコツがあるという・・・
お寿司屋さんに講習実演をお願いします。

要はなんでも巻いちゃおうで大丈夫!!

要注意は、丸ごと食べるので・・・・
キュウリとかかんぴょうはある程度の
長さに切った方が、具だけがでて来ない!!

お寿司屋さんの助言でした・・・。



 



落花生

| コメント(0)

落花生

落花生の美味しさ
比べをしていました。

青果の佐々木忠治さんに
本当に美味しい落花生は?

という事で様々と
集めてもらいました。
「落花生はこれだ!!」
千葉の八街市の落花生
半立 落花生
ナカデユタカ
銘柄では
千葉の半立一番有名
のはずですが・・・

食べ比べてみて
意見が分かれた・・
ブランドといわれる
半立種よりも
ナカデユタカの方が
美味しいという人も・・・

実は焙煎に
もう一つ秘密があった・・
というお話です。

今風のオートの機械では
素材によって
焙煎を合わせていけない
ので、とあるメーカーさんは
昔の機械を使って
昔の職人さんたちに
お願いして、
昔の様に作ってもらったら・・・
美味しかった~という事で・・・

自然の力と、人の力で
美味しい落花生ができる~。

今年は中国産も出来はいいです。なんたって南京豆という位です。
本場は中国。検査もしっかりして来たので、
以前よりズート安全になりました。


 



中華麺

| コメント(0)

盛岡は中華麺 消費第一位?

盛岡が中華麺の
消費第一位の都市だった~!
正直びっくり!
豆腐の消費量第一位は
知っていたけど・・

そのほかワカメも第一位
まだある
大根の消費量も
全国一位だった~

盛岡の方々は
結構手作りの方
多いのでよかった~!

家庭の文化が残っている・・
いま全国的に
この家庭の文化が
崩壊し始めている。
大切に残していきたい
ものです。



 



魔よけの柊

| コメント(0)

鬼除けの柊

節分にちなんで、お客様の無病息災を祈願して
今週は魔よけの柊を先着で
プレゼントします !!。って

そういう話をしたら・・・
よい事だと、
駒形神社の高橋宮司様が
快くハンコを
押してくれました。

今年も、
いろんな事がありますが・・


無病息災、家内安全、商売繁盛
インフルエンザや風邪などの、
邪気を払い・・・

皆様健康でありますように!!


 

願いは大切だよ!! って
宮司さんから
印をプレゼントして
いただきました。

ご希望の方ジャンボの方で、
この札と魔よけの柊
先着数十名様に
プレゼントさせていただきます。






恵方

| コメント(0)

今年の恵方?

「今年の恵方は、
東北東です!!」って
うちのある店の店長が
胸を張って
説明してくれました・・・。

いいとはおもうけど・・・
恵方の意味を
よ~く意味を
覚えておかないと・・・
暦に詳しい方に
笑われるよ~っていう事で
説明をするハメになりました。

うちのお店にご来店の
お客様にだけの
説明の文です。

無病息災
商売繁盛
家内円満

願いは大切!!

因みに多少方向が
ずれていても、その方向は
悪い方向ではないので
ご安心を・・
全く別の方向を向いて
恵方巻きをたべると・・
ただの太巻きになっちゃいます。

あまりこだわらなくても大丈夫!

A型の方は
気になるのでしょうかね~?

まぁ~話のタネとして・・
たべる時は話をしないで
たべてくださいね!

 



| コメント(0)

日の丸青果の
忠治さんからの課題

鬼について書け!!

人ごとみたいに話をするけど
結構鬼は概念が深いもの
そんな簡単にはいきません。

邪気や病気
畏れや恐怖こんなものが
総称として鬼となったのでは・・

邪気の反対語は
邪気ない(あどけない)です

素直な気持ちで
いきたいものです。

とりあえず
わかっている分のみ
記載しておきます。

節分はこんな邪気を払う
追儺(ついな)の行事

「鬼やらい」「なやらい」
「鬼走り」「厄払い」
「厄おとし」「厄神送り」

今年はいい年で
ありますように!!

そんな願いが節分の
豆まきに隠れている。



 




鬼除けの柊?

| コメント(0)

鬼除けの柊

日の丸青果の
忠治さんと

節分の行事内容を
教えてけで・・


という事で・・


柊の話から・・
節分イワシの件も

含めて・・・

次は
鬼なんだそうです!!

とりあえず、
鬼柊を
じゃんまる津志田店で
ご紹介をしております。

ひいらぎ南天とは
別物です。
裏白の
ひいらぎもあります。

いろんな事がありますが・・
無病息災
皆様健康な年で
ありますように!!




曲がりねぎ

| コメント(0)

曲がりねぎ

掲載が、お待たせいたしました・・・
鍋に最適の曲がりねぎです。

不思議なことに
生では、辛いねぎですが・・・
加熱(火を通すと・・)甘くなる!!

岩手の県南の方々は
本当にこだわっている・・。
県北の方々は、
あまりこだわらない・・!
というより、知らない方が多いかも・・

30度の角度で
横倒しにする
「やとい」という植え直しを
すると・・

ネギには、元に戻ろうとする
ストレスがかかるらしい・・
このストレスが
ネギを甘くするということ
らしいが・・・
「艱難辛苦玉を磨く」
ならぬ、
「艱難辛苦ネギを甘くする」・・
人もネギも似ているものかも
ネギに負けずに
頑張らなくては・・・



お茶漬け海苔

| コメント(0)

お茶漬けのり

本当に久々に登場の
お茶漬け海苔
このメーカーさんの品
結構いい!!
うれしいことに
お正月に合わせて
特売として出てくれた・・・
疲れたおなかに・・
そしてお財布に・・
やさしい一品!!



肉だんご鍋

| コメント(0)

肉だんご汁

肉だんご鍋

今年は白菜が比較的安定価格!!

こんな時は白菜をつかって・・・

という事で

岩手の寒締め白菜と

岩手の美味しい豚肉の肉団子をつかった

鍋をみちのくさんがご紹介します。



ホタテ雑炊

| コメント(0)

ほたて雑炊

お正月料理や
新年会などで・・
胃が疲れている・・・
こんな時は・・
こういうやさしいのが
いいな~と思うことが・・
1食当たりで計算しても
100円未満・・・

へたなカップラーメンより
ず~とごちそう!!

これからインフルエンザや
風邪が到来しそう!!

備えておきたい
ホタテの缶詰です。
サラダに使うのは
正直もったいない!!
ダシを伸ばして・・・
美味しさ4~5倍に
ありがたい一品です。



たまごかけごはん

| コメント(0)

たまごかけごはん

たまごの中で
好き嫌いも多いのもこれですが・・
生臭いということも・・・
生臭さの少ない卵として・・・

地養卵
そして
さくら卵-赤卵がいいのでは・・


みなさん結構こだわってますね・・・
ごはんの頭に穴をあけたり・・・
白身がドロっと落ちない工夫とか・・
かき混ぜ方はこうだ!!とか・・
混ざりすぎれば駄目!!だとか・・
逆に均一に混ぜたのが好き!!とか・・

卵の大きさで、多分味が違う!!
という方もいらっしゃいます。

多分秘密が隠されている・・

なんだかんだで、これは幸せのメニューの一つですよね・・

あ~喰った~って感じた瞬間幸せなんですね~。



さくらたまご

| コメント(0)

さくらたまご

たまごの説明をしろって・・・
ほんとに難しい・・・
今年の普段食は・・

「たまごかけご飯」などに・・・
これからこの話題

今年は
コケ・・ケッコウ多くなりそうです・・

こだわりのたまごかけご飯・・

まだまだこれから・・
いろいろと

たまごを調べていきす・・。




うめぼし

梅干を頼まれていて・・・
本当の梅干ということで・・
今は、本当に少なくなってきている・・

やっぱり
酸っぱくない梅干→調味梅漬

ということなんでしょうね・・・

梅干くださいといわれて・・・
梅漬の説明を時々しますが・・・

調味梅は梅干ではありません

塩漬け梅を水出しして調味液に漬けているので、干していないので・・

梅漬けですね・・・




みずきだんご

| コメント(0)
新しいページ 3

みずきだんご

みずきダンゴを
説明しろって言ったって・・・・
由来から・・
木の種類
みずきのダンゴの色
様々とあります。
話が変な方向にいっちゃって
すみません。

でも暦も含め
本当におくが深い・・・
一応知っているぶんだけ・・・




山形風芋の子汁 -芋煮-

| コメント(0)

新年初のお楽しみ実演は・・・
うし年なので・・・・

牛肉を使った、芋の子汁
みちのくさんの提案で・・
ご紹介いたします。

本来の山形風は
人参やごぼう豆腐ははいりません。

岩手風の芋の子汁をたべている方は・・
山形風は正直ちょっと物足りない感じが
する時がありまので・・・

ちょっと岩手風にして
ご紹介してみます。

ちなみに山形では
ご存じの通り

「芋煮」って言うんですね~




お正月に食べた
おせちの残りを使って
一番楽しみなのが・・・
伊達巻や海老そしてハラコをいれて
干し椎茸、セリ等々のはいった・・・
「ごちそう鍋焼きうどん」

昔食堂などで、やっていたのが・・・
このタイプでした・・・。

昔はえび天とかって入ってなかった様な・・
何人かの人に聞いてみましたところ・・・
自宅で作る鍋焼きは・・・っていうと・・

結構年配の方で、こういう作り方をしている人は
盛岡に多い様な気がしますが・・・

今でも我が家では定番の品・・・・
オセチの整理とあわせて七草の頃に
やっちゃいます。

今年は一回たべさせて貰った・・

あと一回くらい食べたいのが・・・
この鍋焼きうどんです。




すみません。

年初めの仕事がやっと
めどがつきました。

毎年の事ながら・・・
正月返上で
会議の準備・・・

会議もおかげさまで、
無事終了しました。

ちょっとおそくなりましたが・・・

今年もよろしくお願いいたします。



2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1