銀杏

| コメント(0)

ほろ苦さ、甘さ、香り・・・
時期を感じる一品です。
毎年入荷の時によく言われる・・・。
殻の剥き方は?って

昔はフライパンとか、ストーブ
今はこの方法が楽という事でお知らせしてます。

こだわりの方は、焙烙の鍋とかで、炒っていた
一粒二粒はねたら、火をとめます。

くるみの様に固くないので、
テーブルの上に紙や布巾を敷いて
蒲鉾の板を載せて、キッチンはさみなどで
軽く叩いてもパキって割れます。

中国では強壮、強精の妙薬という事だったそうですが・・
子供のころ寝小便垂れてたころ、ばあさんが・・
一日3粒づつ食べさせてくれた・・・
ばあさんの愛を今は感じます。

泌尿器系に・・という事で、ペポかぼちゃ位かどうかは
わかりませんが・・・
腎を強め・・とかっていう事を言っている人もいます。

いずれ食べ過ぎには注意!!
一日大人で10個以下という事
程々に食べることということで、
茶碗蒸しなどに1個や二個程度はいいくらいですね・・



 

コメントする

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

この記事について

このページは、motohiroが2008年12月21日 06:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「おせち料理」です。

次の記事は「お屠蘇って・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1