2008年6月アーカイブ

20080628002-1.jpg

20080627001-1.jpg

あごの煮干し

| コメント(0)

青森の背黒の焼き干しも有名ですが・・これが最近話題にでてきた・・

20080626001-1.jpg

関西系のめんつゆなんかにも、このような商品がある。
お出しが上品だな~

きゅうりの漬け方

| コメント(0)

谷村さんから教わったきゅうりのつけ方・・・
この方法だと、つゆが濁らず、酸っぱくなりにくいし、どんどん上につけて行ける・・。
20080625001-1.jpg
発酵の目でみても、理にかなっている漬け方でした・・・。さすが先人の知恵です~。
これからきゅうりが毎日朝夕と大きくなるので、生だけでは間に合わなくなる時期、
この方法だと、次々と足して行けるので、保存食としては、便利です。
当然ですが・・長漬けの方法は、冷蔵庫を使わないので、エコです。
たべるときに水だしをするわけですが・・・
その場合も薄めの塩水で重しをして。水だしをすると、
「ぶよぶよ」にならずに水だしができるって・・・教わった・・。

パリパリの古漬けは・・・ごはんのお供にいいですね~。

果糖

| コメント(0)

とあるメーカーさんから、梅酒の梅の実の皮がしわしわにならない秘密ということで・・
これがそうだった・・・・・という事でした。
20080624001-1.jpg

生の中華麺は冷凍できる

| コメント(0)

生の中華麺はこうすると無駄にならない。
20080620001-1.jpg
小麦系統の麺類は大体大丈夫です。日本そばはブツブツになるときがありますっけ・・。

梅干しっていっても・・

| コメント(0)

販売されている梅干しで、もったいないと思うのが・・・梅のシロップ漬け・・
食べやすさを追求するのは勝手ですが・・・
梅干しでないものも梅干しで販売されている・・。
20080619001-1.jpg
最近特に気になるのが、このシロップの中に入っている「化学調味料」です。
みんな同じ味がしてしまい、個性が無くなってきているのと、舌がしびれる~

冷蔵庫を使わずとも、自分で作ると、100年持つものもできる~
手をかけないで、買って捨てるか~手をかけて持たせるか~
ホント考えさせられます~

怖い話で、病気になった時に、おかゆと加工梅干しを食べたら、
逆に具合が悪くなったという人がいました・・。

これから暑くなるので、梅干しの殺菌効果に期待です。

昔「梅干しと日本刀」という本があった~。日本の文化の一つですね~。

梅の種類

| コメント(0)

よくお尋ねされる梅の種類です。種がパカっととれるのと、そうでないのがある。

20080618001-1.jpg

甕・瓶 かめ

| コメント(0)

山田屋さんと話をしていて・・・・陶器と磁器と石器の話で・・
20080613001-1.jpg

七夕

| コメント(0)

20080612001-1.jpg

三陸産?

| コメント(0)

20080611001-1.jpg

みずとホヤ

| コメント(0)

20080610001-1.jpg

やきとり

| コメント(0)

20080609001-1.jpg

ひとりじめ

| コメント(0)

20080608001-1.jpg

並塩

| コメント(0)

20080607001-1.jpg

黒米酢

| コメント(0)

20080606001-1.jpg

メロン

| コメント(0)

20080605001-1.jpg

ソーセージ

| コメント(0)

20080603001-1.jpg

氷砂糖

| コメント(0)

20080602001-1.jpg

原塩

| コメント(0)

20080601001-1.jpg

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2008年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1