五黄の寅って??何??

| コメント(0)

五黄の寅を調べてみました

「今年は強運の年!!
五黄の寅が36年ぶり!!」
みたいなテレビショッピング聞いていて・・
「なんだろう??」

って事で調べてみていたら・・・
九星と干支の循環周期という事だった・・・

「へぇ~」って事で・・更に暦を調べていたら
二十八宿ってのがあって・・
その周期は「420年周期」

「へぇ~」って事で・・更に暦を調べて
じゃそれに九星を加えた周期はどうなっているのか?

って事で、西暦-10000~10000年までの間で
この「参壬寅五黄」の組み合わせが来る周期は・・
って事で、EXCEL VBAでマクロを組んで
実際に調べてみました。
すると1260年に一回の周期であることが判った。

だから何なの?って事ですが・・・
判った事は、1260年に一回の年なので・・
「毎日毎日を大切に一生懸命生きていこう!!」
「一人・一人が同様なので、
5資源(人・物・金・時間・情報(データではない)
を大切にしていこう」

って事。

今年もこんな馬鹿な事をやりながら・・
大切に生きて行きたいと存じます。

昔から言われてきた事ですが・・
「少年老い易く、学成り難し、一寸の光陰、軽んずべからず」

こういう事なんだと、しみじみと感じます。

さぁて、今年も更にファイトォ!! 

 

2022季節暦 改良版

| コメント(0)

2022季節暦 改良版・・!

 

昨年つくっていた季節暦
年が明けて、やっと時間がとれたので
1/2に様々な要素を加えて
改良してみました
星座・古い暦・江戸時代の時間等々・・

なぜ節分が大切なのか?
なぜ草木も眠る丑三つ時なのか?

これをみるとわかります。

今年の節分はそういう意味で
12年に一度の
大切な節分になりますね。

さぁて今年も
この暦をみながらスタート!!

謹賀新年

| コメント(0)

謹賀新年

という事で

    謹賀新年

2022寅年・・虎との悪戦苦闘編

| コメント(0)

来年の干支-寅- 

干支の寅から虎の絵を描くのに・・2021年の12月20日前後から

-悪戦苦闘編-

虎の目と髭(特にこの髭白いのが・・うぅむ・・・下地が白だと見えなくなる・・)
どうやって髭の存在を見せるか?

どっかから探してきて、コピペするのが一番楽ですが、やはりここは、頑張って・・・
「人の一生は重き荷を負いて、遠き道を行くが如し」の精神で・・・。

一日目・・朝仕事で・・・一枚目、顔が間抜けだ!!二枚目、もっと動きのあるのがいい!! って言われ・・ボツ!!

 
二日目・・同じく朝仕事で・・・モデルの写真の目の位置がよくわからず・・なんか違うなぁ~ボツ!!
 
三日目・・同じく朝仕事で・・三枚目はどこにでもあるって言われ・・一枚目は賛否両論・・どっかで使おうと決め、二枚目もいいとは思ったけどボツ!!・三枚目はボツ!!
 
三日目の午後から仕事さぼって・・・集中して描く事に・・
↓下絵を描いて ↓薄い色から塗って行って ↓最後に墨を載せて  
 
と言うことで・・やっと謹賀新年に使えるかなぁ~
一応こんな感じで悪戦苦闘して完成!!

 

 新年明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

来年の暦の説明

カレンダープレゼントで・・!

カレンダープレゼントで・・
今年は本邦初公開!!

ここ数年間作って眺めていた暦・・・

これを又少し加工してみて・・・

2019/12~2022/06月までの
旧暦の月の十干十二支をあててみました。

と同時に、月の朔望を日にちを当てはめて

あとは、想像しながら、みている暦です。
来年は2月の1日が、月の新年1月1日になる。

・・・という事は・・・今年はどんな季節の進み具合に、なるか??という風にしているものです。
北は一番寒い、水の気、

西は、二番目に寒い金の気、

東は温かい、火の気、

東はちょっと暖かい木の気・・
という事を想像しながら・・また眺める。

御興味のあるかたは、いろいろ調べると、面白い部分が沢山隠れています。


今年はこの変な暦を本邦初公開!! で
11/20・21に先着3000名様に
プレゼントです。無くなり次第終了です。





柿の気になる季節

柿の気になる季節


車であっちこっち走っていて・・
柿が色づき、そろそろ気になってきました・・。

 この時期になると、思い出すのが・・
数十年前に・・
「お前の店では、渋柿を売っているのか!!??」
「買って食べたら、渋くて渋くて喰えない!!」
って怒られた事・・。

 その当時は、殆どが醂(さわ)し柿であった事。
醂し柿とは、渋柿の渋を抜いた物。

 だから、そのお客さまには、「ご購入されたものは、干し柿用の渋柿の渋を抜いていない渋柿です。渋を抜いた渋柿は、別に区別して販売していますよ!!。」って説明をしたんですが・・。

怒る怒る・・で困った事ですね。

 その時代、渋柿はあっちこっちに植えてあったので、渋柿は普通に家の回りで採って、干し柿を作っていたのが普通だった。
 そんな中、一部のお客様から、干し柿を作りたいが、家の回りに無いので、渋柿をいれて欲しい!!・・というご注文で、売場に「渋柿です!!」と表示をして販売していた物だった。(価格は渋を抜いていない地物の柿だったので、勿論安い価格で販売していたもの・・)

勿論スーパーさんでは、「渋柿を販売していない時代」

 今では、もう普通に渋柿を販売しているので、間違うお客さまはいらっしゃらないですが・・。の昔話です。

 時代の流れをかんじました。





新米 もち美人 入荷

新米のもち美人が入荷してきました!

新米がさまざまと入荷してきて
いつもお願いしている所から・・
新米のもち美人が入荷してきました。

岩手のモチコメというと「ヒメノモチ」という方々も多いと思いますが・・・「ヒメノモチ」の品種が開発されたのは、秋田県。
この「ヒメノモチ」が悪いというのではなく・・
折角岩手県で開発されて、「美味しい!」という評判のお米でもありますので、ジャンボでは、この「もち美人」も一緒に販売、ご紹介をさせていただいております。
評判も上々!!で
ご指名を頂いているお米の品種でもあります。
評判の内容は掲載されている内容です。

コロナの影響で今年はお米が大変な状況で、当然生産農家さん、そして流通業者さん共に大変な状況です。
政府や国をアテにするのも一手ですが、
我々が少しでもできるのは、
「みなさん、岩手のお米を、沢山食べよう!!」
まずは地元足元からですね・・。

お米の動画はユーチューブにあげてみました。





芋の子汁

芋の子汁

そろそろ
芋の子汁が適期?となってきた様な・・
適期という理由は、
こちらの地区では、里芋が美味しくなって来た!とう時期でもあります。

この芋の子・・その昔、岩手の北限は盛岡近郊まで・・という感じだったらしい。
それより以北は、育たないという状況だったとか・・。
そういう意味で、岩手の昔の地区の伝統食をしらべていた時に、たしかに、芋の子の記載が県北には少ない。

岩手では、二子地区、盛岡では津志田地区が産地として有名ですが、それより県北には、育たなかったのかもしれません。
9月では早すぎで、やはり豆名月の近辺がこの盛岡地区では美味しく感じます。

気温に合わせて、味付け、具材も変えていく・・。最初は醤油の鶏肉。すこし寒くなってくると、醤油に味噌を加えて・・そして最後は味噌味の豚肉という感じに変えていくと、同じ芋の子汁でも飽きずに食べ続けて行ける。


ぜひいろんな食べ方があるので・・お試しを!!





2021新米がでてきます!!

2021新米が出てきます!!

新米が出てくるのは嬉しい!!
・・けど・・このコロナで・・
業務用が伸びず・・お米余り・・

飲食店さんが良くないと言うことは
業務卸しさんも良くない
その結果生産者さんも良くない・・という
負の連鎖になってしまって・・・

その為今年の仮渡金は大幅にダウン!!という形。

皆さぁ~ん!! お米をもっと食べましょう!!

という事もお願いしながら・・

なんとか、経済(売上)もあげて行けるように
また様々と工夫や努力をして・・
いろいろご紹介をして行きたいと思っています。

是非!!皆さぁ~ん!! お米をもっと食べましょう!!





福島佐藤酒造さん

「ひやおろし」

「ひやおろし」の
限定倉出し品がでてきました。

ということで・・・
これは手描きのPopです。

コロナで、業務用が良くない!!って事で

ご多分にもれず、お酒の世界も
大変な状態です。

まもなく新米がでてきますが・・
お酒もホドホドニ飲んでくださぁーい!!





2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1